さらに。些細な生活

そのうちなんとか。

いやいやシゴト初め。

テレビでさんざ孤独のグルメ見ても駅伝見ても歌舞伎見ても、どういうワケか正月気分いまいちな2021。

f:id:hx2:20210103084744j:plain 1回の廊下にこっそりつくった飾り棚。

ネコ避けで場所を選んだらヒトからもほとんど視界に入らないんだけど、まぁそこにあるって自分が思うだけで、いいんです。

 

しかし、それにしてもなんか、気があらたまらないのはなんで。

そういう正月もありとはアタマでは思うけど。

 

相変わらず毎日、外行きたいコール。f:id:hx2:20210102142103j:plain

橙は一頃に比べたら出たがりはかなり落ち着いてネコらしく炬燵で過ごしてくれたりもするのだけど、黒はまだ出たがりのお年頃。

f:id:hx2:20210103084850j:plain
f:id:hx2:20210103083155j:plain

 

冬庭は、嬉しいことに今年も椿は蕾がついて。f:id:hx2:20210103083016j:plain

 

f:id:hx2:20210103083042j:plain
f:id:hx2:20210103083054j:plain

まぁあとは、ツワブキの残り花と、フッキソウヒメツルソバもまだ咲いているけど撮り損ね。

なんとも地味庭極まりないけど、この感じもこれはこれで冬めいて自分的には満足。

 

 

ナウシカ歌舞伎後編。

菊之助七之助は言うに及ばず、巳之助、松也、右近、歌昇、米吉、種之助(どうでもいいが「すけ」が多いな)と若手の活躍ぶりや、衣裳、大道具、どれを取っても見どころ以外なにもない。って日本語がヘンだけど。

本作については去年の演舞場の公演には見に行っていない。正直体調絶不調の時期だったし、昼の部と夜の部の通しはムリだと早々に諦めた。

がんばって、2回に分けてでも見に行けばよかったかな。いやいやこれは観るだけでも恐ろしくエネルギーが要る作品。去年の判断はそれはそれで正しかった。

 

番組終わったら支度して、行きたくはないが行ってくるかな去年納めきれなかったシゴトへと。