さらに。些細な生活

そのうちなんとか。

これが出掛けにすることか。

繰り返す。

床さえさっぱりしてれば何も問題なし、というコトは断じてないのだけど。

それでもシゴトからため息つきつつ帰宅して、荷物置いて靴下脱いで、その時足の裏がべたついたりすると、そこでもう一気に何もする気が失せる。

まださらりとした感覚が残っているなら、どれ洗濯機の一つも回してから寝ようか、とか。

 

そもそもシゴト帰りに「はぁぁぁ・・・」となってるのはいつものコトで、逆にやりおおせた充実感とともに帰宅、なんてことはかつてあった気がしない。

そのモンダイは根が深そうだから、またいつかの機会まで触らないとして。

 

f:id:hx2:20200908085222j:plain

ジナンがシゴト帰りにホームセンターに寄ってネコにお土産買ってきた。

この形状、興奮したネコが引きずり回してるうちに、一列のネズミがあっという間にぎっちぎちに絡んで塊に。

朝からソファに腰かけて30分、汗だらだらになりながらなんとか糸をほどいて元に戻して、ちょっともしないうちにまたぐちゃぐちゃにする賽の河原。

それにしてもこの汗ったら、9月の残暑でしょうかね更年期のアレでしょうかね。どっちだって別にいいけど。