さらに。些細な生活

そのうちなんとか。

雨ごもり。

f:id:hx2:20200516150941j:plain 雨が続くと退屈男。悪者退治はしない。

というか本人があちこちチョッカイかけたり蹴散らかしてたり相も変わらずのやんちゃもの。

 

ところでここんとこBSフジで朝、「旗本退屈男」やってるんだけど、若い頃の仁左衛門さんて、ちょっと羽生結弦くんと面差しが似てる気がするのは自分だけでしょうか。

滅多なことを言うとカブキおたの皆さまスケおたの皆さま双方から叱られそうではあるけど、「殿、利息でござる!」の若殿さまと京弥さん、なんかこう、凛とした品のよさみたいなの。

 

さて、4月半ばに夏物を実家から何着か送ってもらったものの、右脚腰の痛みがあまりにつらくて連休の間はずっとキモノは着てなくて。

朝雨も強くて袷でもいいような日和だったけど、とりあえず例のピンクの単衣を。

f:id:hx2:20200519075451j:plain しばらく触らないでいたらまた帯回り他、1歩ならず4,5歩は後退してる。着物警察でなくても見かねてなんか言いたくなるわこんなんじゃ。

夏物の帯締がないなぁ、と実はしばらくネットショップ徘徊してたけど、別に夏物でなくても手持ちのグレーでそんなにヘンでもなかった。何事も慌てて買わずにゆっくり探そうご縁を待とう(自戒)。

 

自分でもピンクという色に耐性がついただけかも知れないけど、着てみてそこまで居心地よくないということもなく。

また洋服がそうだからといって、柔らかモノよりは綿麻や紬の方が好きというのも自分に対する自分での思い込みだったよう。

たまたま自分の手持ちのサイズや着付けの技術の問題なのかもだけど、綿や紬よりも、絹物の方が変にもたつかずに身にそってくれるし、縮緬の感触って結構好きかも、なんて今更のように思ったりして。

 

自分はこう、という線引きもないと物欲にも収拾つけられなくなっちゃったりでよくないけど、あまり食わず嫌い着ず嫌いで決め込んでしまうのもよくなくて、その辺のバランスも難しい。

自分の場合、これまでの勉強代というか、はっきり言うなら失敗の方が高くついてしまってる。着るものだけでなくすべてにおいて。

そして何事についても、最後まで正解もとい最適解までたどり着けないまま終わりそうな気もしているけど、ま、そんなもんかも知れない。

 

で、ピンクの縮緬単衣着て何したかと言えば、シーツの繕いの続き。やってもやっても他に綻びが見つかって永久に終わらない。

で、これ敷いてまた猫らが爪しまわずにフミフミした日にはまた穴が増えてくだけで。

5年近く使い倒してるんだし、1枚新しいのに買い替えたって別にいいような気もするんだけども、なんだかここまでくるともはや半分意地になっての悪あがき。これまた効率悪いというか生産性がないというか。

 

雨は続くけど、洗濯もする。

今週から新入社員ジナンが出勤し始めたので、自分のシャツの他にもYシャツが溜まるので今後別洗い組の洗濯サイクルはチョウナンジナンが中高の制服だった頃くらいに少し短めに回さないと。って、本来もうその辺も自分で管理させるべきなんだろうけど。