さらに。些細な生活

そのうちなんとか。

二歩進もうとして三歩下がるの卷。

土、日とシゴト。

なんとなく少しだけだるくて、7時半すぎまで寝坊させてもらう月曜日。

昼すぎに髪を切りに。

祝日ではなく平日の休みの日に予約したかったんだけど、気がついたら今月はもうこの日しか切りに行ける日がなかった。

案の定お店はいつもよりも慌ただしい雰囲気。といってもここは一度に二人以上入れることはないのだけど。

結局キモノは着ていかなかったけど、それで正解の雰囲気。そのうちまた今度。

長くのばしてもまとめ髪ができる毛質でも量でもないし、長くすればするほど染めない白髪とそれ以外の混ざり加減が難しい。ならばいっそとボブで短くできる限界まで短くしてもらう。

今日になって、さすがに短すぎたかも、とも思ったけど、髪伸ばして結んだその先がないだけと思えば似たようなもんか。

 

f:id:hx2:20200921154853j:plain

f:id:hx2:20200921154925j:plain

庭の萩に、秋明菊。着々と、秋。

 

f:id:hx2:20200921165508j:plain

うちへきて1年と少し、だいぶオトナシクはなったけど、それでもやっぱりこんなことする子は黒にょんこ。

 

火曜、ようやく出かける予定のない日で床掃除。

手を抜いた分は次に掃除した時実に見事に雑巾の汚れに出るもので、汚れて見えなくても毎日やった方がいいというコト、分かっててもついついサボりたい日だって出てくる。というか、そんな日の方が多い。

そんなもんだと思う。できる時に、がんばればよし。

 

七月はやたら雨だったし、八月はその分それなりにがんばって着てみたつもりだったんだけど、シーズン前に洗濯機で洗って準備した綿麻の浴衣には一度も袖通してなかったりする。

秋らしく月に兎柄だし、家で着てる分にはと昨日今日、ちょっと着てみたけど、なんだかしっくりこない。

一枚しかない麻襦袢はまだ洗濯中で、昨日は肌襦袢だけの上に、今日は襟つきのワンピース型の下着の上に着てみたのだけど、下着との相性もさりながらここ数ヶ月名古屋帯との格闘ばかりで半幅帯の締め方なんか、あるかないかの勘がすっかり消滅。

来年への申し送りとして麻襦袢はもう1着できれば濃いめの色を、夏用の伊達締めや麻の帯揚を…とほしいものリストばかりは増えていくんだが、肝心の着付けが一向に前進していないコトに自分でもがっかり。

 

 

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

何度も書いてる話だけど。

いま手元にあるキモノのほとんどは80年代の前半までにハハがソボに誂えてもらったモノを拝借という形で、でもシミやカビのひどいのは洗い張りのついでにちゃっかり自分のサイズに仕立て直しちゃってる次第。ハハ自身はもう何十年と着ないのだし、了承も取っての上でだけど。

悉皆屋さんに持ち込むと、商売用のお世辞ではあったとしても「かわいい」という表現のコトバで評され、少なくとも「渋い」とか「凛とした」とか「粋」「個性的」という枠でないコトは確か。

いわば赤文字系の「愛され系」なテイストなんである。あくまで昭和趣味、だけど。おそらくそれが、ソボがムスメたちに願った有様だったんだろう。

ソボ自身は家を継ぐために養女としてもらわれてきて、同じく養子であったソフと結婚したのだけど、ソフ自身はガッコウのセンセイを職としていて、家事はもちろん畑シゴトから土地の管理から地元のアレコレの折衝から継いだ家の一切を取り仕切っていたのはソボ。

そのソフもハハ含む3人の娘と長男(本家のオジ)がまだ未婚、学生であるうちに亡くなってからはなおのこと、「愛され系」などやってられない家を守るために闘うオンナ、であったように思う。

そうやって守ってきた家も、残念ながら現在ではかなり寂しいことにはなってしまっているのだけどそれはさておき。

 

「犬神家」の三姉妹のうち、長女である松子の着こなしに惹かれるのは、それぞれ夫が存命である竹子、梅子のキモノに比べるとどこか惣領然とした貫禄があって、自分はどこかでソボの貫禄につながるイメージを持っているのかもしれない。

 

さて自分。

ソボが存命であった頃からすでに赤文字系からは遠く逸脱していたし、かと言ってソボのように殊更に守るべき家もなく、闘う相手は主に自分の睡魔と怠惰くらいのもんで。

キモノのテイストとしても年齢としても、また令和の流行りとしても、手元のキモノは自分には似つかわしいものでもないのかなというのは重々承知で、それでも着よう、着なくちゃって思うのはなんなのか。

ハハを介してではあるけど、ソボとの所縁のモノなど、もうそのくらいしかないんだし、というかすかな慕情なのか。それとも30年近く箪笥に閉じ込められてたキモノ自身の怨念か。

 

誰か、自分以上にその昭和赤文字系を活かしてくれそうな人がいれば、おそらく自然とキモノたちもそっちへと渡っていくんじゃないか、みたいな妄想もあったりで、でもまだワタシのところに留まってるってことは、ワタシが着るしかないんだろう。

それにしても着方が一向に下手くそなままで、キモノの方でも呆れていそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単衣の月。

昨日朝シゴト場で。

MOちゃんが机の下でなんかして、戻ろうとして頭をぶつけた音が結構響いた。

そこへYへー氏が「そう言えば昨日の案件なんですけど」と言いかけるのを、イッセイくんが「そんなコトよりまず慰めてあげてよ、すごい音してたんだから」と突っ込む。

「いや、これは敢えて触らないのがマナーでは」

と、1年半いてだんだん返しを覚えてきたYへー氏。

「じゃぁせめて頭ぽんぽんとかさ」

「いやそれこそ訴えるとか言われて一生MOさんの言いなりにならないかんやつ!」

同僚らのこの手のくだらないやり取り聞いてるの、好き。

 

なんとかうまくシゴトのきりがついたので、ほぼ定時で脱出。

「未解決の女」シーズン2最終回はリアタイ視聴したかったんだけど、やっぱり20時過ぎたらもうしんどくて、見逃し配信でいっか、と早々に寝てしまった。

カイシャのニンゲン関係がどうこうとかシゴトの内容がどうこうとかより、何より個人的に気力体力の不足で、ここもいつまで働けんのかなぁって感じ。同じコトずっと言ってるけど。

 

ちなみに今月いっぱいで現上司U・ノブナガ氏、異動。優秀なヒトはすぐどっか持ってかれる。

これまで行き違い的なコトで叱られちゃった話ばかり書いてしまったけど、いろいろフォローしていただいてて、短かったけどありがたい上司だった。

でも異動先は組織系統が違うだけの同じフロア内。おそらく本人が一番希望していたであろう単身赴任解除にはならず、そこはちょっと気の毒。

 

さて今日はどうしてものキモノの日。

そんな日に限って気温は30度超え、降水確率60%。この間まで雨の予報だったから、まだよかったのかもだけど。

f:id:hx2:20200918163630j:plain 税込み5000円未満のリサイクルの紗の御召でいくか考えたけど、単衣にしとく。なんとなく初夏っぽい柄なのを葡萄色の帯揚でなんとか季節感出してるつもり。

博多帯は反物の状態で箪笥の奥で朽ちかかっていた、あれ。仕立て上がってから一度試しにはつけてみたけど、外に締めてくのは今日が初めて。

着付け自体また前回から時間を空けたものだから帯の具合が一発で決まらない。

朝から何度か締め直して、時間ぎりぎりにまず歯医者行って、一度帰ってる余裕もないからその足でギンザに向かい(だからキモノでわざわざ歯医者に行った)、開演までの20分弱で歌舞伎座地下でかき揚げ丼掻きこんでから猿之助丈のかさね観て、また取って返していつもの悉皆屋さん。あぁ忙しい。

夏生地で雨コート仕立ててもらうのに、対丈は難しいからキモノ着た状態でちゃんと計らないと、ということで、今日はここにキモノで来なくてはだったという次第。歌舞伎座もどうせならキモノで行きたかったというのもあってこの日にしたのだけど、その後歯科衛生士さんのアポどうしてもここしか取れなくてこのようなことに。

幸い今日は風がいやに強かったけど雨にはならず。ただ、汗だくだくは免れず。今日着た葉っぱ柄も次の回で洗いに出さねば。

で、そもそもなんで雨コートなんぞ誂えてんだって話は、書いてもただただ言い訳がましくなりそうなだけだけど、また今度の機会にでも。

それはそうと、歯医者もキモノで行けると実証できたので、次は美容院にチャレンジしてみようかと思う。嫌がられるかしら。

 

f:id:hx2:20200918165817j:plain
f:id:hx2:20200918165823j:plain


たとう紙に乗るのやめてくれんかね。紐あむあむも、やめてくれんかね。(紐がネコのヨダレ臭い。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節の変わり目だし、ご自愛するさ。

遅番。

床は昨日ワックス拭きしたから、掃除機と軽い雑巾がけのみ。

昨日やり残した茄子の揚煮(我ながら飽きない)、しばらくやってなかった味噌床を久々に仕込んで、解凍した鶏肉の漬け込む。

f:id:hx2:20200916084326j:plain

あまりよく映ってないけど、庭の萩が咲き始めた。

白い百日紅からリレーで白い萩。今にしてみれば、萩はふつうに紫花の株にしておけばよかったのかもだけど。

 

昨日も帰りの遅かったジナンが出かけていき、それから昨日午後健康診断だったオットが今日は休み取って、ほんとうは3ヶ月前だったけどコロナ影響で延伸した免許の更新に出かけていった。

その後珍しくチョウナンも今使ってるPCがそろそろダメになりそうでとアキハバラ方向へと出かけていく。

この後自分が出勤すればしばらくの時間、ネコの留守番だけ。ずっとできずにいたトイレの洗浄剤を放りこんでおく。

 

ふと自分は何がしたいのかな、って。

この年までこのレベルの家事下手なのだから、プロレベルを目指したいとかおこがましいコトは言わないけど、せめて一人前になりたいと思う。一人前まで行けなかったとしても、せめてそこを目指して努力だけは最後までした、と自分で思いたい。

 

さて、ぼちぼち出勤の支度を。

f:id:hx2:20200915083330j:plain

これは昨日の写真。今日もちょっとだけ出たけど、あんまりゆっくり遊べないのを忖度したか、さっさと部屋に戻ってくれた橙猫。なんだかんだ、オトナになってるのね。

 

 

 

これからはエレガントでGO。

覚悟したとおりに今月に入ってシゴトはなかなかのみっちり感。

みっちり感と充実感は、また違うのよね。

 

日曜は自分が通し番で、早番にYへー氏、遅番にタカオ氏。この面子の休日当番はいい感じに力抜けて、自分的には好きなんだが。

シゴトの雰囲気のユルさがあまりに目に余ったか、この日出勤してたトルネさんが、「優雅で羨ましいわ」みたいなことを言って去っていった。

悪気とかではないんだろうけども、なんだろな。そんなにこっちのシゴトがラクそうに思うならやってみたら?とちょっと思う。

つい先週も、結構めいっぱいな状態のときに質問にきたので自分的にはそれなりに手を止めて説明したつもりなのに、結局トルネさんたちその件一切何も触らないでさっさと帰ってしまったから、また別のヒトに説明し直してお願いすることになり、あの切羽詰まった時間返して!ということがあったばかりだったので、ちょっとだけ気に障りました。器の小さいワタシ。

 

月曜はそのシフト調整で、早帰り。残ってやろうにも、提出を依頼したデータが一向に揃わないんで、きっちり優雅に時間に帰ることにする。

なんだかどこにも寄る気力なくまっすぐ帰って、遅い昼ごはんを食べたらなんだかぐったりきて2時間ヒルネしてしまう。

やっぱりなんだかんだ、疲れてる。優雅に見えても水面下全力ターボで足漕ぎしてんのよ、こう見えてアタクシ。

まったくスピードに変換されとらんのは自覚。

 

でも、 この流れを翌日に持ち越しではあまりに悲しい。シゴトはともかく、おうち時間くらいは充実しててくれなきゃ困るんである。

休みの朝は、まずは気分転換でもないけど、いつもの床の雑巾がけから。

もうこれはやらないとどんどんひどいことになっていくからやるのだけど、やればやったなりにはすっきり結果が得やすいトコロ。

そこそこ習慣化してきたので、次は、と見回して。

名画座でバイトして頃、真鍮磨きという作業があって、ピカールって缶入りの液体を雑巾に取って正面ドアの金具を拭くと、それはそれはおもしろいくらいに汚れが落ちてぴかぴかになったのを、ふと思い出して買ってみたのがコレ。

ピカール ネオ 金属磨き 180g

ピカール ネオ 金属磨き 180g

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 通常のよりネオの方がニオイがマイルド、だそう。あの匂い自体は個人的には別にキライでもなかったんだけどネコもいることだし、ってんでネオ。

家ん中の金属部分をちょっとずつ拭いて回る。

金属部分に特化して、なんて掃除の仕方は久しくしたコトもなかったから、もうとにかく自分の普段からの手の行き届かなさ加減に愕然とする。

 

これ、続けていればいつかは家中掃除の行き届いた状態というのに、なれるもんだろうか。今のトコロ次から次に溜まっている汚れが出てくるばかりで、到底そんな日がくる現実味がさっぱりない。

歯磨きですら不十分だと叱られてるそろそろ五十路も半ば。

行き届かぬまま一生が終わってしまうかもしれない。

 

そして、こないだからやろうやろうと思っててできてなかった洗濯槽の水垢取り。残り湯が結構残っていたのでそれを洗濯機にポンプで引いて、過炭酸ナトリウムぶち込んで。

 

掃除下手に加え、いまだに冷蔵庫でフードロスをやらかしてるの、これはいい加減どうにか卒業したい。

食材はなるべく小まめに買い物行ってその日のうちに、遅くともその次の休みまでには調理してしまうのを鉄則にすればいいのだけども、それがなかなか難しい。

今日みたいに出かける予定のない休みこそ冷蔵庫整理日和。昨日の残りの南瓜を切って豚小間と炒め、その勢いで萎れかけたキャベツも炒めておかかと醤油であえて明日明後日のつくりおき。昨日茹でたブロッコリーはこれまた今日が賞味期限になっていたベーコンと炒めて今日のサラダ。

ちなみに今日の献立はすっかりジュクジュクに柔らかくなってしまったトマトと、ココナッツミルクの残り半分、そして茹でたブロッコリーの芯のところを消費すべくのカレー。

 

 

 そんなところでそろそろ電池切れなので、下行って優雅に横になっちゃおう。

もうこれからは座右の銘はエレガンテでいくわ。(なぜにイタリア語)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代わり映えなく9月中旬。

夜干した洗濯モノが朝起きた時点でまだ乾いてないのが多くなってくると、いつまでも暑いようで季節はちゃんと動いているのだなと思う。

休みなのでお約束通りの床の簡易ワックス。

毎日雑巾がけしなくてもべたべたしなくなる頃には、夏の後ろ脚も去っているということなんだろう。

 

煩い男子ネコ2匹にハーネスつけて、玄関先と庭で遊ばせながら少しだけ草取り。脹脛ばかり集中的に蚊にかまれるけど、これももう秋の蚊だからなのか、たくさんかまれた割には痒みの収まりは早め。

 

10時ちょっとすぎに悉皆屋さんに紫陽花柄の紺の紗と、白地に露草の絽を洗いに出す。単衣着るにはまだ暑くても、たぶん今年はもうこの2着はおしまい。

絽の方はなんと思いがけずポリエステルだったことが判明。

来年からは家で洗えると分かって、なんだかある意味得した気分。

実は別に何にも特してない。むしろ自分で洗えるモノをおカネ出してお店に出してるワケだけど、なんだワタシ持ってたじゃん洗えるキモノ!ネットでリサイクルとかいろいろ見てはいたけど、慌てて買わなくて正解じゃん!みたいな。

 

その後、チョウナンと待ち合わせて買い物。ニートとは言えあまりにも傷んだ靴を履きつぶしているのがさすがに不憫で、お誕生月だし一足買ってあげよう、と。

久々にマックでお昼して帰り、乾いたシャツ類のアイロンがけしたら今度は歯医者。

いよいよブリッジの型取りなんだけど、その前にあまりに歯茎の状態がよくない!と歯科衛生士さんの方からのご指摘で、しばらくはそっちのケアを先にということになる。

雑巾がけチャレンジの次は、歯磨きチャレンジだわ。

すべての治療がいったん終わりになるの、この分だと11月までかかりそう。

歯科医センセイの治療が1時間、衛生士さんの検査とスケーリング他で1時間の合計2時間の長丁場の後、スーパーに寄って茄子買って帰る。

 

今週のお題「ごはんのお供」

性懲りもなく茄子の揚煮。食べきってしまうと三日と置かずにまた作る。ワックス塗ったばかりの床に油飛ぶけど、でもやるの。

出来立て熱々もだけど、冷蔵庫で冷やしといたのもまたおいしい。

そうだ、これが冷蔵庫にある!というだけで、なんかココロ強い気分。

f:id:hx2:20200911203910j:plain

 

これが出掛けにすることか。

繰り返す。

床さえさっぱりしてれば何も問題なし、というコトは断じてないのだけど。

それでもシゴトからため息つきつつ帰宅して、荷物置いて靴下脱いで、その時足の裏がべたついたりすると、そこでもう一気に何もする気が失せる。

まださらりとした感覚が残っているなら、どれ洗濯機の一つも回してから寝ようか、とか。

 

そもそもシゴト帰りに「はぁぁぁ・・・」となってるのはいつものコトで、逆にやりおおせた充実感とともに帰宅、なんてことはかつてあった気がしない。

そのモンダイは根が深そうだから、またいつかの機会まで触らないとして。

 

f:id:hx2:20200908085222j:plain

ジナンがシゴト帰りにホームセンターに寄ってネコにお土産買ってきた。

この形状、興奮したネコが引きずり回してるうちに、一列のネズミがあっという間にぎっちぎちに絡んで塊に。

朝からソファに腰かけて30分、汗だらだらになりながらなんとか糸をほどいて元に戻して、ちょっともしないうちにまたぐちゃぐちゃにする賽の河原。

それにしてもこの汗ったら、9月の残暑でしょうかね更年期のアレでしょうかね。どっちだって別にいいけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しづゴコロない秋の予感。

今月はなぜかいきなり平日2連休からスタートのシフト。平日の休みは嬉しいものなんだけど、月初というのは前月の〆作業があるのに2日も手がつけられないワケで、梅ちゃんタカオ氏にはある程度引継ぎしておいたのを、早めに出勤して慌ただしく仕上げて提出。

そしてその翌日は翌日で、データの扱いについて前もってこちらからクライアントにお願いしていた内容とちがう話で帰ってきたり。こちらでできるコトは希望を伝えるだけであとはクライアントの判断だからどうしようもないのだけど、元上司でいま現場に異動したビッケさん出てきて「話が違う」と炎上。現上司U氏が電話で小一時間つかまって消火してくれてるのを横目にココロでU氏に詫びながら(今日のUさんは織田信長でなくてめ組の粋な火消しに見えるよ)、また別件で急ぎ提出用のデータのまとめで残業の夜は更ける。

 

この雲行きでは今月、そして来月については定時上がりできればラッキーくらいのつもりでいた方がいいような気配濃厚。

 

何にしても基本は体調と衣食住の満足度の維持。

ということで、この週末もストレッチ教室&整体に掃除。茄子や南瓜、万願寺唐辛子の一気に素揚げ。

さらに玉川太福柳亭小痴楽桂雀々「型破り落語会」に日本橋公会堂までお出かけ。

月初からここまで忙しくなると分かってればたぶん見送ったんだが、「型破り」という割には開演時間ぴったりから終了まで2時間きっちり楽しんで帰る。

台風の影響で降る時はほぼスコール状態なもんだから、今日もキモノは着ない。が、着ないとまたしても全然お天気は持つっていう、マーフィーの法則なんですかこれは。

この調子だと単衣はともかくさすがにもう薄物着てお出かけする余裕もなさそうなので、そろそろ丸洗いに出す段取りなども検討しなくては。