さらに。些細な生活

そのうちなんとか。

とにもかくにもいろいろ進め。

そして今月もフクオカ。

先月に続いての天候事由もあるけれど、さらに今月は作業やら立ち合いやら荷物受け取りやらの用事を一気に入れててたりででキモノは着ない。着てられない。それどころじゃない。

博多座観劇?泣く泣く諦めたわよ今回の音羽屋さんは。

なんて言いつつ実は歌舞伎座第一部の「車引」「猪八戒」からの羽田→フクオカ。

いつもどおりに全日空寄席にチャンネルを合わせると、まずは玉川太福さんで浪曲「地べたの二人」で、この方の浪曲は何度か舞台や演芸場で行き合わせて見たけど、そろそろまたライブで観たい(聴きたい?)なぁ、なんて思ってたら続いてが隅田川馬石さん「四段目」(蔵丁稚)って芝居バカの丁稚の噺だったりで。

これ、ワタシへの当てこすりですかね全日空さん(八つ当たりというか自意識過剰)。

 

 全国的にかなりの猛暑でこの日のフクオカも例にもれず。そんな中、いろいろ所用でこれまでいつもはあまり行かない辺りも歩き回る。

数少ない記憶に残っていた小学校時代の同級生の家もほとんどは何か別の建物だったり店だったり、竹藪も田んぼも畑も姿を消してどこもかしこも集合住宅。

それなのに、人の気配はコドモの頃よりすくなくて、商店街の活気もなんだか。

さらに向こうの旧飲み屋街エリアの方に行くと、昼間っから昭和な歌謡曲独特のカラオケのメロディが流れてくるスナックが複数あったりするのは昔から変わらんのだけど、いまや逆に閑散としているだけに場末ムードが昔に比べて弥増しだったりで。

 

最終日は朝からかなりの豪雨が降ったりやんだり。

午前指定の荷物のうち1つの配送がなかなか来なくて、もう今月は寄らずにトーキョー帰るかと思ってたけど、昼過ぎなんとか少し時間取れてオジのとこにも顔を出す。

オジ、イトコ、N子さんみな在宅で、お茶いただいて少しだけ家業系の話とか。

ハハもだけどオジもN子さんもそれぞれ不具合しんどい言いながらどうにかなんとかやってて、それを地元に残った独身のイトコ1人でフォローしているといった態。

雇われの方のカイシャの方についてのこれ以上ごまかしも利かなくなった労働意欲の枯渇、という真の理由を裏においての退職だけど、時期の判断についてはこれで間違っていなかったと思いたい。

8月以降については今時点でまだ確定してないし、ワタシが少々長めに帰るようしたところでそんなに役にも立たんでしょうけど。

そしてまた、いつも通りに結構毛だらけネコまみれの歓待。

 

この後ハハの家に戻って前回シフト遅番でリアタイで見られなかった「鎌倉殿」再放送になんとか間に合う。

こないだから毎回誰かしら主要人物が退場してくし、話的にも「この回は諦めてもいいか」という気になれない今年の大河。嬉しいようなしんどいような。

 

空港に向かう時分にはどうにか雨も治まってたんだけど、電車は10分ほど遅れており、さらに飛行機は40分遅れ。

いつもの空港飯。今日はお茶漬けは敢えて外す。これの他に鶏皮卷とぼんじりと、ももの梅紫蘇とかいうのも頼んでまたも一人打ち上げ。

 

前月よりは少し早めの便だったのに結局深夜の時間帯で家に着いたら月初の人間ドックの結果が届いていて、要精検2項目、要再検3項目。ほんのり凹むが、もうそういうお年頃たい!と開き直って諦める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべての拗らせ痛姫へ。

思い返せばここ10年あまりの自分の課題って、「アウェイな場所での立ち居振る舞い」ということに尽きたかもしれない、とふと思う。

結局いまだできてはいないにしても、学んできたことの多少はあるような。

 

ところで座持ちといえば、シゴト場の直近の席替えで再度隣席になったタカオ氏をワタシはマイスターとして密かにリスペクトしているのだが、そんな彼でさえ、というかむしろ誰に対しても人当たりがよいヒトだからこそのストレスというのは、実は非常に高いらしい。

そう言われて見てみれば、実はカイシャの飲み会にはむしろワタシの方が参加してたし、プライベートでまで一緒にでかけるのは先日異動していったYへ―さんくらいのよう。

Yへー氏はYへ―氏で、飄々と軽口叩きながらもなんだか越えられない警戒心の壁めいたものを感じることもたまにあったりで。

 

ヒトヅキアイというものがしんどいのは自分の専売特許でもなんでもなく、みんなそれぞれに折り合っているだけなんだって知ったら、少しは気が軽くなった気がする。

 

先週末のシゴトの合間の雑談で。

そのタカオ氏のセッティングのカイシャ絡みでない飲み会に、メインに呼ばれたワケではなくてたまたま一緒にどうかと声掛けられてきただけの女子が途中で拗ねて露骨につまらなそうな態度を取り始めた上に、一旦席を締めてメインゲストが帰った後にもなぜか残ってぐちぐち絡んできて、もー最悪でした、みたいな話をしてくれたんだが。

 

知らないヒトの話であっても彼の場合そういう風に他人のことを言うのはあまり聞いたことがなかったもんだから、そうとうイヤだったんだろう。もう次は絶対声掛けない!と。

シゴト絡みの席ならまだしもプライベートな飲み会でそれはお気の毒、と思うと同時に、会ったこともないしこれから会うこともないであろうその痛子さんに、自分の悪手に早く気付いて次からがんばれ、とエールを送る。

 

常に自分が主役で姫扱いしてくれるなんてことは、まぁフツーはないんだわ。

飲み会に限らずどんな席であったとしても「誰もワタシのキモチなんかわかってくれない!」なんて気分になったとしても、それ言葉や態度に出したらが最後、余計に孤独になる呪いだから。

ワタシのキモチを分かってくれる王子さまは、まず来てくれることはないんです。

だったら自分で王子さまになって(少女革命ウテナか)自分の機嫌をとるか、あるいはとりあえずミッチーの曲でも聞いて元気出すのがおばちゃんとしてはおススメ。気高く強く美しく!だったっけ?

って、ほんとどこの誰か全く知らないんだけども、その拗らせっぷりを他人事とも思えなくてつい。

 

自分がうまく立ち振る舞えているというワケでもないのにサジェッションめいて(えらそうに)書いてるけど、むしろこれからの自分への自戒。

アウェイな集まりの二次会まで残って絡むような真似はさすがにしないとは思うが。

 

今日もこの後遅番出勤というのに、わざわざこんなコト書いてるヒマあったら、お茶の割稽古でもした方がよかったか。

昨日帰り遅くて入りそびれたお風呂、湧かし直して髪も洗ってから出かけたい。

 

 

ジナンカノジョ。

ジナンカノジョとの顔合わせ無事終了。

……て、無事じゃないってどんな場合よ。

 

今回はワタシだけの先行顔合わせでオットチョウナンは参加してないのはジナンの配慮による。

確かにあの2人だと、通常の食事と同じ調子でずっと黙ったまんまか、もしくはヘンなタイミングで話に入ってきて流れぶった切るとか、想像するに難くない。

ただでさえ彼氏の親に会うというシチュエーションで緊張してるカノジョがドン引きとまではいかずとも、初対面では相当に困惑はするだろう。

ワタシだって決して場持ちの上手なタイプではなくむしろ苦手。

でも、ヒトとしての性格の偏屈さは、実はワタシの方が断然上というのは置いといて。

ともあれ、カノジョの緊張ももう少し解けた頃、あの2人も一緒でまたいい感じに会えるタイミングは、そのうちまたあるだろう。

 

で、カノジョ。なんかもうとにかく素直でかわくていい感じ。

院卒で今の春就職したところだそうだけど、こんな子職場に入ってきたら男女問わず先輩に大事にされそうだ。てかするよ、ウチのカイシャに入ってきたとしても。

ワタシもできることならこーゆー感じのキャラに生まれたかった。

半世紀以上も拗らせて生きてきてオバサンからバアサンに足を踏み込みかけた今となっては一方でそういう自分も大事に残り人生生きてくけどね。

 

 牛柄ちゃんもそのうち会えるといいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれやこれやの6月下旬。

最近サボり気味の稽古の相手(ジャマ?)の黒。

いい加減運び手前の方に手をつけないとなんだけど、とにかくスペース確保からままならず。

略盆でさえなんかテーブルに余計なもん乗せたまま。

だから、まず家片付けや、って話。

 

なんか10月終わりに稽古茶会の強制参加がございましてね。

今日のお稽古も愛のフルボッコで。

いつまでもちんたらサボりモードじゃ、間に合わないといい加減焦り始めた。

 

一方の退職とそれ以降の話はその後まだまだ調整中。

シゴトそのものは継続してばたばた。

個人的にも細々した用事がやってもやってもわんこそば。

 

……などなどと忙しぶりながらも、いつものトコロへは行き。

 

単衣の月が終わってしまう前に一通り着とことか言って。

先週の単衣。

 

今週の単衣。     

それにしてもあらためて自分の手持ち、どっちか言うとお茶の席にはあんまり向かない昭和のお嬢さんな街着多し。

 

 自分ばっかり出歩いてるけど、ネコのお出かけの権利はどうよ?

 

それな。シランケド。

 

留守番ばっかりの男子ネコたちには済まないが、そしてこの後も急遽呼ばれてジナン&ジナン彼女とごはん食べるんで出かけねばだったりで。

自分の思ってたタイミングではないにしても、いろいろなことが、なるように動いているんだと流れに身を任せてる今は。

 

 

 

 

 

 

 

ここまできてぶれる軸。

口を開けばシゴトやだやだ言ってるくせにデモデモダッテでいつまでも居座っている自分にも大概愛想が尽きる。

いろいろ言いたいコトもあるし実際こんなところでガス抜きに書いたりもしてきたけれども労働条件的には決して悪いカイシャでもないし、同僚たちともそこそこに仲よくやってきた。

それでもどうしたってシゴトそのものへのモチベーションのなさをごまかすのはこれ以上もう限界。

そう思ったのは去年の年の暮。

他にも、フクオカでのアレコレの事務対応がいよいよハハでは心許ない状況で、毎月1泊ないし2泊の旅程では今後厳しいということもあり、そっちを表向きの理由として、定年には5年のフライングではあるけど退職意向をカゾクにも宣言し、人事異動調整見越しで年明けには直属上司に告げ、同じチームで交替シフトで働いている面々にだけ共有していたのだけども。

結局年度末の人員調整つかずで最長で7月には退社という予定で話を進めてた。

最終出勤日の日程まできちんと決まってから社内でも他部署や他支社繋がりの面々、そしてクライアント社員さんたちにもちょっとずつ挨拶するつもりで黙ってた、そのはずだったんだが。

 見慣れたここらの風景ももうあと少しかなぁなんてちょっと感慨にもふけったり。

 

ところが新年度入ってからも担当業務のメンバー数は増えるどころか先月Yへー氏が外に異動して1人減ってるだけでなく、しょっちゅう誰かしら他所へ支援に出したりで逆に年度替わりより人が足りてない。なんで?

 

そもそも長くて7月ってのは面談の時の上司からの提示だったんだし?

ということで、構わず予定通りにチーム内でも来月のシフト調整はじめ手持ち業務の引継ぎなどを始め、社内システムでも退社に向けての手続きを開始。

が、ここへきて退職自体についてまた今更の延長打診で、いやいやいやいや…と、今ココ。

 

で、7月退社の8月以降社保なしパート勤務で再度調整中。

少なくとも当面あと2年くらいは完全に東京引き払うことにはならないのと、額はいまの1/3になっても自分の裁量だけで決済できる収入はないよりあるに越したことはないか、という日和見な姿勢を完全に突かれた格好。

月に精々10日前後の勤務だったら割り切って働けるかもというキモチと、でもそもそもこのシゴト自体にモチベーションが持てないのがほんとの理由なのに?って、せっかく決まったつもりの覚悟がまたぐだぐだに。

 

牛柄嬢の上からムリヤリハンモックに割り込む橙猫。

本当は自分がどうしたいのか、すぐ見失っていろいろ下手な計算に走ってしまうおばさんは橙ちゃんの姿勢を見習った方がいいんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小五郎体験。

目が覚めると薄青色のカーテンで仕切られたベッドの上。

って意味深に書くような話ではなし。

人間ドックの胃カメラで、喉だけじゃない方の麻酔にしてもらっただけのこと。

15年くらい前に一度やったときは麻酔とかの記憶もまったくないんだけど、とにかく盛大にえずきまくって大変なことになってしまった記憶があるので今回「眠った状態での処置も選べますよ」というお話なので選ばせてもらったら。

処置室で横になって支持の通りに姿勢整えて、喉に何か塗って何か加えさせられて、もうそこから先の記憶がない。終了してからどうやってこっちのベッドまで移動したかさえ覚えがない。毛利小五郎か、ってくらい覚えがない。

待合の間看護婦さんに介助されながらゾンビみたいな動きで移動してくヒトたちが数名前を通ってたから、おそらく自分もそういう状態で自力で歩いてったんだろうとは思うけど。

ポリープは良性だし十二指腸がちょっと荒れてるけど様子見でというコトで事前に説明されていたピロリ菌検査なんたら追加料金も発生せずで最初の提示通りのお支払いして13時すぎ。

せっかくなんでどこか寄って買い物でもしていくつもりだったけど、さすがに麻酔明け爽快というよりはビミョーなだるさで、まっすぐ帰宅で追加のヒルネ。

 

 

 

さて話は昨日に戻り。

今月の歌舞伎座公演の上演時間を確認したくてサイト見たら、なぜか8月から10月飛ばして11月12月の予告が出てるので、あれ?となる。

あ。そういうことか、成田屋さんか。菊五郎さんが口滑らせた通り今年やるんだ。

で、その時には今の三部制からコロナ前の二部制に戻るのね。

三部制、それぞれの時間が短めの分、さくっと行って帰ってこれて個人的にはそれなりによかったんだけどな。

そして席でお弁当食べさせてもらえないまま二部制の長丁場になったらかなりしんどいんだが、そこはどうなんだろ。

そして時間長くなる分なのか、チケット代も高め設定。襲名公演特別価格ではなしに今後これずっとこうだとすれば、いよいよしんどい。

成田屋アンチではないけど決して贔屓ではないビミョーな熱量の自分としては、お祝いモードよりそういう世知辛い話ばかりまず先にアタマに浮かんでしまう。

でもまぁ豪華配役での演目になるだろうから、そこはやっぱり愉しみ。

まずはチケットが取れれば、の話。

 

 

 

 

 

帰り。

 家を出てから更にもう一か所寄って来月来るときのための用を済ませてから、帰りの空港。7時すぎてたと思うんだけど、ずいぶん日が長くなった。

 

最近の空港飯は3回連続こっちの店。スマホ注文はなんか性に合ってるわ。

 

めずらしくごま鯖気分ではなく、穴子茶漬けにしてみる。おいしい。

今回はなかなかよく働いたという自己満足の一人打ち上げ。珍しくりんご酢サワーとかアルコールも1杯だけ。でも結局おいしい星野のお茶のジョッキで〆るっていう。

 

さて、こういう日に限って「京都人の密かな愉しみ Blue」の放映が。

このシリーズこれまでもなんでかいつも間が悪くてリアタイ視聴できない。そのうち地上波でもやってくれるとは思うけど。

 

この日は遅い便だったので、家についたら10分程度だけど午前様突入。

行きも帰りも空港は結構な人出、先月より席数大きい機種だったけど飛行機も満席。

こうして少しずつ元の状況に戻っていくんだろうか。

 

朝起きて。というか橙猫が飯コールで寝坊を許してくれない。

その辺片づけたり選択したりで一段落したら庭行ってさっとドクダミ摘みの続き。

葉っぱと花、一瓶ずつで十分な気がするので、花を取った残りは干して嵩を減らしてから雑草コンポスト(という名の庭の真中に掘った穴)へ。ちゃんと枯らしてからでないと、そのままそこで地下茎になって増えるだけだろし。

合計2瓶でも、来年まで使い切れるかどうかだけども、とにかく梅雨前に抜けるだけ抜いておきたい。この夏こそはどうにかこざっぱり庭を維持したいのよ。

って現時点すでにこざっぱりしてないものを「維持」というのがまずおかしい。