さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

動けるうちに。備えよつねに。

2日前から目眩がひどくて、翌日も昼休憩から戻って着席するなりくらくらして、その後小一時間トイレに籠ってマーライオンした挙句カイシャ早退。

翌日朝には症状が収まってたのでフツーに出社。

午前中は全然調子も悪くなく、元々午後休入れてた日だったので、思い立ってシゴト場から上野へ回る。

f:id:hx2:20191115125258j:plain
f:id:hx2:20191115125442j:plain
f:id:hx2:20191115132340j:plain
f:id:hx2:20191115142317j:plain

すっかりご無沙汰の、いとしのうえの。

美術館、博物館の類に出かけるのが最近すっかり億劫。でも今回外すともうこの先一生観る機会もないような気がして来ちゃった正倉院展

 

f:id:hx2:20191115132340j:plain
f:id:hx2:20191115140645j:plain
f:id:hx2:20191115140755j:plain

入場60分待ち、会場は人垣の後ろを超高速で退場。個人的には五弦琵琶さえ見られたら十分なのだ。レプリカだけど。

さらに込み合うグッズ売り場も後ろ髪惹かれながらパス。歌舞伎座や演舞場の土産物屋のお土産の”和風”具合の気恥ずかしさと違って、正倉院グッズはむしろ普段遣いに持って歩きたいものばっかりではあるけども。

ずいぶん以前に大宰府鳩居堂で五弦琵琶の文鎮に一目ぼれしたんだけど、2万だか3万だかで見送ったのを、今でも口惜しくたまに思い出す。我ながらどうして五弦琵琶に執着するのかよく分からないけど、割かしモノに恋に落ちる性分なもので。そして恋に理論的な根拠なんかない。

 

でもそこから調子こいてもひとつ済ましちゃえと、地下鉄で六本木。

いつ行ってもなんでか木酢液のニオイのしてたサントリー美術館、いま休館中なのね。

でもサントリー美術館は今回の巡回リストには最初から入ってなくて、買い物リストも結局ひとつだけこなして他は見るだけで次回に見送り。いくら物欲煩悩の徒と言えどもそうそうにあれもこれもと恋に落ちてるワケではないんだわ。

 

もう少し待ってシゴト場近いオットと待ち合わせて帰宅もできそうな時間だったけど、そのもう少しの時間つぶすのにもなんだか疲れてきたので、そのまま地下鉄へ。電車が混み始める前で、それで正解だった。

そして、帰宅してしばらくしたら急にまた目眩でマーライオン再び。1時間余りトイレ便座に突っ伏してのたうち周ってその後気絶するように2時間寝たら少し落ち着いた。

 

今回が初めてという症状ではないけれど、3日連続はこれまでちょっとなかったので、今日2つ先の駅前の目眩外来のある脳神経外科・内科クリニック受診。

一応MRI取って、7年前入院した総合病院の検査結果と同じようなこと言われて、目眩止めの薬処方してもらって終了。

検査室のロッカーや検査着もとても使いやすくて、大きな病院よりもこっちでよかった。

 

処方してもらった薬のせいか午後は再度くらくらしてトイレ籠りすることもなく、動けるうちにと昨日気分悪い間気になって仕方なかったヒトのトイレの掃除と、ネコ砂も取り換え。洗濯にアイロンがけ。

あんまりうまく育つ気がしないけど、先日生協で入手の雪割草も植え付け済ませる。

思い知るカラダが動くということのありがたみ。