さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

あらしのあさに。

日曜昼過ぎ、雨も降るどころか外かんかん照りの時点から、台風直撃で早々に夜の電車の運休情報がちらほら入り始める。

早番だったんだけど終業まで残って遅番タカオ氏と通常業務を片づけ、MOさんに明日の欠員状況と他地方での補充状況とりまとめ一任。どうにか3人電車運休前にカイシャ脱出。部長から「帰れなかったらどっか泊まってっていいからね」と電話入ってきたけど、たとえパークハイアットでもいやです帰ります。

てか、その時点ではまだ風もほとんどなく、雨が降り始めたくらいだったんだけど。

オットには昼のうちに「庭の飛びそうなモノは中にいれておいて」とメールしても例によって返信なし。帰り着いてから「なに入れたらいいの?」とか、このヒト的には平常運行ですね今日も。

さらに言うと台所の洗い物は夕飯以前のモノから溢れかえってるし、いつもならこの時間にはとっくに回してくれてるはずの洗濯機すらまだこれからの状態で、カゾクの面々この時間まで一体何してたんだろ、とアタマが?でいっぱいになりながら、とりあえずベランダの小さめの鉢だけ急ぎ取り込む。中から大の面々はすまぬが一晩がんばってくれ。

顔を突っ込んでくるクロネコ除けながらたまごかけごはん掻きこんで風呂に入っている間に、雨戸は閉めてくれたけど。

 

起きてみれば外はあらしの風の音。予定通りに電車運転見合わせ。TVで見てる限り思ったよりは早めに運転開始にはなりそうだけど。

地下鉄系のヒトたちが出られると言ってたので、ワタシは予定通りに遅番出勤でいいんだが、ほんとは今日、出勤前にクロネコを病院に連れてく予約してたんだけれども行けるんだろうか。

寝たりないし、なんか思い切り風邪っぽいし、時間までもうひと寝、しとこかな。

f:id:hx2:20190904213436j:plain