さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

騒々しい暮らしを静かに夏が過ぎてく日々。

遡り記録。

イモウト亡きあともイモウト婿ととサツキとメイ、土曜はハハの所に食事に来てくれている。去年春に短大を出たメイは就職で大分の方に配属になったからさすがにもう来ていないし、サツキメイパパも用事(主にツーリング)やなんかで2週か3週に1度というペースらしい。

残るサツキも今年1年遅れで正社員に就職したから、さすがにもう毎週ではないけれども、この日は1人で来てくれてて、メイの結婚騒動のその後というか前後詳細の話など。欠席のパパ笑っちゃうくらい以来元気ないらしい。彼氏も悪いヒトじゃなさそうなんだけど、何を急いでいるんだか?みたいな感じでサツキ的には不安要素だそうで、それはなるほど同意だわ。

サツキはだいたいいつも23時くらいまでいて帰るのだけど、夕飯の後しばらくしたらお腹の調子が超絶悪くなって、見送りもできず先に布団で気絶。面目なし。

 

その翌朝、いつもの帰りの便が機材調整で欠航になるのが前日のうちにスマホアプリのお知らせに来ていたので、1時間半くらい早い便に振り替えて帰る。

空港からの道も空いてるし、むしろいつも以上に快適だったのだけど、帰宅してみれば例によってそこらに積まれたままの洗濯モノの山、乾いてるのにまだ部屋に干しっぱなしのシーツ、ネコの毛埃。一気にテンションダダ下がり。台所から順に一通り片づけてちょっとヒルネというかふて寝というか。

どうしたらこう、もうちょっと清々しく暮らせるもんかね。

来月は、フクオカ行は1回休みの予定。

 

f:id:hx2:20190825204101j:plain
f:id:hx2:20190825204130j:plain

相変わらず騒々しい面々。主にクロチビめがオットリ兄貴にしつこくちょっかいをかけてストレスなのか、はるたんまた首の辺り少し禿げる。

ハルもこのくらいの頃はエネルギーが有り余ってて、何かとあれこれドリブルで転がして部屋の隅に追いやっていたけど、ヤマトの方はとにかく動くものすべてにタックルかましてくるタイプ。

どっかしらからいきなり足にとびかかってくるたび、ワタシの脳内に中川礼二が「ノーボール!」と笛吹きながら現れるんですけど。(正しくはノックオン、ってネタだったっけか)

笛と言えば耳鳴り、かなり治まってはいるんだけどやっぱりなんか調子悪い。

 

来月のシフトも確定。とは言え繁忙期だからまた後半はかなりシャッフルしそう。覚悟はしておく。