さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

さらばさらだぼうる。

f:id:hx2:20190724215125j:plain
f:id:hx2:20190724215126j:plain
f:id:hx2:20190724215115j:plain

そろそろ2週間。慣れた、というより最初から遠慮がなさすぎの新人。

 

マイペースに生きてたのが、あれこれ気苦労の絶えないセンパイ。おつかれさん。

f:id:hx2:20190727195638j:plain

ちなみに脇に敷いてるショッキングピンクの文庫本は「人間失格」by太宰。ジナン、いつまでも出しっぱなしにしないでいい加減片づけろや。

 

今週のお題「夏休み」

8月は2日以上連続しての休みは2回だけ。そしてそのうち1回は例によってフクオカ往復。有休もそこで1日しか入れなかったんで、夏休みどころか普段以上にお休み感のない月になってしまった。

ジナンは相変わらず土曜も日曜も祝日もなく、出る時間は割とゆっくりだけど、終電か始発で帰ってきたりこなかったり。

かと思えばチョウナンはもう何年も永遠の休暇みたいな生活で腹立つような羨ましいような。

オットの休みは例によって特に聞いてない。だいたい毎年直前になって「1週間いないから」と言ってどこかに消えるんだが、今年は今月海の日前後で長々休んでた(でも天気のせいかめずらしくずっと家にいた)けど、今月また休むのかどうなのか。(尋ねる気もない)

 

夏に限らず、まとまった休みなんてすっかり縁遠くなってしまった。

仮に長期休暇取れたとして、掃除くらいかなぁ今したいことなんて。

 

f:id:hx2:20190727191302j:plain 今日の休みもほぼぼんやりして過ごす。夕方から枝豆茹でたりトウモロコシ茹でたりキュウリ切ったり。

なんか急に居酒屋みたいなごはんが食べたくなって、自分にしてはいつもよりかなり品数多めに用意したのはいいけど、途中珍しく早く帰宅したジナンがテーブルの端に置いてあったガラスのサラダボウルをひっかけて落としたのが盛大に割れた破片で流血騒ぎ。ジナンの傷が大きかったけど、自分も少し流血してたの後で気づく。

写真が配膳や盛り付けのセンスのかけらもない状態なのは、そんなこんなを経て、ということとはたぶんまったく関係なく。

さてそのガラスのサラダボウル、たぶんどこかで要らなくなったものをオットが貰ってきたんだと思うが、ボウルの外側の模様のところが洗ってもなんだか汚れが落ちにくくて正直ワタシとしてはあまり気に入ってるモノでもなかったのに、振り返れば四半世紀あまり使い続けてたという事実にちょっと呆然。

なんというのか、そういう感覚の鈍さこそが、どこまでいっても生活がオサレから程遠い所以なんだろう。

そしてまた自分でもどこかでその自分の感覚の鈍さについて、むしろ安らぎめいた気分であったり。悲しいけどオサレな生活、憧れるけど見てるとなんか疲れるという自分にも気がついている。

ここであらためて自分の気に入ったサラダボウルを新規購入、というキモチもついでながら今はなし。