さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

レッツゴー日本橋。

昨日はほんとにどーでもいい動画をだらだら見て夜更かししてしまった。

時として訪れては長々と居座るこの、「なんにもしたくない」モード。できるだけ、早めに断ち切りたいところ。

 

f:id:hx2:20190724133319j:plain

だからと今日、急に思い立ってということではない。

前月から申請していた午後休で、シゴト場を昼過ぎに出て、日本橋へ。

そんなに度々は来ないと言いつつ、先月も来てるし、今年に入って3回目くらいだろうか?トウキョウで好きな場所のひとつ。むしろ銀座よりは日本橋派。

地下鉄から地上に上がれば、久しぶりの夏空。

f:id:hx2:20190724131305j:plain 時間に間に合うかひやひやしつつ(結果的には余裕で間に合った)、ランチにグリーンカレー

この場所で1000円てのはまぁお手頃ではないかと思うんだけど、カレー自体の味はシンジュクでたまに行く大して愛想もない店の方が、正直好きな味だった。カオマンガイもメニューになかった。でもサラダについてはこっちの方に軍配上げる。

ところで最近、ビリヤニが食べたくて仕方ないんだけど、ちょうどいい時間にちょうどいい店がなかなかないんだが。食べたいなビリヤニ

 

f:id:hx2:20190724135127j:plain
f:id:hx2:20190724135135j:plain

で、なにしに来たかと言えばまたここ三越劇場。今回は藤間勘十郎文芸シリーズ其の四「怪談牡丹燈籠」。

このシリーズ、これまでいつも何かとかぶったりと後々思った見送り演目のひとつ。

かなり歌舞伎の演出寄せでだんまりも何回か。女優さんがわざわざ女形の声色に似せてくるのもちょっと不思議な感覚だけど、新派の最初の頃もこんな感じだったんだろうか。

北村有起哉の舞台も実は初めて。この方もまた、いつもそそる舞台にお役をつとめていらっしゃるから、見送り後悔の俳優さん。

NHKちかえもん」での竹本義太夫義太夫が吹き替えでない、ってのでココロ鷲掴みにされてから気にして見てるくらいで、お父様も俳優さんで、この「牡丹灯籠」の伴蔵が当たり役だったとかも、実は今日初めて知った。

何年か前に歌舞伎座で観た中車さんの伴蔵もよかったけど、北村伴蔵、もちろん期待を裏切らない。根が気弱な性格が故にずるずると悪事にはまる感じがものすごくニンに合ってる感じ。

 

芝居の後はどこへも寄らず、電車が本格的に混み始める前にまっすぐ帰宅。

昨日怠けた分、今日遊んだ分、また明日から、がんばろ。