さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

予後。

耳鼻科通い、本日で一旦注射は打ち止め。処方された薬がなくなったところでまたおいでと言われる。

もう来週は毎日通わなくてよくなったのには正直ほっとする。毎日の注射で血管もだんだん通りにくくて昨日おとといは少し液漏れしたし。これまでも1週間くらい入院して点滴なんかするといつも最後はそれ。そもそもが先端恐怖症気味なのでいい年して注射は実は本気で苦手。

肝心の聴力については発症以来2週間経つけど今のところ変化なくいまだにトンチキ笛が四六時中鳴っている。お医者さんも薬剤師さんもこれは長くかかるかもねとしか言わないけど、どうもこのままもう戻らないという覚悟も本気でした方がいいのかもしれないと思ったり。

多少聞き取りづらい、疲れやすいということの他は特に支障なく今のところは暮らせている。通院を理由にきっぱり残業もしていないから家に帰るのも早くなった分少しは掃除に時間を回せて日頃よりは家の中も片付いていたりで、プラマイで言うとむしろある意味得してる?ような気もしなくはないけども、それでもずっとこの笛の音を聞きながら暮らしていくかと思うとやっぱりありがたい気はしなかったり。

 

ここ数日の急な暑さだったし今になって日々消化しきれなかった疲れがさらにまとめて出たのか、病院のあと、気がついたら日中4時間くらい横になって過ごしてた。

今週から追加になった薬のせいか、夜も2時間起きに目を覚ましてトイレに行ったりしてたせいもあるかもしれない。これも眠れないと捉えるよりは目が覚めてもすぐまた寝つけるんだから問題なしと思う。なにより粗相なんかするより目が覚めるだけマシ。

それよりなにより発症前に入れてしまってた予定はすべて予定通りにしっかり遊びまわったという自業自得感。だが後悔はしていない。ニンゲン生きててずっと遊んで回れるかっていうと、ヒトそれぞれではあるとしても遊べる条件の整ってる時期でしか遊べない。たぶん自分はぎりぎり今がそうなのだ。

そのうち劇場通いができなくなったとしても、BS時代劇とか昔の2時間サスペンスとかだけでもそこそこ退屈しないで過ごせるんんじゃないかとは思っているが。

 

夕方ようやく起きて病院帰りに寄ったスーパーで見つけて買って帰ってきた豚スペアリブを夕飯に大根とゆで卵と一緒に煮込む。思いの外固くならずにほろほろに煮えておいしかった。