さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

気を取り直して休日。

f:id:hx2:20190430073136j:plain
f:id:hx2:20190501072852j:plain

朝駅に向かう途中いつも同じ当たりで見かける人待ち顔の子。餌やりさんがいるんだろうか。近づいてもあまり物おじしないタイプ。

 

朝、出かけようとしたらものすごい降りになって、整体のセンセイの方から「午後にしましょうか?」と電話が入る。

で、午後にしたら割とすぐ、雨あがったりして。よくあること。

急に空いた時間、ネコも棚の上で寝てる間に、長靴はいて濡れそぼった庭を回る。

f:id:hx2:20190502110934j:plain

ナデシコちゃん、元気。シーズン通しでだいたい咲いているんだけど、団塊で祭りのように咲く時期と、その準備期間でなんにもない時期とを繰り返し。

f:id:hx2:20190424151330j:plain

さらに、こんな色植えたっけ?のアネモネだけど、これはそろそろ終わりの頃。

f:id:hx2:20190502111102j:plain
f:id:hx2:20190502111120j:plain

盛りをやや通過しつつあるサギゴケ。キレイに広がってくれたけど、そんなに強くはないみたいで、場所によってはカタバミなんかに押され気味。

去年大繁殖してたエノコロクサは今年は今のところ見かけない。そのエノコロ対策でグランドカバーと虫よけ兼ねて置いたペニーロイヤルミントの育ち方が、今年は妙にマッチョで不穏な気配。

f:id:hx2:20190502111136j:plain

これは去年花の後、すっかり株に元気なくなってダメ元で地植えにしたらヒメウツギ

自分でもよくわからないけど去年どれもこれも白花ばっかりになってしまったうちの1つ。

ハナニラの陰をかいくぐって、ちょっとだけど咲いてくれた。

f:id:hx2:20190502111152j:plain

それから何が嬉しかったかって、去年いよいよ秋の、花の前に気がついたら株ごと姿を消してしまったシュウカイドウの葉を発見したこと。

一度植えてみても2年めには自然にいなくなってしまった宿根草については場所が合わないんだからと諦めるようにしてるけど(オダマキとかスミレとか)、シュウカイドウだけはずっと思い出すたび未練たらたらで。今年も夏を越して咲くかどうかは何とも言えない。

 

これからの季節は増えすぎのジャングル化を以下に防ぐか。いよいよダンゴムシたちが活動開始。庭の角の百日紅にアリもちらほら、ってことはカイガラムシも出始めてるね。あとは梅雨に入るまでが勝負で、それ以降は蚊がひどくて気軽には庭に出られなくなってしまう。で、気は焦ってるけどここのところの天気もあって、雑草とりや枝切りもあまり進捗芳しくない。

 

f:id:hx2:20190502162102j:plain

午後あらためて整体行く時分にはすっかり晴れ上がって暑いくらい。

ヒルネ明けの坊ちゃんも当然見回りだよね、って出ていらっしゃる。

そして庭に回ったら、早速今年最初の蚊に首筋をかまれる。ネコでなく、ワタシが。

 

家の中もあんまり片付かないが、とりあえず薄手系ウールセーター2枚と、コタツの敷マットを洗う。