さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

ともかくはへいわな土曜。

今朝もせがまれて散歩。

f:id:hx2:20190406080739j:plain

今日もなんだか暑くなりそう。

 

だるくならないうちに、図書館分室へ読了本の返却。

新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)

新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)

 
新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)

新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)

 
新装版 坂の上の雲 (5) (文春文庫)

新装版 坂の上の雲 (5) (文春文庫)

 

3巻までの青春物語から、どっぷり戦争。203高地の辺り読みながら、これに比べたらこのくらいはなんのなんのとシゴトをがんばってた年度末。

…それにしてもつくづくよく勝てたなこの戦争。って旅順が墜ちてもまだ全然勝ってる感皆無だけど。

 

家に戻って、ジナンとチョウフまで。通学定期の更新につきあった後、書店で「演劇界」。今月号は猿之助さんのインタビューがかなりの充実だったので買う(写真多いせいか結構お高いから普段は買ってない)。

しかしこれ見ると、今月夜の部の「黒塚」も見ないといけない気になってしまうではないか。

ジナンはそのまま学校へ。土曜もほぼ毎日出かけていくけど、そのペースでないと卒論が間に合わないくらい、いろいろ厳しいんだそうで。

ジナンも一緒に暮らすのはこの1年が最後で、いろいろ思うトコロは尽きないんだけど、情けないコトにここまできてもあれこれまるで手が回らずキモチに行動がついていけないままに、来年を迎えているのだろうな。

 

家に戻って、1週間遅れで「いだてん」再放送。いまさらの切なさノックアウト。明日も通し番で観られない、と思ったら明日はお休みなのね。心置きなくシゴトできるわ。

そして夜は「寅次郎ハイビスカスの花」、この回については寅さんが悪い。寅さんがいけない。でも、この2人はこうにしかならないのよねと納得をせざるを得ないところが言われるようにシリーズ最高傑作なんだろう。

 

なんかもうちょっと家の中を片づけたかったけど、例によって1週間分のアイロンを終わらせただけで大して捗らないまま、力尽きる。