さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

アスパラの幸福。

 

カイシャいろいろあってぎりぎりまでシフト調整の結果、火曜の早帰りから水木休み。

休んだら休んだで手持ち作業の進捗が厳しくなるし、何よりこの週末部内全員出勤になって休日調整してるからヒトもいない。

早帰りを普通勤務に変更して残ろうかとも思ったけど、前日からまた頭痛が抜けないし、まだ昼だというのに目がかすみはじめてこりゃもうだめだと諦める。このあとの怒涛の週末年度末越えのためにも休むときは全力で休まねばとココロに決めて、ネットからいつもの近所の整体に予約入れて鉄の意志で退社。

駅前の八百屋でアスパラ買って、夕飯に速攻茹でて食べた。

そうよ、ワタシがしたかったのは野菜買ったをその日のうちに食べちゃうってそういう生活。八百屋どころか居酒屋さえ閉まった時間によれよれになって帰ってくるんではなしに(駅前の居酒屋が居酒屋のくせに閉店時間がヘンに早いってのもあるけども)。

 

そして今日は会期ぎりぎりでうやくの滑り込みヒグチユウコ展「CIRCUS」@世田谷文学館

近いからいつでも行けると思っていたらあまりの人気に入場規制とか、途中からは指定日前売り制になったりで、もうこれは見送りも仕方ないかなぁと半分思ってたけど。

f:id:hx2:20190327114550j:plain

f:id:hx2:20190327114605j:plain

f:id:hx2:20190327114055j:plain

大きいの小さいの、とにかくてんこ盛り。小さいのはこんなに小さいのにさらにこんなに細かく?とあらためてびっくり。

とりわけネコだったり鳥だったりの涙目のやつ、何度見ても胸が締めつけられるの。

あとでコレクション展に回ったら期せずしてちょうど「ムットーニのからくり書物」上演時間。せっかくだからついでにくらいつもりが思いもよらずココロ持ってかれる。

特に芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を主題にした作品、カンタダなぜかがスーツにサングラス?で、後から登ってくる罪人たちももなんでかみんなスーツ。原作とは違って一言も発せずただ黙々と糸を登ってもうあと少しというところで糸が切れるとか、善悪の因果を敢えてつけてない辺りに逆に妙なリアリティ。

 

あんまりそういうの気がつかない方なんだけど、個性的なヘアスタイルとおしゃれセンスで本も出されていてワタシでも知っている有名ブロガーさん(もしくはそのそっくりさん?)と駅ですれ違った。おしゃれな街にはおしゃれなヒトが来るんだなぁ。おしゃれじゃないワタシもつい来ちゃったけど。

おしゃれにもていねいな暮らしもほど遠いけど、そして今日もアスパラ買ってきて茹でる。ゴボウもおいしそうだったので、ひさしぶりにきんぴら。