さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

トウキョウ戻り。

f:id:hx2:20190119202216j:plain 羽田に着いて到着ロビーに出てチケット買ってバス停出たらすぐ出発っていう、奇跡的乗り継ぎタイミング。奇跡の無駄遣い。ていうか、奇跡というのが大げさなだけだけど、1時間に2本くらいしかない便でここまでタイミングぴったりは滅多にない。

昔は羽田からバスに乗ると、レインボーブリッジが見えてから東京タワーの足元に近づいていって。トウキョウ帰ってきたなぁって気分になったけど。

そもそも「帰る」「戻る」という言葉の行先、自分にとってはフクオカにもトウキョウにも使うんだが、実際フクオカよりもトウキョウの方が長いし今のところ生活拠点はどうしたってこっちなんで、トウキョウに帰った戻った、の方が若干しっくり度が高い。

 

いまはすぐトンネルに入ってしまうからそれもないけど、おかげで所要時間はずいぶんと早くなった。チョウフまででも何もなければ小一時間。

f:id:hx2:20190119173221j:plain

今回はいつもの店でなくて空港の搭乗エリア内で鯛茶漬け。申し訳ないけど、値段の割にはイマイチだった。

保安検査場でも並んでるのに老夫婦がなんでか自分の前に横入りしてきた挙句、危うく検査後のワタシの荷物まで間違えて一緒に持っていきかけるし。

という福岡空港でのアンラッキーの分の埋め合わせだったのかな。羽田からの超絶スムーズな乗り継ぎは。

 

この日の朝はハハ起きてくるなり目眩がすると言って、時々そういうことがあるんだそうで予め処方された薬を飲んだあと午前中はずっと寝ていた。

義父母に比べれば一回りも年齢が若いとは言っても、いつまで一人暮らしが続けられるものだろうか。

 

残りあと少しの読みかけの本を読み終えて、昨日は寝た。 

パーマネント神喜劇

パーマネント神喜劇

 

 かのこちゃんとかバベル九朔とかちょこちょこと他の作品の登場人物や場所が見え隠れするのはちょっと好き。この小説の本筋には特に絡む必然性もなさそうだけども。

 

あくる日は例によって留守の間洗濯モノは取り込んでもたたまないまま山になっているのを片づけ、昼ごはん作って、アイロンかけてといつものパターンで終了。

フクオカ行の前日に注ぎ口のかけた急須の後釜を買いに出たかったけど、2時から市原悦子追悼でドラマ再放送だったので、出かけなかった。前に観たやつだったけど。

 

夜は夜で、「いだてん」終わったら「家政婦は見た」再放送。

そもそもウチのネコの名前「はるみ」は、「家政婦は見た」の冒頭で毎回市原さんがネコに「はるみちゃん」と語りかけるシーンから、いつかネコを飼うことができたら必ずはるみという名前にするんだと決めていたもの。なので男の子だけどハルミなのだ。

ちなみに2匹めについてはさすがにはるみ2号というワケにも行かないので、チョウフの駅前という街中で保護された子だそうなので、昭和の女優っぽく「まちこ」にしてみた。たぶんどなたさまにも何の興味がないであろうウチの飼い猫の名前の由来。

f:id:hx2:20190120081712j:plain

最近また貫禄の、今朝のまちこさん。

f:id:hx2:20190120121353j:plain
f:id:hx2:20190120115737j:plain

今日のお昼の寝相はちょっとどうなの。いや、あんたがたがそれでいいなら別にいいんですけど。