さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

年は老けても相変わらずにアタマ悪く暮らす初冬を。

f:id:hx2:20181118164421j:plain

日曜の遅番の休憩の帰り。お天気のせいもあるかもだど、夕方5時前でほの暗くて、もうそんな季節なんだなとあらためて思う。

その翌日から今日までのシフトは日勤もしくは早番なのだけど、だいたいカイシャを出るのが20時半とか21時半とか。たぶんこれ12月第1週までは続く予感。

自分だけでなく周りもそんな感じで、みんなしていっぱいいっぱい感が職場中に漂っている。多少コトバ尻に「ん?」となることが1日に誰彼1度ならずだったりもするけど、それもしょうがないかとあまり腹もたたない。たてているヒマもない。帰ったらご飯食べてすぐ寝て、何も考えない。

配属されてから8年、ダイエットとリバウンドを繰り返していたTPくん異動で今日がうちの部での最終出勤日。愉快なヒトトナリだったから、なんだか1.5人分くらい寂しくなりそう。

こうしてまたヒトは減っていくのに、どうしてやることは増える一方なのだろうこのシゴト場は。

 

元々は明日から3連休というシフトだったものだから、休み初日に新橋演舞場から歌舞伎座をハシゴでチケット取ったのだけど。日頃の行いだかココロガケだか、結局シフト交替で金曜出勤となる。

新橋も歌舞伎座も前々から愉しみにしていた演目なのだからせいぜい楽しまなくてはだし、金曜乗りきれば、土曜は休み。だけど日曜がまた通し番で家の中も多少は片づけなくてはで、芝居の感想書く余力はないかも知れない。

MOさんは今日「ボヘミアン・ラプソディ」よかったと言ってたが、さてワタシは観に行く余裕あるだろうか。

今月のフクオカは予定外にヒマができたのだから、その時にでも行っとけばよかったかもだけど、わざわざフクオカで映画館に行かなくても、という気持ちもあって結局行かずに実家で1人でぼーっと過ごしてしまった。それはそれで正しい選択だったとも思うけど。

そもそもそこまでQUEENに思い入れあったのか?ていうトコもなんだけど、だったらだいぶ前六本木の映画館で観たANVILにQUEEN以上の思い入れはあっただろうか。Sid and Nancyはどうなのか。どうあれあれらはあれらで味わい深い映画ではあったけど。

 

と、どうでもよいこと思いめぐらして休み前の夜は更けていき、ワタシも年相応かそれ以上老けていく。取り急ぎ明日観るのはロックでもメタルでもパンクでもなく「犬神家の一族」に「法界坊」。