さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

煮物と時代小説と。

f:id:hx2:20181117083507j:plain 休みとみれば、とにかく外に連れてゖと。

f:id:hx2:20181116091828j:plain
f:id:hx2:20181117085839j:plain


なにが楽しいんだか分からんけど、それであなたがシアワセなら。

というか、外出してもらうまで、正面に来てヒトの目をじっと見据えて「なぁ」と鳴き続ける、階段を下りるたびどたどた慌ててついてくる、挙句の果てにまちこに当たり散らす、それでも連れてってもらえないとふて寝、という具合。

f:id:hx2:20181116161200j:plain 勘弁してほしいわまったく、のまちこ嬢。

取り込んだ洗濯モノに突っ込んで寝るのも、ちと勘弁なんですけど。

 

 

猫の相手の後はずっと台所。冷蔵庫の人参、レンコン、里芋の皮向いて、煮物、きんぴら、豚汁と地味系おかずばかり一気に作る。出かける用事の入っていない休みでもないととてもじゃないけどやる気にもならない里芋の皮むき。

 

今週のお題「読書の秋」

特に秋だから本読もうというもんでもない。

これが夏が近づく頃になるとちょっと手強そうな長編モノとか、古典に手を出してみたくなる傾向はある。夏休みという優雅なモノがあった頃の名残だろう。いまや夏休みどころか盆暮れ正月ゴールデンウィーク、どこにもほぼ連休なんていいとこ3連休、先々月偶然3年ぶりくらいに5連休もらったくらい。

 

最近読んだもの。

犬神家の一族 金田一耕助ファイル 5 (角川文庫)

犬神家の一族 金田一耕助ファイル 5 (角川文庫)

 
新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

 
地虫鳴く 新選組裏表録 (集英社文庫)

地虫鳴く 新選組裏表録 (集英社文庫)

 
櫛挽道守 (集英社文庫)

櫛挽道守 (集英社文庫)

 
外科室・海城発電 他5篇 (岩波文庫)

外科室・海城発電 他5篇 (岩波文庫)

 
玄洋社・封印された実像

玄洋社・封印された実像

 
なでしこ御用帖 (集英社文庫)

なでしこ御用帖 (集英社文庫)

 

 相変わらずの脈絡のなさ。

 

宇江佐真理本は、実家のハハの本棚にあったのを寝しなに読んでから、今更のようにぽつぽつ読むようになったんだが。

なんだろうね。本当に悪人は出てこないし、すべての登場人物に、シアワセになってほしいなぁ~と思いながら読むんだけど、ワタシなんか疲れてる?てか年取ったのか?いや実際疲れてるし年も取ってるけど。