さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

夏の残りの休日。

f:id:hx2:20180923072123j:plain  袋開けて缶に移しきれなかった残りを冷凍庫に入れたまま忘れてたの発見。小川コーヒーの季節モノ、好きでよく買うんだけど、実のトコロ味の違いとかよう分からん。よう分からんけど、旨し。

f:id:hx2:20180922105735j:plain
f:id:hx2:20180922105802j:plain

庭の萩は白だけど、玄関先の盆栽は赤紫。盆栽だけに、咲いてるの気づかないくらいちっちゃ。小さいというよりミクロな秋。北側の玄関先で、よく咲いてくれたと思う。屋久島萩という品種。

f:id:hx2:20180923130021j:plain

庭の方は相変わらず草ぼうぼう。どっかり落ち着いてくれてるけど、ちゃんと防備してから出ないと、蚊もまだまだがんがんたかってくるのよねぇ。早よ中入ろ。

f:id:hx2:20180924125305j:plain

お嬢は今日はちゃぶ台の下。相変わらずその辺盛大散らかっているけど、これがデフォルトといい加減ばれてるだろうからそのまんま。

 

怠けるだけ怠けて、午後からNHK福岡制作『You May Dream』、地上波でやってたので、やっと観られたシーナ&ロケッツの青春物語。

松重パパがとにかくかわいいんだが、パパママ始め地元のヒトビトが全体に妙に優しすぎというか理解早すぎ。映画ならともかく1時間ちょっとの尺のテレビドラマでそういう部分に尺を割けないというのはあるんだろうが、70年代の地方の閉塞感とかちょっとは触れてもなんだかあっという間に解決しちゃうもんだから、主人公が何に反発して自由を求めているのか、いまでもよくある些細な反抗期程度にしか見えなくて”走り出したら止まらない”その疾走感があまりよく分からない。むしろ周りが引くくらいの個性ぐいぐい全面のエネルギー全開で周囲なぎ倒すくらいの勢いだったんじゃないのだろうかと思うんだけど、ちょっと家出してみたらたまたまステキなヒト見つけてなんだかんだで周りに祝福されながら軽~く夢かなえちゃいましたのほほん、みたいなまとまり方で、個人的にはやや消化不良。いや実際そーだったんです、て言われたら、あーそーだったんですか、だけど。

これ配役このままで、2時間半くらいの尺で観たい。