さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

八月は弥次喜多。

f:id:hx2:20180825133028j:plain

一応今年も行ってきた、歌舞伎座八月納涼歌舞伎二部の3年連続シリーズ東海道中膝栗毛

何をやらせてもダメな弥次喜多コンビ(幸四郎猿之助)、歌舞伎座の大道具の下働きにどうにか使ってもらって、という去年の設定から今年は高麗屋襲名大阪公演についてって、そこで喜多さん演目「女殺油地獄」の舞台の片づけで油に足を滑らせて頭を打ってあっさり落命、そのお葬式からの今回の幕開けっていう。今年の松竹座七月では同じコンビが与兵衛とお吉での油地獄が記憶に新しい歌舞伎好きにはのっけからのくすぐり。まさかこの脚本のために松竹座の演目が油地獄だったってことはないと思うけど。

相変わらず筋は荒唐無稽の中で得意の早変わりに宙乗りと歌舞伎の外連味てんこ盛り。

なんかちょっと映画「真夜中の弥次さん喜多さん」少しだけ髣髴したのは自分だけだろうか。(ワタシはあの映画本当に好きなんだが、あるヒトの文章について真夜中の弥次喜多っぽいって褒め言葉のつもりでコメントしたらそのヒトとはそれきり音信不通になってしまった。ついでに「大江戸リビングデッド」も好きな作品。)

そんな話はともかく、なんだかんだ主人公2人揃ってめでたく昇天しちゃったワケで、さすがに今年でシリーズ終了かとは思うけど、さてどうだろう。そもそも3年前まさかこれシリーズ化するとは思ってなかったよ。

ちなみに今回は1度は歌舞伎座に行ってみたいというカイシャの同僚ヤコちゃん一緒だったのだけど、取れた席が2階の西桟敷で花道が全く見えず、ちょっと申し訳なかった。スペースはさすがにゆったりしてて靴脱いで座れるのはいいんだけど。

なんだかんだ一番コスパいいのはやっぱり3階Aよね。って毎回のように言ってるけど、幸四郎猿之助、中車獅童七之助新吾米吉染五郎團子ほかにもたくさん若手売れ筋が一堂に出てるんだから、チケット取れただけよかったと思うべきか。

 

f:id:hx2:20180829100543j:plain

 

もう少しなんか書こうかと思ってたのだけど、まだ夕方になると顔がひりつくの続いており、これが今月最後の更新。

来月は実家帰るの以外極力休日は出かける用事を入れず、家に籠っているつもり。