さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

どうにかこうにかの8月下旬。

相変わらず数字が達成できないところへきて、夜もう帰ろうかという時間になって「やっぱりあと1割増しにヒトを入れて」とか言われて一から種々の作業やり直しになったりとか、そういうのに加えてどこかのアイドル事務所ではないんだけど、受注先のえらいヒトがキャンペーンについて例えば「もっとぎんぎらぎんに!」と言ったがために、速報値の展開メールの中にぎんぎら感を醸し出すフレーズを必ず使わねばならないとか、もはや意味が分からんカイシャインの醍醐味を吐きそうなほど満喫している。

どうせならいまはシュフの醍醐味の方を満喫したい気分なんですけど。なんてぼやいても仕方ない。えぇシュフの生活も甘くはない、存じ上げてはいるものの。

 

先週末フクオカに帰ったときにでも更新できるかと思ったけど、ネット回線が完全にダメで業者さん呼ばねばの状態。2ヶ月ぶりだったせいで、郵便や書類整理だけでもかなりの量。ほんとうにウチのハハ、ファイリングという作業がまるでできないヒトなのだ。

 

とか実家の片づけばかりしてたかのような書きっぷりだが、しっかり博多座三谷幸喜文楽「其成心中」も観に行ってたり。

言わずと知れるけど近松「曾根崎心中」のもじりで、本家本元の文楽にもいつの日かと思いは昂まる。

でも、シゴトがこんな調子では、さすがに劇場通いもこの先歌舞伎も含めてペースダウンすることになりそう。

ハハの調子はここのとこ少しよさそうで、しばらくは月一の様子見と書類整理の帰省で十分そう。ということは、なんだかすっかりワケわからないことになってるカイシャも当面は勤め続けることになるのだろうけど。

やめたいからやめると簡単に割り切れるほどには経済状況よろしくもない。一応学生のジナンはさておきチョウナンは相変わらず働かないし、オットはオットでなんだか雇用状態の怪し気な状況になっておるようで。

 

いよいよ月に1回1泊や2泊で済まない状態になったときのこととか、さらにその先のこととかいま考えてても仕方がないのだし、とりあえずはトウキョウに戻ってキモチを無にしてぎんぎらメール全国の支店宛流すしかないのである、それで月給出るっていうなら。

 

眺めるだけで乗ったことない九州新幹線車両。

f:id:hx2:20180818174549j:plain

f:id:hx2:20180818183718j:plain
f:id:hx2:20180818184107j:plain

いつもの空港飯。さすがに夏だしごま鯖は出てなかった。冷やし茄子の旨さしみじみ。

 

今月はこのあと1回更新できるかどうか。

でもブログ更新&閲覧の制限中のおかげさまで、顔面神経痛はだいぶラクになってきたあと、PC作業のときはそれ専用のブルーライトカット用のメガネにも替えたり。

どうにかこうにかだましだまし。