さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

いつでもあたふた、それが人生。

来週一緒に三越劇場の予定だったA子ちゃん、去年に続き、2回めのキャンセル。2月の手術後の体調を確認した上で、では今度こそと2枚チケット押さえたのだが。なんですか更年期なのか体調がすぐれないんですと。

まぁそういうこともあるよね仕方ないよね。なんだけど、それはそうと彼女の分のチケットをどうしたもんか。

そもそも友達づきあい自体が狭い上、「黒蜥蜴」観たいって言ってくれそうなヒト、かなり限られてくる。しかも専業主婦のA子ちゃんにいいようにと平日の昼間の公演。K子さんトルネさんに声かけてみたが、どっちも都合が合わない。そりゃそうだよね。

もう1人ひょっとしたらと思う友人がいるんだけど、家電しか連絡先持ってないんで今日のところはもう連絡するには遅すぎる。

 

どうしても見つからなければ例によってニートなチョウナンをお伴にすりゃぁいいのだけど、彼はすでに去年のA子ちゃんの最初のキャンセルで駆り出して2回めだから、さすがに乗り気ではない様子。

 

と遊ぶことでもあたふたしているのだが、シゴトの状況はもっとあたふた。

クライアントのエラいヒトの期待通りに数字が上がらないと、あれやらこれやら追加でシゴトが増えていく。増やしたからといって上がるのかはともかく、かと言ってなんにもやらないワケにも立場上いかない、それがカイシャ。

言われるがままにデータ抽出、言われるがままにエクセルにまとめてはメール添付で関係各所に送る。昨日から何を何通送っただろう。

そんで明日ももう1つ、出さないといけない数字が。ホンネではそんなのどうでも誰も死なないだろ、なんて思っても言っちゃいけない数字が。

 

f:id:hx2:20180521210733j:plain

ワタシももう寝よう。アイロンがけはまた明日。