さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

引き続き、お掃除日和。

「未解決の女」鈴木京香のキャラと服のセンスがステキで、次メガネ買うときはあんなごっつい黒縁にしてみようかと。

鈴木京香だからいいけど年代が近いってだけのただのおばはんが手を出していいもんじゃないって分かってるからしないけど。

ていうか1週間前からメインのメガネがどこ行ったか見つからないんだが。

普段から横山やすし並にメガネ探してばかりいるんだが、こんなに長いコト見つからないのは2回目、って前にもやらかしてた…。

しかしほんとどこ行ったんだ。

f:id:hx2:20180504153327j:plain …だから知らんがな、て。

ついでに言うと、愛用のステンレス製の爪やすりも最近見つからない。

…だから知らん、てば。    f:id:hx2:20180504153655j:plain

物忘れ失くしモノ多すぎなのは年のせいというより生まれつき。

 

昨日の続きで残りのオセダー・ポリッシュで階段と、1階廊下と台所の床の拭き掃除。ごみ箱、食器棚の汚れも全部じゃないけど拭いて落とす。

借家の床材はこういっちゃなんだけどそこまで上等でもない合板だし、食器棚やテーブルは元々廉価なものを大して手入れもせず30年足らずを使い古したやつ。

それが磨けば新品のように、なんてことにはさすがにならないけど、50代のオバサン盛りが40代初めくらいには見える、その程度には。

 

家財もだけど、自分にももう少し手をかければ幾分は違うのかもしれない。最近自分でも自分が見た目的にも物理的にもやや重苦しい。

いやそれがオバサン盛りとしての王道だしこ共にオバサンとして分かりやすいし。とも思ったりして、冒頭の鈴木京香さまへの憧れはどうした?