さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

変わり映えなく骨休め。

f:id:hx2:20180429080753j:plain

 

f:id:hx2:20180429081531j:plain

全然ピントがあってないけど、ナデシコが花盛り。ツワブキナデシコ、カキドオシと斑入り、マーブル、斑入りが集まってしまった庭への通り道。

 

セーター6枚とタオルケット1枚、敷布団カバー1枚、洗濯とネコ散歩、買い物。庭遊び(もう仕事とか言うのやめた)。アイロンかけと、ごはんの支度と片づけとトイレ掃除と。

他にはネコが暑かろうとベランダのトタン床に敷こうと思って買ってきたすのこに柿渋塗料を塗ってみたり、気がついたら掃除機で吸っても取れないくらいみっちり溜まった除湿器のフィルターの埃を竹串でちまちまと掻き出したり。これこの前掃除したのいつだっけ。

 

前回の秋は台風で中止になった駅前の園芸市、今年春は無事開催。”野村猩々”なる赤いモミジを、予定にはしてなかったんだけど庭に呼ぶことに。

枝モノ増やすといつかこの家撤収するとき厄介なだけなのに、また誘惑に負けた。ご紹介はいずれ追々。

 

去年の春はチョウナンのアパートから荷物を引き払った帰りに園芸市寄ったんだったと思い出すと、ちょうど1年。相変わらずの自宅警備員状態。

そして今年はそういう用事がないのをいいことに、オットは日曜からまたどこぞへツーリングにでかけていつ帰るやら、いまだ報連相が身につかない54歳ってどうなんだろ。

そしてまだ学生という一番時間が自由そうなジナンが逆に祝日でも授業あるそうで、そのあと研究室で実験だなんだと下手な雇われ人より帰りが遅かったり。

 

という具合にカゾクそれぞれの過ごし方の連休。親にしても子にしてもこの年齢になればカゾクというより同居してるオトナ4人でしかないからそんなもん。

f:id:hx2:20180428193832j:plain

そしてこちらも好きに暮らす同居ネコたち。奥のオレンジ色のだけ毎日外連れてけ連れてけうるさいけども、やっぱり連れてけ言ってもらえるうちが花なんだろか。

 

空調の室外機の近くにアシナガバチが巣を作りかけているのに気づいて慌てて駆除。毎年この時期にどこからともなくやってきて、どこかしら雨の避けられそうな場所をみつけては甲斐甲斐しく巣作りしている姿に思えば気の毒ではあるのだけど、あとあとお互いによからぬ事態にしかならないのでごめん。