さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

着々と、春。

f:id:hx2:20180313112230j:plain 椿、元気。いまのところ虫の被害なし。

クロッカスが一輪だけ咲いた。f:id:hx2:20180313112322j:plain

こういうのはたくさん群れて咲くように仕立てた方が見栄えはするんだろうけど。

f:id:hx2:20180313112249j:plain f:id:hx2:20180313112256j:plain

芍薬の芽がかなり力強く。ほんとはもう一株あるんだけど、なぜかそっちはまだ全然目を出さない。微妙に日当たりなんかが違うんだろうか。

鉢で数年、地植えにして2年め、芍薬いつまでも花をつけないのはつまり肥料が足りてない?ってことに今頃になって思い至ったけど、さて今年はどうだろう。この際葉っぱだけでもいいけどさ。

オダマキの芽も出てきたんだけど、あまりにちっちゃくて地味すぎて、写真に撮ってもなんだかよくわからないのしか撮れなかったのでもう少し育つのを待とう。

 

冬に丸坊主になるのと緑のままで行くのとを、もうちょっとうまいこと組み合わせて植えるのがコツなんだろうな。とすべてにおいて気づきが遅い。遅いくせに思いつきであれこれ考えなしにやっちゃうときはせっかち。

この後何が生えてくるか様子見しながらその辺は考えよう。

コンセプト、なんて偉そうなモノではないけど、いつでも花いっぱいの庭でなくてもいい。夏場、虫だらけの見てるだけでかゆくなりそうな草むらと化して近寄るのも不快な場所にならないこと。そして維持するのにさほど手がかからないこと。自分にとってはまずそこが一番大事なのだけど、果たしてその方向性にいましていることは沿っているのかいないのか。

そもそも椿を持ち込んだ時点で相当アウトだったのでは。ってまだ気配もないうちから戦々恐々としすぎか。

 

そんなこと考えながらネコ連れて庭をうろうろしてたら挨拶されてきた方がいらして、どなたかと思えば引越していった裏の家の手入れに見えた大家さんだった。実際にお会いするのは実は初めて。仲介の不動産屋さんにもお隣にも話には伺っていたけど、ほんとにいい感じの方だなぁ。

 

去年の確定申告と来年度の見込みについて、フクオカの会計事務所から数日前にメールが来ていて。しゃっくりが止まりそうな(別にしゃっくり出てなかったけど)金額だけど、これが済めばなんとか一応は収束ってとこか。収束してくれなきゃもうとてもじゃないけどやってられない。

 

だからというタイミングでもないのだけど、今週に入ってまたしてもシゴト方面でモヤモヤ再発。

いま慌てて辞めなくたって、たとえ続けたくても辞めざるを得ないタイミングはそう遠くないうちにくるって分かってても。

 

ガスレンジ周りの掃除。一か所だけでもやりおおせただけよしとしよう。

 

f:id:hx2:20180313160138j:plain f:id:hx2:20180313163050j:plain

本日の渦巻きねこ。なんだかんだ仲いいよねあんたがた。