さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

歯磨きですら満足に行かない。

歯科検診のお知らせはがきが2通。

1通はいま通っている駅前の歯科だけど、もう1通は前住んでいたときに通っていたところ。引越してからも半年はそっちに通っていていまの住所に登録もし直してたのに、その次から定期健診のはがきが来なくなったのと、急に詰め物が取れてしまったのとで今の近所に通うようになったのだけど。

その後2年近くなんの連絡もなかったのがなぜいまになってまた急に検診のはがきが来たのかはわからないけど、前の歯医者さんのそういうちょっとだけ抜けてるとこ、キライじゃなかった。

でもやっぱり元の住まいの辺りまで出かけるとなるとメンドクサいので、結局今の近所の歯科の方で定期健診の予約を入れた。

ここは受付の方以外は院長先生はじめやたら若いし、機材も最新で毎回歯の写真を印出して「ここに磨き残し、ここの部分に歯茎の腫れ…」とビジュアルで出してくるのが、分かりやすくていいんだけどよくない成績表が帰ってくるみたいでやや気が重い。

普段そんなに完璧な歯磨きではないというかむしろゾンザイという自覚はある。ちゃんとしなくちゃと思っても続かない、生まれてこの方そういう性格。

今回もやっぱり磨き残しに歯石に歯茎の腫れは指摘される。ただ、「以前よりは汚れが減っています」のコメントの一文があった。ゾンザイなりにもせめてリステリンで濯ぐくらいは(なるべく)するようにした、その成果だろうか。

モンダイなしとかキレイにメンテナンスできてますとかは一生言ってもらえそうにはないけど、おばちゃんせいぜいがんばるよ…っていつかここも引越してしまえば別の歯科に行くだろうから一生見てもらうこともまずないんだけど。

 

その足でコンビニで金曜の夜の市民センターで開催の落語のチケットを引き取って、電車に乗って予約してた本を図書館に取りに行って。

出てきたついでだから、いろいろお店も見て回る。

モッコウバラの鉢がいい感じにキレイな黄色で満開なのには少しそそられたけど、確かこの花育ちすぎて大変というのをどこかで聞いた気が。どのみち今日はドーナツ買って帰る約束なので鉢なんか持てないし、と自分を説得。

本屋に寄ったら以前借りて読んだ「ものぐさガーデニングのススメ」現物が期せずして本棚にあったので、これは今日のご縁ってことで、こっちを連れて帰ることに。

新版 ものぐさガーデニングのススメ

新版 ものぐさガーデニングのススメ

 

以前にも感想書いたけど、そもそも庭で「何をしたいのか」「どれだけの時間を使いたいのか」とか、庭に限ったことでなく考え方として当たり前すぎてすっぽ抜けてしまったときに読み返すように手元に置いておこうと。

いやそれにしても何がしたいんですかねワタシ。

バリバリ働きたいワケでもなく、かといってすべてがハンドメードみたいな主婦をやりたいワケでもなく。

なんでもいいからできるだけラク~にゆとりをもって、いつも機嫌よくしていたいだけなんですけど。

 

帰宅してチョウナンと遅い昼食べて、台所片づけて洗濯モノ片づけてアイロンかけて。

結局掃除は中途半端で居間は散らかったまま。

さほど怠けているつもりはないんだが。うーん。