さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

なんだかんだで春めく気はして。

これまで前居の過酷な環境のベランダ生活をモノともせず、元は一つだったのを何年も前に株分けしてあまつさえ花まで咲かせ、鉢もどんどん大きなモノに植え替わってもはや持て余し気味にまで大きく育ってしまっていたのだけど、この冬とうとう2つとも身罷った。乾いて半分以上枯れているように見えてもなんでか再生しちゃうのがアロエだけど、逆にこうもしんなりへたってしてしまってはさすがに。

言い訳めくけどご近所でも軒並みダメになってしまったアロエの株がそこかしこで浜辺に打ち上げられた海草みたいになってるのを見るにつけ、ほんとうに例年にない冷え込みだったんだなぁと。

いやまだ過去形にするにはまだ早い。たまに4月に入っても降る年は降るんだから。

 

日日草はさすがに枯れてしかるべき一年草で残っていた地上部の残骸も撤収。隣家のエアコンの室外機の風が直撃する場所だからどうかと思っていたけれど、割に合ってたのかも。

同じ並びに植えたナデシコやツルニチソウは花こそないけど健在。でも、こういうの植えつけたその次のシーズンが問題。料理と同じで、初めて作った出来に気をよくしてもっぺん作ったらなんかあれ?な味になることってワタシの場合多いのだけど、園芸に関してもそのパターンは多い。

このまま行くかに見えたセージもあの雪の後では一旦休眠。これもまた暖かくなったら芽が出てくれればいいんだけど。

ほかにも萩、秋海棠、シュウメイギク。また会いたいです、待ってるから。

 

意外にもしばらくは咲くこともなさそうだからと、葉の形と色具合だけ楽しめればくらいのつもりで植えたクリスマスローズの一株が蕾をつけた。

f:id:hx2:20180207130304j:plain

それにしても植えてないのに毎年勝手に生えてくるハナニラ、強い。

 

f:id:hx2:20180207055353j:plain

劣化してぼろぼろ崩れてきているし何かと埃が貯まりやすい籠を処分しようと空にしたらさっそく入居者が。…かわいいけど次のゴミの日には出すから。いや中身じゃなくて外側。

 

思うほどには家事捗らない。またここへ来て少し風邪っぽいというか、疲れやすくてやたらに眠い。

そういうときは頑張らないで眠気に任せて寝てられるだけ寝てるのはいつものことなんだけど。

夕方からちょっとだけがんばって、今日の夕飯の支度(残り野菜総動員の鍋スープ)と明日の夕飯の支度(肉じゃが)、弁当のおかず(かぼちゃの煮物)なんかをまとめて作る。

冷蔵庫にあまり長くモノを居座らせないよう、今年は少し気をつけているのだけど、それでもどうしても少しは使い切れなくて傷ませてしまったりがまだなくならない。

この後「相棒」見ながらまた山になったアイロン待ちの服を片づけようかと。「バイプレーヤーズ」まで起きていられるかどうかは甚だ疑問。