さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

気持ち先走るけどまだまだ当分は冬という。

f:id:hx2:20180130154939j:plain

へへへ。連れてきちゃった和蘭に名護蘭。すっかりにぎやかな風呂場の窓際。

 

昨日届いた年金定期便、ちゃんと所定のファイルにしまったついでにちょっと他のファイルの中味も点検してたらもう1枚、病院の領収書が出てきた。去年は一体何をどうしてこんなにサボっちゃってたんだろう。

いつだったかは1年分きれいに台紙に張った状態で取っておいたのに確定申告に出すのを忘れた年があった、あの時よりはマシか。

 

都度都度ファイリングったておそらくは溜めてしまうのは目に見えているから、せめて月に一度、初旬のうちには臨時置きファイルは空にするようにがんばる。がんばるレベルが低すぎてわざわざ書くようなことと違うけど。

f:id:hx2:20180129214223j:plain

棚がひとつ空いた。ネコ用に空けたワケではないのだが。

f:id:hx2:20180130080623j:plain

f:id:hx2:20180130193252j:plain

昨日は結局雪にはならず、朝には雨も上がって、だんだんに晴れ間も出てきて。

どう手をつけてわからないくらいに一面雪だった庭も、だいぶ地面が見えてきたし、ジョウロの中味もようやく大半溶けて、氷があと少し浮かんでるってくらいまでになった。

来月土用が明けたら去年のノアサガオグリーンカーテンの残骸を片づけて。何新しく植えようか、去年植えたあれはちゃんとまた春には芽を出してくれるだろうか、なんてうふうふ考えてたら航空会社からメール来て「トウキョウは明後日雪の予報だから予約の飛行機遅れるかもでよろしく」的内容。

始発電車で間に合う早い時間の飛行機をいつも取ってるから、予報通りに降れば覿面。予報が外れることを祈るばかり。

でも帰りの飛行機が飛ばないとそれはそれでまた行きよりさらにメンドクサいことになって困るのだが。