さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

育っていくモノ育ってるようにみえんモノ。なにはともあれ健康で。

フクオカの姪その2が成人式らしいが、あっちの天気はどうだったんだろう。

「おねえちゃんもうちょっとうちの子かまっちゃりぃよ!」と草葉の陰でイモウトが怒ってるかもしれないくらいの薄情なオバっぷり。でも自分とこの子も基本かまってないんでその辺は許してほしい、って理屈にもなっていないが。そもそもイモウトが小学生までをしっかり育てただけで、おばちゃんなんかが余計な手を出す必要が一切ないくらい2人とも頼もしく育っている。むしろいつまでも働きに出る気のないウチの兄弟の方がよっぽど心配。

 

今朝はサンナン、てかネコが、ワーワー騒いでゴミ出しに一緒についてきて、ゴミの位置に気を撮られてる隙をついて後ろ向きで肩をすぼめてハーネス抜けしてお隣の敷地を侵犯すること30分。オットとジナン動員しての捕物帖となってしまった。

f:id:hx2:20180108160655j:plain

そげな調子こいたことばしてから、もうしばらくは出しちゃらんけんよう覚えとき。となぜか博多弁で叱られている岡山県出身のネコ。

もうちょっとちゃんとしたハーネス探さないとダメですかね。

 

鏡開きには早いけど、てか鏡餅自体飾ってもいないけど、みんな家にいたので3時のおやつにお善哉。

フクオカの実家じゃほとんどそういうのなかったけど、冬にオットの実家に行くと必ず出てたなぁ。ムスコたちが小さい頃はアレルギーで卵や牛乳の洋菓子をあまり食べさせられなかったから自分でも作るようになって今に至ってる。

 

冬休みに関係あるメンツがここには誰もいないんだが、なんなんだろうかこの冬休みが終わっちゃった感。