さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

そんなもんよね。

11月も下旬であるというだけの、漠とした不安感。あと1ヶ月とちょいあっても、すでに結局片付かないまま正月になだれ込むであろう予感しかしない。

どうも今度の年末年始は大晦日も元日も出勤らしい。特に大晦日は通し番。通し番だと家を出るのが7時すぎ、帰宅するのが早くて21時半から22時。

部内でたった1人の主婦なんだが、ここまでそういうの考慮されないのも初めてかも。

…って文句が言いたいわけじゃない。おそらく歌舞伎座中継があるであろう2日さえ休めればって自分で希望をそう出したわけだし。3日も休みだから箱根駅伝だってフルに見られるし。でも先日久しぶりに全日本見たらいつの間にか知らん子ばっかになっていた。ここ数年は2日3日にシフト入る方が多かったもんなぁ。

12月の休みはせいぜい計画的に、”趣味の掃除”に集中して、大晦日は除夜の鐘聞きつつ雑煮の出汁取ってがめ煮ても炊いてうおしまい。お重に詰めるのは今年から家の男どもに任す。

あとは大河の総集編なんぞが大晦日に来ないことを祈るのみ。てか、ほかの休みにあたったらそれはそれで家のコトが進まぬのでいっそ大晦日でもいいけどさ。

 

今日も午前中の間は調子よかったのだけど、昼休み、弁当のあと社食のテーブルに突っ伏して寝てたら首寝違えて、それから夕方にかけてやっぱり頭痛。

で、家についたら少し楽になるのって、どんだけカイシャが嫌いなんだか。

f:id:hx2:20171120205156j:plain