さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

なんであれ週末。

6月の札幌出張のときに来て行った麻のジャケットを来て出勤する9月1日。このあとまた暑さは戻るというけど、ほんとにおかしすぎるでしょっていうこの夏の天気。

 

シゴトの方はちょっとまた思うところのあった1週間。

そんな話はちらちら耳にしていなくもなかったけど、いよいよ本式にいまいる部署の縮小解体に入る模様。

そうなればどこかしらには異動になるだけだし、カイシャインである以上別段そこに異存もない。

そもそもいい加減、潮時なんじゃかなぁってずっと言ってもきた。キモチと体力的にはいっそこれを機に退職でも構わないのだけど、でもサイフ的にはまだちょっとなぁ。ジナンの進学費用と実家からの税金がまだ落ち着かぬ。

これまでで一番恵まれてる職場環境なのは確かだけれども、それでもそれなりにいろいろあるし。

 

カラダ具合というとどうも今週は後半から腰痛気味。

ふだん不定愁訴というと全部頭痛としか感じられない非常に雑な体質なのだけども。

腰痛というのは、アタマで考えてることと実際の身の置き具合の向きがずれていて、つまりその状況から逃げたいという捻じれた姿勢の症状なんだとかかんだとかだそうだけど、まぁそうだとしたら、やっぱり自分はまだこの期に及んでなにかから逃げたいってことだろうか。

別にそういうメンタルな話ではなくって、単に先月から薬をジェネリックにしたせいで内膜症の症状の抑えが弱くなってしまっただけって線もありえる。

 

なんであれ、1週間働ききった。8月をやり過ごして9月にたどり着いた。とりあえずそれでいいぢゃないかと例によって自分を甘やかして、ぐだぐだと週末になだれ込む。