さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

やるときはやってるのかやっぱやれてないのかもうどっちだっていいんだけど。

金土とお休み。オットとチョウナンという男手も2人ほど在宅というこの機をのがしてはと、しばらく前から懸案にしていた台所の模様替え。

この配置にすると

 

・トイレの入り口すぐ脇に食器棚がくる

・冷蔵後がやけに張り出して見える

・階段への扉が開けられなくなる

という点はあるのだけど、階段への扉の開閉問題については別にそこを使わなくてもすぐ横の居間から台所への引戸に抜ければなんら問題はなく、あとの2点はこの際気にしないことに。

そしたらなんてテーブル周りの動線がラクになったことか。食器棚やシンク下のモノの出し入れも全然ラク。お掃除すら捗りそう。

どうして引越してきたときにこうしておかなかったか。その後2年間そんな使いづらい状態を続けてきたか、不思議なくらい。

ただし、冷蔵庫の隣にあった小棚が離れてしまって、てっぺんに飛び乗れなくなってしまったハル先生はかなり不満気。

f:id:hx2:20170815205319j:plain 「本棚の上だって、ずいぶん狭くなったってのに…」

 

その勢いで続けて居間も…と思ったものの、大物家具の移動と、食器棚の中身をすべて出して文字通り棚卸して多少断捨離して、というところで力尽きて居間は手つかず。それどころか冷蔵庫の中の整理も生ごみの日の直前に、と思ってそのまま実はまだやってない。

居間は来週末あたり、うまくいけば。

2階はそれで8月中である程度の片をつけるとして、まだ残る1階。チョウナンが戻ってくる前の春の掃除週間の頃には「これであと、写真の整理が終われば一通り」なんて言ってたのに、またそこからいろいろひどいことになっている。

この辺は9月にはなんとかしないと、次10月11月となんだかまた慌ただしくなりそうな気配。ってまたそっちの煩悩系の話は次の機会にでも。

 

8月中といえば。おととい日曜の「直虎」ではまさつぐが、もう死亡フラグ立てまくりでこれ以上は立錐の余地も残さないほど…というほどではなかったかもだけど、とにかく全力でおそらく来週の退場に向けてのクライマックス。

次の月曜まさつぐロスで切なくてシゴトになんなかったらどうしよう。とか、くだらなすぎる心配を今からしているが、おそらく終わってしまえばケロっとしている薄情極まる視聴者だわきっとワタシ。

 

そんなことより先週自分史上一番恵まれてるんじゃないか、なんて言ってたシゴトがまたちょっと些細につらいことあったり、で、だとしてもやっぱり自分史上いまが一番シゴトに関しては恵まれてるのは確かで。

そうやって結局は煩悩ONLYな平常運行で8月後半へ。