さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

こんげつの、カブキ座。

木曜はカイシャの年1のパーティだったんだけど、なんかもう疲れがかなり溜まってて、実行委員のみなさまには申し訳ないけど、定時が来たら出席しないでこのまま帰ろう…なんて思ってたら17時すぎから北から西から上司から、チャットメールがんがん飛んできてその対応で結局パーティ終了時刻までカイシャにいましたとさ。

 

さて、本日の休み。起きてネコにご飯だして、カゾクの弁当作って、歌舞伎座行って歌舞伎観て、シンジュク戻ってデパートでお中元の手配して、家帰る前に薬局寄って降圧剤出してもらって。

「歌舞伎」とか「お中元」とか「降圧剤」とか、スケジュールのキーワードがどうにもこうにも中高年臭。まごうかたなき中高年だから、別にいいんだけど。

f:id:hx2:20170623103557j:plain

天気よろしくて、晴海通りを行くバスが反射で写真に映り込んじゃってますが。

「名月八幡祭」、2chでいろいろ言われるほどには自分的には悪くなかったと思うんだけど。あぁいうのは読んでるとなんかキモチがすさむので、あまり見ないようにはしてるんだけど、見に行くのが千穐楽の方に近い日程になっちゃうとつい、待ちきれなくて見ちゃうんだよね。

でも今回は「浮世風呂」がすごく楽しくて。女の姿をしたなめくじ種之助さんが猿之助さんの三助に迫る、って踊りなんだけど、このなめくじの動きがなるほどなるほどで、衣裳にひらがなで「なめくじ」って染めてあるのがまたおかしい。

「御所桜堀川夜討」は例によって苦手な身代わりモノ。正直どうしてもあんまりそのメンタリズムには共鳴できなくって…で途中意識が飛んでってしまう。ごめんなさい。

前の席にいた後期高齢者マダムたち(と言ってもワタシと同じ3階B席の、庶民的マダムね)も、「月に1回はくるのよ~」「月によっては浅草行って歌舞伎座行って、国立行って新橋ってときもあるの~」なんて仰ってたが、やっぱり途中寝てた。

 

 

今月は夜の部はなし。仁左衛門さん、左團次さん、右近ちゃんはほかほか夜しか出てない役者さんたちもちょっと観たかったな~って後ろ髪は引かれても、ほんと今月は体力も財布ももうもたないのでさっさとマルノウチ線乗ってギンザからシンジュクへ。。

 

 

「歌舞伎のどこがおもしろい?」って聞かれると、うーん、どこなんだろう。あんまりちゃんと答えられる気が全然しないのだけど、そうやって途中ちょっと寝落ちしながらでも、やっぱ楽しいんだよね歌舞伎は。むしろたまに寝落ちしちゃうくらいのユルさで観劇できるところが、好きなのかも。

そんな真剣みのない態度の芝居見物の幕間、スマホのニュースコンテンツに海老蔵さん奥さまの訃報が。あの若さで、あんな小さくてかわいらしいお子さんたち残してでは、さぞ心残りだったことだろう。

そしてそれでも舞台は平常運航っていう、海老蔵さん(今月はコクーンらしい)も役者稼業の因果と言いながらちょっと気の毒。来月は勧玄ちゃんも歌舞伎座だったりで大変だ。(と言いながら、八月に全力投入予定で来月はパスなのだけど…)