さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

家の中が優先のはずといつも思うのだけど。

プレミアムフライデーて、やっぱり異次元世界な話な気がする。

 

相変わらず体調はぐだぐだのまま、追い込み残業で年度末を締める。…いや実はまだ締まっていないのかもだけど、一旦は区切りとむりやり思い込む。

でも今日になって、やっぱりひとつ年度内で済ませなくてはなことを忘れてたのに気づいてがっかり。リカバリ利かない件ではないから、と自分に言い訳というか慰めというか。どうしてこう、いつもいつもとりこぼしてばかり。

 

いろんなヒトがごっそり異動あるいは退職していくおかげでいつもの年よりも思うところはいろいろ。

でも誰より辞めたがってるはずの自分は結局次の年度も、あるいはそれ以降もしばらくはカイシャイン生活は続けざるをえないらしい。そんな予感というか結論というか諦念というか。

 体調はともかく、ここ1年くらい、いやもしかしたらもっとずっと抱えてきたぐだぐだした気分にはいい加減区切りをつけなければ。

 

しっかり眠れて、おいしく食事できる体調が維持できて。髪や肌やら爪の最低限の手入れに気が回らないようなことにならず、家の中は散らかりすぎず、カゾク(実家のハハとネコ含む)息災でいてくれて。

それがなんとかなるなら、シゴト場でのあれこれは実はどうにでもなる。

でも何度も繰り返すけど、たったそれだけのことを維持していくのがいまだに難しく、状況をなんとかなってるって思える精神状態でいつもいられるかというのも、そうそう容易くはない。

 

そうこう考えて思い立って。かねてからやや不満だった敷布団をようやく買い替え。来月以降チョウナンが戻ればどうしても寝場所だって窮屈になるんだし、せめてもの布団の寝心地くらいはよくして睡眠の質を確保しようと。

 

でも結局今日の休みもなんかしんどくて、午前午後と炬燵で眠って過ごす。キモチよりまず体力がついてこない

例によって昨日からまた雨で、はるちゃんお庭には出せない。ココロがけ悪すぎて、ほんとごめんよ。

 

それよりもその1か月後に迫ったチョウナンとその身の回りの荷物帰還に備え、いい加減断捨離急げのステータスなんだが。ちまちまとは取り組んでいるけれど、捗った感まるで見た目に表れてこない。

なんだかんだ思い切りがよくない。

そしてあまり変わり映えもないままに4月突入。