さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

休日スタンダード。

自分はほんとは何がしたかったかとか、もはやそんなことよりも。

いま目の前にあることを粛々片づけていくことに集中しようそういう時期なんだいまはといまさら。

そのうち勝手に周りの状況が変わっていって、こっちの気持ちなどまるでお構いなしに、はいごくろうさまでした、と解放というか放り出される日が来る、そんなもんなんだろうたぶん。

 

出かけない休日。洗濯して、お昼に親子丼こさえて、アイロンかけて、ヒルネして。伸びてきた爪もやすりでがりがり短くして。

ほんとはここで、作り置きとかもできたらいいんだけど。苦手なんだわ作り置き。作り置きするとなんでか逆に食べる気なくなって結局消化しきれず棄ててしまったり。

自分でもこういうことは五十路にはとっくにクリアできてるもんだと思ってたんだけど、残念ながらの現実。

カラダの調子とお財布具合のこともあるから、あきらめずにぼちぼち。

 

 

f:id:hx2:20170222215339j:plain

 

 シゴトはそこそこな時間に収めて、その日食べたいものを作って食べるくらいの生活の余裕。ほんとになにがしたいって、ただただそういう生活なんだけど、どうしてバランスはどっちかに傾くように世の中なっているんだか。

 

今日のテレ朝特番。個人に失礼を言う気はないのだけど、プリンスという言葉とまさおさんのイメージの乖離がどうしても拭いきれない。