読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

いろいろあきらめの春。

日々のなりわい。

今週のお題「卒業」

1年後はジナンとメイ2人の3人が大学と短大と卒業。すでに卒業済のチョウナンはいまだ定職どころかとりあえずのシゴトさえ覚束ず、ジナンはさらに進学する気だとかでまるで肩の荷が下りる気がしない。

まず自分カイシャインから卒業したいんだってもうずっと言ってるんだけど、単位がたらんってことでしょうか。卒業でなくたってドロップアウトでもなんだっていいんですけど。

 

シゴトといえば先月1人抜けてなかなか厳しいシフトだったところに次月は最繁忙なのでさらに変則出勤。

そんなタイミングで昇進試験の二次に入るヒトたち、チーム解体で他所の部門へ異動していくヒトたち。

そして自分もそこそこにその余波をくらって、もう今週からすでに残業三昧。来月行けたら行こうかなと思ってた調布映画祭も歌舞伎座も、なんかムリっぽい。

もうそういうときはすっぱり未練断ち切って、せいぜいシゴトに集中するしかないんだけど。

 

それにしてもちょっとなんだかなぁなのが、今年度体制変更で「あれやこれやが属人化していてよろしくない」とまるでワタシが手放さないで囲い込んでるかのような言い方されてきて、別に好きで一人でやってたわけじゃないんですけど!と内心かなり不愉快に思っていたそのあれもこれも結局「やっといて」とこっちに丸投げされてること。いいんですかねまた属人化するだけですが?とココロで軽く毒づきつつ、とは言え新しく受け持ったシゴトにいまだにそこまで習熟できてるワケではない引け目もあるからにっこり笑って承るけれど。

 

でも。

気に染まぬことだらけに見えて、でも一緒にしているヒトビトの誰を嫌いなワケでもなく、むしろ、好きなんだと思うし、最近少しだけ、シゴトに関してたのしいって気分がなくもない。

だからこういう気分のうちに卒業するのが一番いいんじゃないかって…。やっぱ単位というか修行が足りてない?

 

先週フクオカに帰っていろいろ計算が上がってきて、やっぱりちょっと当分は定収捨てるのは無謀かも、というか明らかに無謀なんだが。