さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

休日まったりん。

結局節分も立春もどたばたしてる間に過ぎ。

f:id:hx2:20170205094258j:plain 日曜、髪を切りに行く予約の時間まで少し散歩。なんていうかこの町の、こういうこじんまり感が好き。

深大寺の梅まつりに来月の映画祭も楽しみだねぇ、と言いつつまた結局行かないかもだけど。

まちこはこの町の駅前の、雑居ビルの狭間で  f:id:hx2:20170204235355j:plain保護された子だそうで、まちなかのねこの子ちゃんでまちこに。

f:id:hx2:20170206071209j:plain 一方遥はる先輩は「家政婦は見た!」のオープニングに必ず登場するネコの名前を勝手に襲名。倉敷のお庭で保護されて、よくぞはるばる調布まで。なんだけどむしろ彼こそが実はこの家の主、みたいな威風堂々っぷりで、今日もあちこち見回りに余念なし。

 

土曜からチョウナンも帰ってきてる。相変わらず一時しのぎのシゴトですらみつからない様子なのに、さいたまのアパートを引き払う気はまだないみたいで。いったいなに考えてるやら。

 

オットがまた安い肉をバカほど買ってきて夜、家焼肉。あくる日の今日も家ン中がくさい。そして自分もつい調子に乗ってほとんど脂身みたいな豚トロ大量摂取しすぎておなかの調子がへん。すっごーくへん。きっとこれで今日の休みつぶれる。

…成長しない、てか死ぬまでこんなふうに、ダメなんだろなこの家族。

 

 

 

今週のお題「私のタラレバ」

土曜の夜は遅番勤務で帰ってきて、がんばって「空想大河ドラマ 小田信夫」を見終えてから寝る。正直、ちょっとまだぴんときてないんだけどこれからおもしろくなるんだろうか。そして早速次回日曜は翌朝シゴト早いので観られそうにない。

そして前回観られないまま日曜の「直虎」もつまんないことはないんだが、1回とばしたことが別に惜しくない程度。個人的には菜々緒さんの築山殿に期待。

 

さて、そんな緩いTV鑑賞しつつふと。

好きだったコトは、たとえ世の中の役に立たなさそうでも、あるいは自分に才能がなさったにしても、続けるべきだったんじゃないかな、とはやっぱり思う。

学校のこと、進路のこと。正面から直視する勇気がなくって微妙にはぐらかしながら、「生活」に逃げてここまできてしまったかなぁと。

 

別にそれはそれで間違ってもいないし、逆に好きなことしてたとしてもそのために逆に選ばなかった人生についての喪失感というのはあるだろう。

好きなことを生業にするしない、どちらの選択だってありで、どちらがいいとかそういうことはないし、もし自分が生活度外視で「なにか」に拘り続けてたとしたら、なにかというと一家言持ち出したり自分語りしちゃうような、いまよりさらにイヤなやつかもしれない。

 

なんなら今からでも、したいことの方に比重を移したっていいはず。言うほど簡単ではないにしても。

親やその世代を見てても、身体が動くのって、なにもなくてこのあと20年くらいってこともアタマにおいてだねぇ…。