読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

思うにまかせなくてもどうにかはなる。どうにかはする。

今週のお題「2016上半期」

f:id:hx2:20160625155855j:plainちょいと思うところあって、今年は夏越の祓行っとこかと。

ちょっと足を延ばせばなんだか雰囲気よさげな天神さまがあったでないの。

毎月ちょっとたのしげな催しもあるみたいじゃないですか。f:id:hx2:20160625155902j:plain

f:id:hx2:20160625160253j:plain蓮が立派に育っててちょっとうらやましい。

舞の奉納もちょうど最中。牛があるとなるほど天神さま。f:id:hx2:20160625160305j:plain

久しぶりに御神籤など引いてみれば「焦らず機を待て」だそうで。いやそう来るだろなと思ってたら見事にそういうのを引いてしまう、運試しというよりは自分の直観試し。

いまはまだ、いまいる場所でできることとしなきゃいけないことをまず全力で片づけろってことですね。

f:id:hx2:20160625160951j:plainおいしいお蕎麦まで振舞っていただいて。おかげさまでこの夏もなんとかのりきれそうな気がしてきた。

さてその足で予約してた美容院へと。伸びてきた髪もすっきりさせようと。

で、首の後ろが暑いので襟足ぎりぎりに短くしてもらって横も唇くらいの長さにという夏恒例のオーダーでの今年の出来上がりは。

白髪もじわじわ増えてきたことだし、樹木希林さまあたりを想定してたのだけど、さすがにとういうか当然だが希林さまの域には格が追いつかず。で、鏡の中に現れたのは、「ゴッホより~フツーゥに~ラッセンが好きーっ」のヒト。

これまでも夏が来て短めにするたび鬼太郎とか阿佐ヶ谷姉妹とか、いろんなもんが鏡に現れたけどこの夏はラッセンかぁ。まぁいいけど。(いいのか?)

 

夕飯の惣菜買って、さて帰ろうと電車に乗れば人身事故で電車が止まる。膝の上のほかほかの惣菜のぬくもりが逆に恨めしい。

なんだかんだでいつもの3倍の時間がかかって家には帰れたけど。

上半期の厄落としは、ひょっとしてまだ完了できていないようなので、6月最後まで気を引き締めて。