読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

いい加減そろそろ買い替えねばなんですが。

早番の日を除いては庭先に出る都度、水やりついでについばむような量ではあるけど雑草抜きは続けてはいる。

自分が買ってきて植えてる苗と、無慈悲にも引っこ抜いてる草と、その間に何の差があるというんだろうか、という自問もあってどうも捗々しくは進まない。

当然そんな調子では間に合わないくらい次から次へといろんなモノが伸びてくる。最近のトレンドはクローバーにドクダミ

藪蚊も出始めてやっぱりほっとくワケにもいかず、日々積んだ雑草の山をちょっと動かせばそこがまたダンゴムシやらミミズやらヤスデやらのパラダイスとなっていて。土いじり醍醐味満喫ですわははは。

雑草コンポストにしたいんだけど、毎日少しずつしか抜いてなくてもいざ埋めるとなればちょっとやそっと掘ったくらいじゃ埋まらない量。しばらく試行錯誤継続。

 

 

今週のお題「わたしの一足」

庭仕事用のゴム長、でなくてですね。ここの暮らしだとゴム長もやっぱりいるなとは思うとりますが。

普段の通勤はビルコのアナポリス(ひょっとするとこの型廃番?)の色違い2足をとっかえひっかえ。特に黒は、通勤だけじゃなく冠婚葬祭(前半2つは実際はなかったしこれからもなさそうだが)みんなこれ1足で通してきた。

f:id:hx2:20131103093502j:plainこれは数年前、ソール張替えと中敷き交換直後の写真。

いまは本体の皮の甲のところが剥げかけててかなりくたびれてしまった感。写真と色違いの茶色の方に至っては歩くとき曲がる小指の付け根の外側あたりから皮が裂けかけて、もうじき完全に貫通。いまのとこ誰からもなにも言われないが、足元見てあらー、って思われてる可能性なきにしも。てか自分なら思うよきっと。

さすがにもうソールの張替えとかいう段階ではないんだよなぁと感じるに至ってからもすでに久しい。実は次はこれ!という候補の靴もだいぶ前から見つけていたりする。

はっきり覚えていないのだけど、買ってから10年前後。元も取れたと思うし買い替えして罰が当たるモノではなし、なんだけども。それ買ったらくたびれた方捨てられるか?っていう逡巡。

ついでながらずっと悩んだ挙句この春に泣く泣く処分した紺のコート。   f:id:hx2:20131113182538j:plain

これも数年前の在りし日の写真。こちらはまだ新規の候補はなし。ほんとはなくはないんだけど、予算的に折り合いつかない。

コートのいる季節まで当分先だし、春秋、せいぜい初冬にしか着ないタイプのってたぶんなきゃないでどうにかなるモンではあるし、取り急ぎどうでもいいんだが。

 

靴や鞄を見るとほしくなるなんて時期もなくもなかったけど、いまとなってはどちらもそれほど持ち数多くはない。

洋服も然りだけど、一度気に入ったものに執着しがちなのは性分として。

そうやって好きなモノだけ追求していけば、いつかそれなりにトータルに好きな感じにまとまってくれるはずなんだけど、なんかこうすっきりまとまった感には程遠い現実ってなんなんだろうね。