さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

春土用の最中の土曜。

ミネアポリスの殿下の訃報には少なからずのショック。

けれどもその日シゴトの遅番の面子が濃ゆいのばっか揃ってコトあるごとにそれぞれ暴走しまくり、殿下の話を振るどころか当日の相方MOさんの脳の血管が切れる音が聞こえてきそうな勢いをどう収拾つけりゃいいのかただオロオロするだけの自分・THE役立たず。

 

 

めずらしく今週は土日とも休み。春土用中間日でもないので水やり程度にあまり直接な庭仕事は控えるにしても、さて取り掛かるなら来月以降のグリーンカーテンをどういたしましたもんかと検討することでほぼ午前中を費やす。グリーンカーテンのことを考えてたはずなのに、唐突にそうだ味噌床を作らねばと思いついて、買い物リストに麦みそ、琺瑯タッパーと書きこむ。

 

 

昼前の町内放送を合図に避難訓練で玄関に「無事です」の札下げて最寄りの小学校へ。普段まったく用がない方向なので、引越してきて10ヶ月足らず今回初めて足を運んだのだけど、思っていたよりはちょっと遠い。

グラウンドにヒトが集まってるのを見るだけ見て、あら図書館分室ってこんなとこだったのね、とそっちをより重点的に見て帰る。たまには散歩で来てみよう。

 

 

午後、調布まで出て図書館の後、パルコで趣味の園芸5月号、味噌床用の買い物。リップスティックのレフィルも買っとく。

駅前の広場で花と緑の祭典という催しの出店でヤブラン一鉢。もちろんほんとはもっと他にもナデシコとかミヤコワスレとか侘助とかココロ惹かれはしたけど今日は見送り。

 

 

夜、さっそく冷蔵庫の使いかけと今日買ってきた味噌とを料理酒で緩めて混ぜてニンニク入れて仕込み。2週間、寝かせるのだそう。連休明けの弁当のおかずに使えることを期待。

素手で混ぜたワケではないのに、なんでか洗ってもなかなかの匂い。