さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

人生周回遅れ。

暑さ猛ダッシュで夏本番だけど、自分で言うのも情けないけど、本日のワタクシも例によってちんたら進行。 今朝は婦人科外来。カイシャと同じくらいの時間の電車で病院へ。 閉経しさえすればもう再発リスクがないので血液検査の結果次第では今度で最後かも、…

水無月のやり残しから文月に。

NHK大河「直虎」がもはやラブコメ通り越してアニメ「一休さん」みたいなことになってる気が。それなりにおもしろいので別にいいけども 。 さて、先月さすがに行けなかったけど、今朝なんとか上映時間に間に合いそうだったので映画「花いくさ」に出かける…

いろいろ祓いたく。

最近とりわけニュース番組が不愉快。海老蔵さんとこの話も痛々しやとは思えど連日延々報道することなのか。国を治めるレベルのヒトらでパワハラしたのが女性(このヒトの議員としての存在自体もう論外だけど)だったからいけないとかいう感覚が横行してるこ…

こんげつの、カブキ座。

木曜はカイシャの年1のパーティだったんだけど、なんかもう疲れがかなり溜まってて、実行委員のみなさまには申し訳ないけど、定時が来たら出席しないでこのまま帰ろう…なんて思ってたら17時すぎから北から西から上司から、チャットメールがんがん飛んできて…

ようやくの梅雨らしさ。

午後からは雨という予報で降らないうちに買い物をすませておこうと午前中のうちに出かけるけど、考えることは皆さん同じのようで、ホームセンターもスーパーもいつもの土日の同じ時間に比べてかなりの混みよう。 昼ごはんのあと、ちょっと片づけしてまたうと…

意外にシアワセなのかも、だがいい加減しんどい五十路。

フクオカから戻って翌日から3日間、毎晩日付変更間際の帰宅からの、札幌出張。朝6時半前には家を出て。 ここもここも、通過するのみ。遊びで来てんじゃないんで当たり前だけど。 とは言いつつ、自分のシゴトが仕事になってる自信は今日もなし。とにかく周り…

とにかく寝て、起きたらまた考えよう。

傍から見れば好き放題生きてるように見えても、どんなヒトだってそのヒトなりの軛というもんはあるわなぁ。 フクオカで本家にもちょっと挨拶寄って、ふとそんなこと思ったり。 体力と財布具合と持ち時間はそのヒトそれぞれだけど、自分の裁量の許す限りは精…

どう働くかも問題だけど、そんなことよりまずは全力で遊ぶ6月。

今週末はフクオカ。家業の件税金の件オギさんワカバヤシさんと2時間。 あんまり細かいことはここには書かないんだけど、結論。「余白のある暮らし」は結構遠い。薄々気づいてたけども。 だからといっておカネの心配にばかり囚われてずっと暮らしていく、とい…

お江戸日本橋。

時々位置を変えないと、ダンゴムシさんやらナメクジさんが大集合してたりするので、今朝もひょいとプランターを持ち上げてみたら。 なんか予想だにしないこぶし大の大物がいてびっくり。どこから、どうやってここの庭まで? やっぱりここは都心ではなく多摩…

狂騒の六月。

ぐずぐずしているうちに6月突入。相変わらずカイシャでも家でも目の前のことで精いっぱい、ちっとも片付いた感なし。 ということを電話で愚痴ってるとハハに「そうそう、言い訳ってそういうもんよね~」とかぺろっと言われてちょっとカチンとくる。 確かに毎…

またもや真夏日。

草取りにシーツや毛布の洗濯、買い物、ごはんの支度、アイロンがけ。繕い物2点。 ほんとはもう少ししっかり掃除もしたかったんだけど結局タイムアウト。5連勤の最後が通し番でしかもそのあとの休みが1日しかないというのはやっぱり厳しいのう。 そもそも処理…

遊びをせんとや西へ西へ。

猿之助さん勘九郎さん七之助さんの共演と聞いて、約1年半ぶりの大阪松竹座。 今度こそゆっくり大阪の、またその近くのここもあそこも…と思うのだけど、3回めの今回も劇場に直行して結局芝居だけ見て夜行バスにてフクオカへ移動。 今回はまたいろいろあって…

いろいろあった夏日。

そしてまた、なんですか今日の暑さは。 天気だけでもなく、遅番でカイシャに着いたら何が炎上してるのか、いきなりなにかが沸騰中。状況の詳細さっぱり呑み込めないまま流れに任せて、受け流して。 どういうワケだか、だいたいいつもどこかしらが炎上してい…

そしてまた休みは雨でしかも肌寒。

こう気温差があるとちょっとつらいわぁとぐでぐで過ごす平日休み。 カイシャの日はなんだかほぼ毎日頭痛薬飲んでしまうけども、昨日今日のはキモチ的なものより気圧差のせいのよう。 シゴトの方は1歩進んだ?て気が一瞬しただけで結局2歩下がってたみたいな…

のんびりな休み3日間は矢のように。

平安京はいらなかった: 古代の夢を喰らう中世 (歴史文化ライブラリー) 作者: 桃崎有一郎 出版社/メーカー: 吉川弘文館 発売日: 2016/11/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 年明けに図書館に予約して待つこと3ヶ月あまり。確かに自分に…

睡眠時間が削れない体質なもんで。

もちろん食堂営業中の混んでるピーク時間は外してだけど、50にもなったマダム(?)が昼休み、社食のテーブルに突っ伏して寝てるのも自分でもどうかと思うけど。 でも昼休み少しでも寝ておかないとほんとに午後身がもたなくて。 昨日は特に、Eテレで3月の俳…

怒涛の園芸日和。

チョウナンが荷造りを半分も終わらせていないとか、ジナンも前々からその日は引越と知っててサークル仲間とカラオケ朝帰り(めったにそこまで野放図に遊んでくることはないのだけど、なんでかこの日に限って)とかいうことはあったものの、連休の初日にして…

断捨離ばうんど。

チョウナン、さいたまのアパート撤収。 思った以上にひどかった。本以外衣類も食器もまったく荷造り済んでないし、て言うか、食器のほとんどはここに引越してきて以来使った形跡なく埃かぶってた。 アパートの近所。ときどき上越や東北新幹線が通過するのが…

今日もおそうじ三昧。

ずっとアタマ重いし、キモチもしおしお気味なのが、今朝目が覚めたらすっきり。低気圧も過ぎていって、今日もシフト休でカイシャもないとなればそこは。 それにしても、どうしたってこうもシゴトが好きでないのか(爆)。 今週のお題「ゴールデンウィーク201…

芝居の余韻と庶民なお庭の続き。

細雪 (中) (新潮文庫) 作者: 谷崎潤一郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1955/11/01 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 13回 この商品を含むブログ (56件) を見る 細雪 (下) (新潮文庫) 作者: 谷崎潤一郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1955/11/01 メ…

春の名残の芝居見物。

去年の夏が終わってしまう前に穴をかがったけど、奮闘むなしく却って酷い見てくれになったお気に入りの麻。先日手芸屋さんで見つけた小鳥のワッペンを追加してみた。 巣の上の2羽という風情で色合いも悪くない。ただ、場所が背中なんだけどね。 そんな鳥の巣…

春本番通りこして今日も夏日。

さいたまのチョウナンの引越準備がかなり不安で、当日になってひどいことにならないよう1度見に行っておこうかとも思ってた今日の休みだけど。今週末フクオカに持ってく経費の精算も済んでないし、まずこっちの家がまだ片付いた気が全然しない。日曜の休みも…

お洋服よりコスメより、いまとりあえずは体力ほしい、そういう年頃。

月曜。遅番だけどいつも通りに家を出て、歌舞伎町を抜けて、引越前の住まいにほど近くの病院のフジン科の、半年ごとの検診。 ディナゲストは今回2ヶ月分だけの処方で、この日の血液検査の結果を見て問題なければ投薬終了。2ヶ月分だけでも9000円だからね。ぜ…

御復活の日。

朝5時に起きて6時の電車で四谷へ。7時の御復活ミサ。なんだかんだで結局元旦ミサ以来(!)でその前の諸々をすっとばして、だけれど、とにかく出ないよりはまし、ということで。 9時前には家に戻ってジナンと朝食。 そのあとコタツ布団のカバー、シーツの洗…

いちにち家シゴト。

ほんとうに久しぶりに晴れた休み。どこへも出かけないと決めて、起きるなり掃除モード全開。 コタツのシートと上掛けを洗う。コタツ布団のカバーはできれば来週のフクオカの前、遅くともチョウナンとその荷物が出戻ってくる前には済ませたい。 懸案の1階にも…

いろいろあるようでまだないうちに。

自分的には真央ちゃんの引退よりも柏原君のことの方が感慨深かったんだがそんなこと(!)はさておき。 昨日シゴトの帰り、見知らぬ番号からの着信が立て続けに2件、2時間前に入っているのを見つける。後でそれぞれ義妹・義弟にあたるヒトの番号とわかるのだ…

チョウフは今日も雨だった。

はるさんは今日も地球の平和を超極所的に2階のトイレの窓から見守ってをり。 4月も中旬となるのにおんもに出かけられず、はるさんも不満だろうが、ワタシとて一向に庭仕事に手がつけられず、早くもかなりの草ぼうぼう。 先月のインフル以来ずっと咳を引きず…

ネコ埃の季節。

冬からの衣替えが始まっているのか、階段のネコの毛玉。昨日おとといと連日紙モップかけてるのに。 さて今日は歌舞伎座。今月は午前の部だけ、いつもの3階席。 「醍醐の花見」は秀吉が北政所や淀殿やおまつさん(利家さんとこの)連れて盛大に花見を楽しんで…

ナマケモノ上等。

(ほぼ)定時上がりした昨日、珍しくまだ日が暮れないうちに電車を降りて家に向かって歩いていたら、前を歩く女の子が、いかにも新年度新生活始めましたみたいな買い物荷物抱えて歩いてて。 いいなぁ。部屋をあんなふうにしたい、こんな雑貨置きたいって自分…

趣味は観劇とは自分でも実は思ってもいないけど。

いまごろなんだけど、3月の「カルテット」の最終回観ての感想が、ちょっとした安堵感。いや内容がということでなくて、毎週愉しみなテレビ番組があるというのはシアワセなことなんだけど、観なくちゃって毎週その時間に待機することが、自分にとっては意外と…