さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

ようやくの夏日。

本日の、新入りくん。久しぶりに晴れて暑くなった午後。おとなしく見えるけどなかなかのやんちゃもので頼もしい限りだが、センパイ2匹との合流はまだしばらく先かな。(主にセンパイ側のメンタル?の問題) 「家政婦は見た」のオープニングに必ず登場するネ…

いまは遠い海。

…はるみです。 別に、ふてくされてるワケじゃなかとです。でも一応ね、ウチの警備を一任されてるこの僕の了承って常識としてそれが筋ってもんと思うとですよ。…って博多弁伝染って、なんかいらつくー。 そうたい…ってあたしまで博多弁あてるのやめりぃよ。……

山笠も見ず、日帰りフクオカ。

あら、また来たと? なんば持ってきたと? ところで風呂場の新入り、なんでこっちに来とーと? この子ば連れてくとね?どーぞどーぞ。 てなわけで、飛行機とバス乗り継いで。一匹増えた。 なんなん?聞いてませんけど? 先住2匹に負けずにやってけそうなマイ…

ややノイローゼ気味なかようび。

今週のお題「わたしの好きな歌」 Apocalyptica - 'Seemann' feat. Nina Hagen (Official Video) (Rammstein Cover) ラムシュタインのオリジナルの、アコースティックっぽい前奏部分とか特に、大好きなんですけどね。クラッシク+ニナ・ハーゲン。ただならぬ…

ネコ、そして引き続き掃除の日々。

昨日ネコのおっちょこちょいな方(オレンジ色したでかいのね)がすごい勢いで台所から網戸のネコドアくぐってそのままぽーんとベランダの柵に飛び乗る気配がしたんだが。 調子にのっていつかやるのではと思ってたけど、とうとう。いつもは柵の手すりにうまい…

遅々として進まなくとも。

去年庭があんまり白い花ばかりになっているのに自分のメンタリティーが不安になって、とりあえず白くないのを植えた槿。光の加減で白く見えるけど、青花です。 地面が濡れてない朝。久しぶりの外だけど、今日はご近所の外ネコさん方には会えず。いい加減草刈…

どうにかしたいと言いつつ今日も流される文月。

雨続きでもお嬢の方はまだいいのだけど。 散歩に久しく出してもらえないこちらさんはかなりふてくされ気味。 で、ワタクシは、引き続き掃除週間。 1階の通称カオスの間は、1週間や2週間でどうにかなるようなレベルではないのだけど、それでもこの2週間で…

急遽決定お掃除月間。

月曜火曜と早めの帰宅で、少しは掃除にも手をつける。 にもかかわらず。 なんでこう、あっちもこっちもざらついているのか。 むしろなまじ少しだけ掃除したりするから、ざらつきが気になるのか。 ずっとカオスと化したままの1階の一部屋をどうしてもこの2…

流されて今年も半分。

近所の神社。日曜の午前、雨の合間にちょっとだけ散歩。6月も終わりにきてやっと、いかにも梅雨という感じのお天気。 ここの蓮、毎年りっぱに育ってていいなぁ。 と、神社の蓮鉢に感心するより、カタバミとペニーロイヤルミントで埋もれかけている自分とこの…

ムジャキなかあさん。

「いだてん」前半の大団円をようやく再放送で。まだ半年というのに感無量。1週間遅れってのがまたちょっとマヌケな感じだけど。 自分には今年の大河は期待以上なんだけど、ウチのハハにはどうも不評。登場人物の相関関係や時代のエピソードが前後したりする…

水無月は見送って。

通りがかりの天神新天町の山笠は、ちょうどこれから飾りつけというところ。 今月はハハの上京があったのでワタシのフクオカ行はお休みにしたかったのだけど、多少の所用あり結局帰る。 6月なのに台風、ということでずぶ濡れ覚悟だったけどチョウフもフクオ…

あいかわらずに白尽くし。

今週のお題「わたしの好きな色」 ここ数年来は目が行くトコロ、手を伸ばすモノがなんでかほとんど「白」。 特に服については白だとネコの毛が目立たないというのもあったりで、シャツは8割白。カーテンもシーツも布団カバーも枕カバーも白(ほんとはもう少し…

ココロザシ低く6月下旬。

水曜日。 この日は月に1度支部長クラスが集まってクライアントへの報告会がある日なのだけど、その後さらに上層の会議でなんかあったらしく、夕方近くなってウチの課長が夕方ぽつりと「たぶん来週忙しい」とつぶやいて、一瞬みんなしんと静まってしまう。飛…

ムリな自分と生きていく。

別に小銭稼ぎでぐずぐずシゴト場に残ってるワケでもなくて仕方なくの残業なのに(昨日のように自分がちょっとやらかして、みたいなコトも時にはあったりするが)、でもだいたいは上司やクライアントからの急ぎ対応依頼。 で、残業するなら5時までに残業許可…

今日も今日とて。

遅番の翌日の早番。通し番の翌日の早番よりはマシだし、いい加減もう何年もやってたら慣れるけど、なんだかんだでしんどい。 こんな日こそ定時でさっと上がって、そんでもっていくつか用事も片づけて。 なんて思ってたらそんな日に限って大残業。また夕方に…

ネコにはせめてのんびりかあちゃんで。

今朝方。 現実よりはまだ幼いと言っても見た感じ中学生か高校生くらいにはなっているムスコらのどちらかあるいは両方(シーンによってチョウナンとジナンが入れ替わったりする)の通院の付き添いをしている夢を見た。1度受付のあと駅前に集まって、それぞれ…

さらに夏へと続く煩悩輪廻。

終日雨。 部屋の隅の埃を掻き出したりして1日過ごす。いくらやってもどこからともなく沸いてくる。 気がついたら一般発売日も3日過ぎて、さて7月は歌舞伎座どうしたもんか。夜の部の方が宙乗り早変わりと海老蔵さんフル回転だけど、「西郷と豚姫」は一度…

祭?のあと。

今朝方、右耳に一瞬ハウリング笛が復活。すぐに消えたけど。 ほかにも例によって地味な不具合がカラダ中のいたるところでぽつぽつと。 今回ばっかりは遊び疲れの自業自得でしかないのだけど。 ただ、シゴトで残った疲れと違って遊びの疲れは基本そこまでヘン…

昭和30年代の赤毛のアンたちと「夜の蝶」を。

半世紀以上も前のこと、学生時代に上京したハハは「赤毛のアン」の続編よろしく学生寮を出て仲良し4人共同で下宿生活を始めたそうで、そのうちの一人が昨日一緒に歌舞伎見物行ったR子さん。さらに今日はもう一人T子さんも加わって、三越劇場で観劇同窓会。 …

ハハ接待。

福岡のハハがトウキョウへもしばらく行っていない、歌舞伎座も一度は行ってみたい、と言いだしたのは今年の春先。よく考えたら実は去年3月も来ていたんだけど。 ともあれ体力と懐の余力、出かけようという気力はあるうちにしか使えないのだから、後々未練の…

煩悩シーズン。

近松物語 作者: 渡辺保 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2004/11/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 同じ近松でも「 油地獄」とか「曾根崎」ならシネマ歌舞伎やパロディ作品も含めて2度3度と観たけれど。 「埋もれた時代物を読む」と…

うとうと梅雨入り。

寝ても寝ても眠い日々。 夜どんだけ寝ても横になれば砂に水が浸み込む速度で落ちる。 ただ睡眠時間がやたらに長いっていうのはおそらくは突発性難聴ともその治療とも別に関わりなく前々から。 まだ20代も半ばの頃に京大出身の同僚に「あんまり寝てると脳が腐…

予後。

耳鼻科通い、本日で一旦注射は打ち止め。処方された薬がなくなったところでまたおいでと言われる。 もう来週は毎日通わなくてよくなったのには正直ほっとする。毎日の注射で血管もだんだん通りにくくて昨日おとといは少し液漏れしたし。これまでも1週間くら…

歌舞伎町で歌舞伎を。

「吉原炎上」、あらためてキョーレツな映画だった。眉のない女たちの生々しさ。 翌朝も「半七捕物帳」「早乙女千春の添乗報告書」となんでかBS名取裕子祭り。 午後、シンジュクに繰り出す。 歌舞伎町で歌舞伎を演ると聞けば、行かないわけにはまいりません。…

笛なりやまず。

ネコの方はおしっこのきらきらも失せ、粗相も治まったけども。 ニンゲンの方は薬の処方追加。注射も毎日。 …ただそのために遠慮なく定時で帰る生活は、うれしかったりして。 午前中は電車も遅れる豪雨。幸い夕方は上がったので病院の後スーパーに寄ってセロ…

ねこばかカゾク。

フクオカの続き。 本家の保護ネコ増える。庭ネコオトメちゃんとそのムスコ、ヤマトくん。あと2匹兄弟がきたようなのだけどカラスにやられてしまったそう。どうにか残った親子1匹ずつだけ保護できた、という話はハハから事前に聞いていたのだけど。 なんか、…

おかやま。

始発電車からバスで羽田の月例ルートだけど、今日は寄り道ルート。 福岡行の辺りだといつも騒々しいけど、こっちは落ち着いてていいな。 桃太郎空港からバスで岡山駅。 去年は集中豪雨で降りこめられるというあまりない体験をしたけれど、今年はいいお天気。…

ネコも杓子ワタクシも。

勤務時間調整の早帰り2回め。 今日を逃すとたぶんもう機会はないなということで、カイシャの後今月いっぱいで閉店になる近所の喫茶店に入ってみた。 ワタシの他に先客が2人。マスターと思しき男性が一人、よろよろと注文を取りにくるけど「うーん、それあっ…

とりあえず誰より先にシゴト場を出たものの。

カゾクのこととか余暇の過ごし方とか別に自分からは話さないけど、突発性難聴のことはさっさと職場に申告。 そりゃ病院通いで定時上がりにしやすいように、という目的だけど、でもそうそううまくはいかんもんで、定時間際に至急処理案件とかでてきちゃったり…

とんちき笛。

朝起きた時点でなんか右耳だけ様子がヘン。 今日も今日とて朝の4時から枕元に起こしにきたネコに「もうちょっと後で」と答えた自分の声に合わせて空気漏れのような音が右耳にだけついてくる。 空でカラスの鳴く声も、ずれた音程で遅れて右耳の中で空気漏れエ…