読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

めったに行かない六本木。

はるの実家、倉敷のtacozoさんに声かけていただいて今日は六本木歌舞伎千穐楽。EXシアター、ちょっと変わった構造だけど、スペースに余裕あるしシートもなかなかいい感じ。ただ普段歌舞伎やる劇場じゃないから、ホットドックとドリンクだけでお弁当が出てな…

今月は新橋。

歌舞伎座も国立劇場もおもしろそうだけど、今月は新橋演舞場だけ。次の休みに幕見だけでも、と実は思っていたんだけど、結局スケジュール調整つかずで断念。 さて今月の新橋は右團次さん、右近ちゃんの襲名披露公演。 昼夜通しなので3階B席。花道が見える側…

師走てれび三昧。

海老蔵さん「石川五右衛門」吉右衛門さん「鬼平犯科帳」と最終回続きの週末。TV鑑賞も忙しいのです。 「五右衛門」は茶々のキャラ設定がクラリスでなんか初回2時間スペシャルの途中で布団入って寝ちゃったものの、結局なんだかんだで最終回まで一応毎回観て…

けふもけふとて。

途中で月またぎとは言え週のアタマと終わりの2回芝居見物たぁどんなご身分でしょ。でも12月のフクオカ行の日程が、まだ確定せんとです。と言い訳しながら本日は十二月大歌舞伎初日。一部「あらしのよるに」と二部「風吹峠」「菅原伝授手習鑑 寺子屋」。 「あ…

初冬の三茶。

「エノケソ一代記」@世田谷パブリックシアター。歌舞伎座や新橋より気持ち見やすい3階席。戦後の浅草も、博多のちんけなクラブも実際には知らぬが、舞台の上の三谷さんだって猿之助さんだって吉田羊さんだって知らぬであろうはずなのに、なんなのよこの郷愁…

おなかぐだぐだ休暇。

別にあさイチの堺雅人さん生出演とか真田丸テーマの演奏見たいがためにわざわざ休み取ったりしたワケではないんだけど、結局それだけ見て終わったような今日1日。 11月の初雪とかどれだけ日頃の行いが?と思いたくなるような日にあたっていた健康診断のバリ…

労働と、余暇のささやかな愉しみと。

毎年この月のこれから下旬に向かってが繁忙期なのだけど、すでにかなり疲労蓄積気味。起きてカイシャ行って帰ってご飯食べて風呂入って寝るだけって、まぁふつーにサラリーマンなだけの暮らし。てか自分がほかのことしようとする気もしないというだけだから…

夏の片付け。

15か月ぶりの新橋演舞場。 初めての新派は澤瀉屋月之助→喜多村緑郎襲名披露公演。 夜の部「婦系図」を観てまいりました。「マカロニほうれん荘」のきんどーちゃんのあのギャグのネタ元はここだったのね…なんて小学生のときの記憶が蘇ったり。春猿さんや猿也…

地元化推進しつつ、でも今月もやっぱり歌舞伎座へGO。

ちょっと更新しない間に、8月が半分近く過ぎてった。 少々サイクル早めだけど髪を切りに。今のとこも通うこともう3回目。前回前下がりをやめて後ろも短くできるだけしてもらったところにラッセン降臨問題は分け目を若干ずらすことで解消。よって前回と同じに…

今月の歌舞伎座。

いつも以上に楽しうございました。猿之助丈や海老蔵さんがよいのは主役なんだから当然として、今回も猿弥さんや巳之助さんがまたよかった。右團次襲名を控えた右近さんの狂言回しは初めてだったけど、猿弥さんに負けてない。 今月のはできればもっかい行きた…

夏の木挽町通いその1。

今月の歌舞伎座は「義経千本桜」。『狐忠信』の四の切「川連法眼館」は去年の2月に初めての大阪遠征松竹座でも見た、とっても夢心地に楽しかった思い出の演目。 昨日はシゴトを午後休にして、三部構成のうちの二部『いがみの権太』と三部『狐忠信』を。 東銀…

春先木挽町。

浄瑠璃を読もう 作者: 橋本治 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2012/07 メディア: 単行本 購入: 3人 クリック: 21回 この商品を含むブログ (23件) を見る 義太夫を聴こう 作者: 橋本治 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2015/10/19 メディア: 単行本 …