さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

物見遊山。

お上り満喫。

そーだ、キョート行こ。とか。 CMにいくら唆されても正直おいそれとは行けない。 だけどもこの機会を逃したらまたさらにしばらくは遠のくような気がして、マイルの残りをすべて使い切って、思い切って来ちゃったキョート。 月イチで往復してるフクオカとは違…

予想外に新橋。

木曜、シフト調整で午後カイシャを出る。 京王で買いちょっと買い物した後、高島屋の上でゆっくりお昼。 デザートに桃のパフェまで注文したった。たまにはね。 この後行く先は、「八月新派公演 山村美紗サスペンス 京都都大路謎の花くらべ」@新橋演舞場。 …

レッツゴー日本橋。

昨日はほんとにどーでもいい動画をだらだら見て夜更かししてしまった。 時として訪れては長々と居座るこの、「なんにもしたくない」モード。できるだけ、早めに断ち切りたいところ。 だからと今日、急に思い立ってということではない。 前月から申請していた…

昭和30年代の赤毛のアンたちと「夜の蝶」を。

半世紀以上も前のこと、学生時代に上京したハハは「赤毛のアン」の続編よろしく学生寮を出て仲良し4人共同で下宿生活を始めたそうで、そのうちの一人が昨日一緒に歌舞伎見物行ったR子さん。さらに今日はもう一人T子さんも加わって、三越劇場で観劇同窓会。 …

ハハ接待。

福岡のハハがトウキョウへもしばらく行っていない、歌舞伎座も一度は行ってみたい、と言いだしたのは今年の春先。よく考えたら実は去年3月も来ていたんだけど。 ともあれ体力と懐の余力、出かけようという気力はあるうちにしか使えないのだから、後々未練の…

歌舞伎町で歌舞伎を。

「吉原炎上」、あらためてキョーレツな映画だった。眉のない女たちの生々しさ。 翌朝も「半七捕物帳」「早乙女千春の添乗報告書」となんでかBS名取裕子祭り。 午後、シンジュクに繰り出す。 歌舞伎町で歌舞伎を演ると聞けば、行かないわけにはまいりません。…

おかやま。

始発電車からバスで羽田の月例ルートだけど、今日は寄り道ルート。 福岡行の辺りだといつも騒々しいけど、こっちは落ち着いてていいな。 桃太郎空港からバスで岡山駅。 去年は集中豪雨で降りこめられるというあまりない体験をしたけれど、今年はいいお天気。…

昭和の名残の黄昏の。

朝。出かけるならワレを超えて行け、みたいに玄関に立ちはだかってるが。 散歩は明日の休みな、と言い残してシゴトへ。今日はちょっと、帰り寄るとこあるから遅くなるの。 このメンバーでシンジュクで、とあれば何を置いても行かなくちゃ。 それにしても、4…

出掛けるのメンドクサイという舌の根も乾かぬうち。

近所にちょっとした藤の名所があって、前々から甲州街道通過するたび一度はその季節に行ってみたいと横目に思っていたんだが。 今年たまたま藤祭りが休みにあたっていたけど、結局出かけない。昨日、おとといに引き続いて今日もなんだか肌寒くてちょっと気分…

忙中閑ありあれこれあり。

今月のシフトは担当のMOさん相当慌てて作成したようで、よく見ると今週月曜から土曜までの6連勤。さすがにそれはしんどいわ、という事で金曜に有休消化。 一番厚地のセーターとカーデガンを洗濯。 連休はひたすらセーターを順番に洗って終わりそう。 ミヤコ…

へーせーさいごの(棒読み)。

毎日帰りが22時から終電1本手前くらいの年度末越えが、4日間だけではすまずに間1日休みが入って、あと2日続いてようやくひと段落。 で、ようやく休みにたどり着いた今日もまた月例木挽町。 (これは三越) 今回もいつもの3階席だけど、珍しく3列目の通路側が…

アスパラの幸福。

カイシャいろいろあってぎりぎりまでシフト調整の結果、火曜の早帰りから水木休み。 休んだら休んだで手持ち作業の進捗が厳しくなるし、何よりこの週末部内全員出勤になって休日調整してるからヒトもいない。 早帰りを普通勤務に変更して残ろうかとも思った…

鼻づまり観劇。

先週2日続けてロードショー行ったりと調子こいたせいか、今週絶不調。季節柄の鼻炎だの結膜炎だのと風邪との中間でよたよたと。 そんなで残業せずに帰宅しても日記を更新する余裕もなく、そもそも記すべきことすらなく。 木曜はもう早引けしちゃおかなという…

週末定時退社万歳。

月初の全社朝礼でもあったけど、全社的に収支計画が崩れること甚だしく、よって残業極力避けるべし、とビッケ課長からお触れが出る3月1日。 ではさっそくお言葉通りに、とその日のレイトショーで行く『翔んで埼玉』。一応カゾクにも声をかけたが別に行きたく…

今月も木挽町。

『熊谷陣屋』も『名月八幡祭』も見たことある演目だし(実はどちらもそんなに好きな演目でもないし)、今月はパスしようかなと思ったものの、『八幡祭』の三代吉が玉三郎で三次が仁左衛門。結局来てしまいました。 先月もそうだったけど、苦手というかいつも…

豪遊デー。

それこそ新宿に住んでるうちに済ませたかった末廣亭デビューだが、なんとなく果たせないまま引越してから3年半。 正月初席一部の後半ナオユキさんが出演と聞きつけて、最終日の今日に休みを合わせて来てみれば、なんでか出番が急遽2部と交替になってて結局…

正月満喫。

朝起きて、予定通り雑煮の出汁取り直してから箱根駅伝。 ばばぁメンタルなもんで、大東文化ののっけからの転倒とか、そういうのつらい。だったら見なければよかろうという話だが。 そんなんどうだっていいじゃんよ家におるなら外行こってば。 と、今日も結構…

あいも変わらず。

今日もまたここ。 今月は夜の部だけだから午後から有楽町に出て映画も1本見ようかなんて思ってたんだけど、やっぱりなんだか気分がだるくて。 でもなんだかんだ玉三郎丈の「阿古屋」、圧巻の演技というか演奏というか。映像では前にも見たけど、3階席でもや…

恋する新橋、木挽町(例によってタイトルに偽りあり)。

とりいそぎ、記憶のよすがにちょっとだけ。 「犬神家の一族」@新橋演舞場。 「黒蜥蜴」に続き、雪之丞の毒に当てられに。中毒化、するのよあのヒトの世界は。 でも、実際に芝居の幕が下りてみれば、もちろん雪之丞さんは期待通りに毒婦なんだけど、それ以上…

久しぶりの、どっぷり歌舞伎。

久々に歌舞伎座。今年の芸術祭は十八代中村勘三郎追悼公演。 当初はやっぱり仁左衛門の助六の夜の部だけのつもりだったのだけど、発売日をだいぶ過ぎてからふと魔がさしてチケットサイトを覗いたら。夜の部と同じ日で3階に残り1席だ。これは昼も行くべしって…

八月は弥次喜多。

一応今年も行ってきた、歌舞伎座八月納涼歌舞伎二部の3年連続シリーズ東海道中膝栗毛。 何をやらせてもダメな弥次喜多コンビ(幸四郎・猿之助)、歌舞伎座の大道具の下働きにどうにか使ってもらって、という去年の設定から今年は高麗屋襲名大阪公演について…

カオスの朝、休日。

はっきりと邪険な態度を取り続けていたら終にせまむ氏、露骨に向こうから避けるようになる。入口ですれ違ったとき、挨拶したら無視された。 誰にでもやさしく、いつも穏やかに。できればそうしたかったけど、せまむさんへのホトケの顔なら4年も5年もすでにし…

明けていなかった、梅雨。

7月5日の空港飯@羽田。普段は早朝の便だから開いてない千疋屋が開いてる時間だったのでせっかくだし。 伊丹は結構な降り具合。幸いなんばでは止んでいたけど。 なにも毎回同じ場所で時間をつぶすこともないけど、ここは落ち着く。 なんばにきたってことはつ…

休み前日の与太。

和製〇〇、とか浪速の△△、とかそういうフレーズ使いたがるのも60代以上のような気がするし往々にしてイケてない表現だと思ってもいるのだけど。 でもナオユキさんにそんなフレーズをつけるなら、浪速のトム・ウェイツ、だろうか。 でもそれって江頭2:50を和…

遊びをせんとや古巣シンジュク。

今朝の居間。朝っぱらから扇風機全開。 最近金曜の朝はラジオ高崎のアプリで「ゴゼンサマ」を流す。5時45分からと自分にとっては弁当の支度が済んでるかすんでないかの微妙な時間帯なので、ついうっかり忘れる週も多くて、今日は前半30分くらいの聞き逃し。…

雨の日本橋。地下鉄で行くからあまり天気関係ないけど。

六月六日に雨ざーざー、で梅雨入り。例年より早いそうだけど、梅雨はさっさと来てくれて引き際よく7月あたまには空けるのが理想だと思ってるが、さて今年はどうだろう。 LIFE! 人生に捧げるコント series4 #21 梅雨入り坊や トーク 最近梅雨ってキーワードで…

5ヶ月連続だけど、今月で一応打ち止めの歌舞伎座。

ずっと咲かない芍薬。5年目だかに入って、 今年初めて蕾がここまでの大きさに。っていまこの時点でこの大きさでは結局咲かないかもだけど。 秋海棠増殖中。小さいのも夏過ぎて秋、育っていると嬉しいんだけど。 ベランダのはるたん。 おや、飛行機雲。 庭に…

しつこいようでもお掃除日和。

洗濯槽のカビ取り。割と最近1度やった気がするんだけど、結構たくさんカスが出る。 冷蔵庫のドアポケットやらガスレンジ下の扉に垂れてこびりついた何かを拭いたり、浄水器のコードや切り替えレバーにたまった汚れとか、より細かいところを。 靴も久しぶりに…

天気の良い日の劇場ごもり。

今月も今月とて。 昼の部「西郷と勝」はものすごい量の台詞劇に圧倒されて1/3ほど意識が飛んでた時間が。「裏表先代萩」も、なんか今回少しおもしろさがわかってきたような気がする。といいつつやっぱり1/3くらい肝心なところで意識が飛んでた時間が。 主君…

病み上がりだがおしゃれして。

治りがけこそ安静に、なんてどこへやら。3月最後は「愛の賛歌~エディット・ピアフ」@新国立劇場。美輪ちゃまの舞台となるとどうにも見送り難し。体調本調子でなかったとしても。 本当はぎりぎりまでその後サンシャイン劇場にハシゴで新派自主公演「怪人二…