さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

くうねるところにすむところ。

早くも正月休みは今日でおしまい。

今日も朝から台所。 作ろという事前の意気込みに対して実際料理に取りかかる時間の余裕というかキモチの余裕が欠けてるのは正月に限ったことではないんだが。 自己暗示で「掃除は趣味」などと言ってるけど(なのにどうしてこんなにいつも散らかっているのか…

ごちゃごちゃとこの年末も。

冷蔵庫の中にいつから居座っているのかわからないような瓶詰なんかの処分。いや、居座らせてたのは自分で可哀想なのは瓶詰たちだが。 1階のトイレも今日掃除。玄関もすのこをあげて埃を掃き出して、ついでに靴も磨いて靴箱にしまって。 昨日処方してもらっ…

結局お掃除3連休。

あくまでイブの夜の翌日のミサが本番で、ってことで、そちらも参加するつもりの今日までのお休みだったのに。 昨日でかけるときに気がついたのだが、カイシャの机の引き出しにサイフをおいてきたようで。 昨日の出費の分は貸してもらったけど、今日の外出は…

ととと、とんぴくれんでウィアーザワールドウィアーザチルドレン。

木曜の忘年会は、社長だけでなくて各支社の部長・課長も出張で集まっていたからその親睦会も兼ねてで、お店のグレードがいつもより上で会費も高かった分、料理おいしかったなぁ。 ところでここんとこ成績の上がらない某支社の某課長、毎日の激詰具合に近日メ…

ほとんどメモ書き。

今週のお題「今年中にやっておきたいこと」 そりゃ一通りの掃除をして年は越したいとは思ってるんだが、すでにいろいろ危うい。自業自得というやつですが。 靴も一度ちゃんと磨きたいと思いながらずいぶん長いコト経つ。 爪もまたのびてきた。でもサロンとか…

雑然あどべんと。

空港飯、んまんま。 ごま鯖が寒ければ、鯖飯ってのがあるということに、今日になって気づく。焼きなすだってこの季節ともなれば冷やしては出さないからそんなに寒くはなかった。 飛行機が30分も遅れてこれは空港から先の交通手段を新宿経由にしなくては間に…

怠け方修行。

珍しく寝坊して9時前。オットはとっくにどこぞに出かけていて、ジナンも学祭の片づけとやらでほどなくして出かけて行った。チョウナンはチョウナンで派遣(というか日雇い)のオシゴトで沿線の大学の学祭の片づけに午後から出ていく。 昨日夜ぱらぱらと降っ…

やすみ満喫。

雨上がりの休みの朝、何を置いてもまず庭に出て、近頃憑かれたように植え付けている苗の様子見。 ハツユキカズラはいまのところなんかいい感じに根付いている様子。 シロバナハギにツワブキ、花の終わってしまった桔梗も特に異常なし。 秋海棠は雨に打たれて…

リソウのセイカツ?

夏の終わりに居間と台所と模様替えが功を奏して例年になく掃除の捗る今年の秋。 ルンバ、というか拭掃除してくれるっていうブラーバほしいな、といまだにちらちら思ってみたり。思うだけで全くサイフに余裕はないんだけど。 そしてそろそろ掛布団を出したい…

外に洗濯モノを干す休みの幸福。

最繁忙日の9月末日の出勤。「ひよっこ」最終回見ることもなく8時すぎにはカイシャにいて働いた。 連日22時とか23時帰宅で朝しんどくて弁当作りはサボったけど、家の中はそこまでは散らからずに済んだし(あくまで当社比&個人の感想)、がんばったよワタシ…

全体像以前に方向性がまずまちがっていたという話。

夏の間雨ばかりだったせいかもしれないけれど、玄関枠の通路脇や物置の裏だけれなく、気がつけば庭の真ん中にまで小さなシダの芽が広がっている。 そう思ってあらためて眺めるに、どうもこの家は明るさの度合いはあれど、結局どこもかしこもが半日陰のような…

そしてまた中途半端に園芸熱。

列島の真上を移動していった台風だけど、ウチの辺りはそこまでの影響はなくてほぼ平常運行な日曜日。 このくらいの雨風ならと返却期限の図書館の本も返し、生協の宅配で不足の食材の買い出しにも出かける。 今日は朝方には雨も上がって、日が高くなるにつれ…

ようやく居間の模様替え。

気がつけば庭がまたとんでもないことに。ほんといい加減にどうにかせねば。 で、暑くならないうちにと朝出ようとすれば。 もれなくついてくる、ついて行かねば気が済まぬ。 もうただ草むしっているだけでぼったぼったと汗が雫になっておちてくるような暑さだ…

やるときはやってるのかやっぱやれてないのかもうどっちだっていいんだけど。

金土とお休み。オットとチョウナンという男手も2人ほど在宅というこの機をのがしてはと、しばらく前から懸案にしていた台所の模様替え。 この配置にすると ・トイレの入り口すぐ脇に食器棚がくる ・冷蔵後がやけに張り出して見える ・階段への扉が開けられ…

たいした進捗はなし。

とっておきの銀座 (文春文庫) 作者: 嵐山光三郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2009/12/04 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 19回 この商品を含むブログ (8件) を見る 「ただし、ぼくがあんまり高価な品を買わないのは、読んでいただければわかるは…

いろいろ滞り中。

この家も引越してきて、この週末でちょうど2年だったのだけど、いまだ全体にモノの収まりが落ち着かない。そしてチョウナン戻ってきて2ヶ月と半、いまだ職にも就かず荷物も片付いたんだか片付いてないんだか。 それは一旦置いといても、夏本番に入っても一…

またもや真夏日。

草取りにシーツや毛布の洗濯、買い物、ごはんの支度、アイロンがけ。繕い物2点。 ほんとはもう少ししっかり掃除もしたかったんだけど結局タイムアウト。5連勤の最後が通し番でしかもそのあとの休みが1日しかないというのはやっぱり厳しいのう。 そもそも処理…

そしてまた休みは雨でしかも肌寒。

こう気温差があるとちょっとつらいわぁとぐでぐで過ごす平日休み。 カイシャの日はなんだかほぼ毎日頭痛薬飲んでしまうけども、昨日今日のはキモチ的なものより気圧差のせいのよう。 シゴトの方は1歩進んだ?て気が一瞬しただけで結局2歩下がってたみたいな…

怒涛の園芸日和。

チョウナンが荷造りを半分も終わらせていないとか、ジナンも前々からその日は引越と知っててサークル仲間とカラオケ朝帰り(めったにそこまで野放図に遊んでくることはないのだけど、なんでかこの日に限って)とかいうことはあったものの、連休の初日にして…

断捨離ばうんど。

チョウナン、さいたまのアパート撤収。 思った以上にひどかった。本以外衣類も食器もまったく荷造り済んでないし、て言うか、食器のほとんどはここに引越してきて以来使った形跡なく埃かぶってた。 アパートの近所。ときどき上越や東北新幹線が通過するのが…

今日もおそうじ三昧。

ずっとアタマ重いし、キモチもしおしお気味なのが、今朝目が覚めたらすっきり。低気圧も過ぎていって、今日もシフト休でカイシャもないとなればそこは。 それにしても、どうしたってこうもシゴトが好きでないのか(爆)。 今週のお題「ゴールデンウィーク201…

芝居の余韻と庶民なお庭の続き。

細雪 (中) (新潮文庫) 作者: 谷崎潤一郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1955/11/01 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 13回 この商品を含むブログ (56件) を見る 細雪 (下) (新潮文庫) 作者: 谷崎潤一郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1955/11/01 メ…

春本番通りこして今日も夏日。

さいたまのチョウナンの引越準備がかなり不安で、当日になってひどいことにならないよう1度見に行っておこうかとも思ってた今日の休みだけど。今週末フクオカに持ってく経費の精算も済んでないし、まずこっちの家がまだ片付いた気が全然しない。日曜の休みも…

御復活の日。

朝5時に起きて6時の電車で四谷へ。7時の御復活ミサ。なんだかんだで結局元旦ミサ以来(!)でその前の諸々をすっとばして、だけれど、とにかく出ないよりはまし、ということで。 9時前には家に戻ってジナンと朝食。 そのあとコタツ布団のカバー、シーツの洗…

いちにち家シゴト。

ほんとうに久しぶりに晴れた休み。どこへも出かけないと決めて、起きるなり掃除モード全開。 コタツのシートと上掛けを洗う。コタツ布団のカバーはできれば来週のフクオカの前、遅くともチョウナンとその荷物が出戻ってくる前には済ませたい。 懸案の1階にも…

チョウフは今日も雨だった。

はるさんは今日も地球の平和を超極所的に2階のトイレの窓から見守ってをり。 4月も中旬となるのにおんもに出かけられず、はるさんも不満だろうが、ワタシとて一向に庭仕事に手がつけられず、早くもかなりの草ぼうぼう。 先月のインフル以来ずっと咳を引きず…

ナマケモノ上等。

(ほぼ)定時上がりした昨日、珍しくまだ日が暮れないうちに電車を降りて家に向かって歩いていたら、前を歩く女の子が、いかにも新年度新生活始めましたみたいな買い物荷物抱えて歩いてて。 いいなぁ。部屋をあんなふうにしたい、こんな雑貨置きたいって自分…

家の中が優先のはずといつも思うのだけど。

プレミアムフライデーて、やっぱり異次元世界な話な気がする。 相変わらず体調はぐだぐだのまま、追い込み残業で年度末を締める。…いや実はまだ締まっていないのかもだけど、一旦は区切りとむりやり思い込む。 でも今日になって、やっぱりひとつ年度内で済ま…

なんとなくユーウツなのは春だから?

天神の警固神社。桜ちらほらだけど、曇天に逆光でかろうじて花のおぼろげなシルエットしか映らなかったけど。 2週間前のインフルからどうも体調的にすっきりしない。春先なんてそんなもの、とも思うけど。 今月は1泊2日の日程でフクオカから帰ってきての翌…

不義理の彼岸過ぎ。

1月下旬の気温とか言ってたけどそんなに寒いとも感じない。やっぱりどこか、冬の空気は過ぎて行ってしまったような。本降りの雨空でさえ、なんか明るい気がする。 なんか明るくなったせいだからか、冬の怠けっぷりがいろいろ自分でも気になりだす。肌色具合…