さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

キモチよく怠けて暮らすには。

やりたいコト。

やらなくてはいけないコト。

やりたくないコト、というかいい加減自分にはもうムリなんじゃないかと思うコト。

いろいろアタマをぐるぐる巡りするばかりで、ちっとも先に進まない。進んでないけど日付だけはは否応なしに、とうとう9月。

いろいろ先送りにしてたコトのツケというか、そろそろお尻に火がつく季節。

火がついたところで一念発起でがんばる気力も体力も沸いてこない。やだなーメンドクサイなーって思いながらただうだうだ時間が流れるだけっていう、真性ナマケモノ体質。

そんなんでよくここまでやってこれたと思うよワレながら。

 

f:id:hx2:20190830231238j:plain そうは言ってもワタシだって、ここまでダメはダメなりに、がんばってきたんじゃないかと思うのよ、ねぇまちこさん?

「…。」

 

先送りと言えばヤマトの2回めのワクチン。先送りというより、先月連れてくるときはそういうコトの段取りがほぼアタマから抜けていた。

血液検査もしたけど、本来連れてくる前にフクオカでしてもらっとくべきだったし「ノミはたぶん大丈夫」というイトコの話そのままにそっちも特に対策もしてなかったってんで、3匹分の薬も処方してもらったりで、〆て3万円弱。持ち合わせ現金若干不足でカード支払い。

なんかこう、やることなすことザルのよう。いつものことではあるけれど。

 

f:id:hx2:20190831070915j:plain

なんだかんだよくつるんでる男衆。

 

 

半年空き家だったメゾネットの棟続きに、金曜どなたか入居された模様。

今朝ヤマトの病院に出ようとして玄関先で同年配位の男性と顔を合わせて簡単にご挨拶。ということはそんなに小さい子のいる家ではなさそうな。

こちらはオトナ4人とネコ3匹で騒々しくてスミマセン。なんて細かなことまでは一切まだ何も話してないけど、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

あと、庭が草ぼうぼうでスミマセン。

 

 

 

 

 

 

 



来月は再度のお掃除月間にしたい、という決意に届かない願望。

どうしたらもそっと気分よく暮らせるものかって、言うまでもなくまずは掃除しろだよウチの場合は。

ということで、今月最後の休みもいつも通りに洗濯モノ畳んだりアイロンかけたりで変わり映えなく過ごす。

通称1階のカオスの間も、ネコのケージを出すのに少しはマシになってたのが気がつけば元通りの這いよる混沌ってやつ。...来月またがんばろ。

 

午後から歯医者。今日は40分かけて、右下奥歯のスケーリング。オヤシラズの所には事前に麻酔打って、終わったら終わったであらかじめ抗生剤も入れとくっていう、これまでの歯医者ではまずなかったスケーリングだけでこれだけの用意周到さ。

こんだけ丁寧にやってると、そりゃ予約も月に2回しか取れなくて仕方ないかも。というか、自分の不規則シフトで予約が取りにくいってのがまずあるんだけど。次回は2週間後。

雨で足を延ばすのがちょっと億劫になった、というのもあるけど、耳鼻科の方はもうしばらく様子見することにして今日は行かない。

夜になったらやっぱり腫れてきた、オヤシラズ周り。

 

f:id:hx2:20190828154919j:plain

そういえばヤマトの2回めのワクチン行けてない。はるみさんも、もうそろそろだったっけ。

まちこさんの写真がなかなか撮れない。あのお嬢さんはカメラ向けるとそっぽ向くし逃げるし。べっぴんちゃんなのに。(親ばか)

 

 

 

 

騒々しい暮らしを静かに夏が過ぎてく日々。

遡り記録。

イモウト亡きあともイモウト婿ととサツキとメイ、土曜はハハの所に食事に来てくれている。去年春に短大を出たメイは就職で大分の方に配属になったからさすがにもう来ていないし、サツキメイパパも用事(主にツーリング)やなんかで2週か3週に1度というペースらしい。

残るサツキも今年1年遅れで正社員に就職したから、さすがにもう毎週ではないけれども、この日は1人で来てくれてて、メイの結婚騒動のその後というか前後詳細の話など。欠席のパパ笑っちゃうくらい以来元気ないらしい。彼氏も悪いヒトじゃなさそうなんだけど、何を急いでいるんだか?みたいな感じでサツキ的には不安要素だそうで、それはなるほど同意だわ。

サツキはだいたいいつも23時くらいまでいて帰るのだけど、夕飯の後しばらくしたらお腹の調子が超絶悪くなって、見送りもできず先に布団で気絶。面目なし。

 

その翌朝、いつもの帰りの便が機材調整で欠航になるのが前日のうちにスマホアプリのお知らせに来ていたので、1時間半くらい早い便に振り替えて帰る。

空港からの道も空いてるし、むしろいつも以上に快適だったのだけど、帰宅してみれば例によってそこらに積まれたままの洗濯モノの山、乾いてるのにまだ部屋に干しっぱなしのシーツ、ネコの毛埃。一気にテンションダダ下がり。台所から順に一通り片づけてちょっとヒルネというかふて寝というか。

どうしたらこう、もうちょっと清々しく暮らせるもんかね。

来月は、フクオカ行は1回休みの予定。

 

f:id:hx2:20190825204101j:plain
f:id:hx2:20190825204130j:plain

相変わらず騒々しい面々。主にクロチビめがオットリ兄貴にしつこくちょっかいをかけてストレスなのか、はるたんまた首の辺り少し禿げる。

ハルもこのくらいの頃はエネルギーが有り余ってて、何かとあれこれドリブルで転がして部屋の隅に追いやっていたけど、ヤマトの方はとにかく動くものすべてにタックルかましてくるタイプ。

どっかしらからいきなり足にとびかかってくるたび、ワタシの脳内に中川礼二が「ノーボール!」と笛吹きながら現れるんですけど。(正しくはノックオン、ってネタだったっけか)

笛と言えば耳鳴り、かなり治まってはいるんだけどやっぱりなんか調子悪い。

 

来月のシフトも確定。とは言え繁忙期だからまた後半はかなりシャッフルしそう。覚悟はしておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

耳鳴りリターンでもネコがいるから上機嫌。

昨日からフクオカ。
その前の日はまた支援業務でいつもと反対方向に出勤。黙々と作業に没頭できて好きなんだけど、この2回で支援は終了の予定。

その日の辺りからなんとなく、耳の調子はおかしかった。
今月の全日空寄席は志の輔さんなんで搭乗さっそくイヤホンつけるけど、調子の悪いのに当たっちゃったかな?と思っていたが、音質云々の前にいつもにも増して眠気がひどかったのでどっちにしても聞いていられず。

到着してから家業の関連のアポ他事務処理書類整理他、ハハの用事あれこれ。
夕食の後で、ハハの嫁入り道具の今は開かずの衣装箪笥から借り物物色。
即断捨離対象判定もなくはなかったけど全体的には状態悪くなく、数点をありがたく拝借することに。

で、この日はここで電池切れ。

翌朝夜中に目が覚めて、明らかにまた右耳が変。朝から耳なり笛も始まったので、一応近所の耳鼻科に。
f:id:hx2:20190824085749j:plain
f:id:hx2:20190824092046j:plain
耳鼻科玄関前のネコ。悠然とどかないその様子に、ここはよい耳鼻科であると判定。
ただ治療に関しては、結局こちらの耳鼻科では突発性難聴に関しては特にできることもなし、ということで、鼻から空気入れて耳抜きという、ちょっと痛くてつらいやつだけのんびり実施。
次の休みにまで症状が続くようならいつものチョウフの病院で診てもらうようにしよう。

f:id:hx2:20190824092320j:plain
商店街脇道のネコ。
f:id:hx2:20190824104557j:plain
商店街のネコ。
ここいらもなかなかのシャッター商店街なのだけど、ネコがちらほら歩いてるその様子によい商店街と判定。

f:id:hx2:20190824123412j:plainf:id:hx2:20190824123440j:plain
f:id:hx2:20190824124055j:plain
本家茶白三人衆。ヤマトの従姉妹のクロネコ女子&キジトラ小僧も元気にしているが、すばしこすぎて写真なし。まだ貰い手がつかずにいる。
昨日の借り物をチョウフに送る為のダンボールをもらって帰る。

ステキはそうそう甘くない。

f:id:hx2:20190820103318j:plain

「素敵なふたり」展@世田谷美術館。しばらく会ってなかったA子ちゃんに誘われて。

 

セタガヤはチョウフとは隣接してるし直線距離ではそう遠くなくても縦方向の移動はバスしかなくて、いざ行こうとするとなかなか億劫な場所だし、ポスターで展示のことは知ってはいてもさほど興味もなく、誘われたのでただ行ったモードだったのだが。

でも、これがまさにそれぞれにステキな二人の展示だった。

藤田桜さんの貼り絵はなにか懐かしく愛おしく、高橋秀さんの作品のどこか「細胞分裂」を想起させる曲線と、配色の粋と艶。こんな斬新な柄の帯あったら締めてみたい、とふと思ったり。

それぞれが全く別の世界で混じりあうこともなさげに、「素敵なふたり」なんて甘いタイトルをはじき飛ばすかのようにそれぞれが毅然と、いい。

 

脳梗塞のお母さんを5年くらい自宅介護ののちに見送って、4年前、50歳目前で電撃結婚したA子ちゃんだが、現在絶賛倦怠期というか、ご主人のことなにかと苛立ってしょうがなくて結婚についてもやや後悔気味にいろいろ考えてる様子。

他人と暮らすということは大変なこと。しかもお互い50代からの二人暮らしともなれば、歩み寄りも一朝一夕にはいかないだろうから、いろいろお察し申し上げる部分はあるけども。

でも結婚してみなくては分からないことってあるし、彼女はご主人と結婚すべくしてしたんじゃないかなって思う。少なくとも彼女についてはあのまま結婚しないで一人でいたよりは、たとえ今何かと不満があったとしても、結婚してみて絶対よかったんじゃないかとワタシは思う。

「何度も離婚を考えたって、桜さんも言ってたし、やっぱり夫婦ってそういうもんなのね。何十年も結婚してるヒトたちってすごいわやっぱり」とA子ちゃん。継続への信念や忍耐とかいうより、メンドクサくなってきっかけを逸してるだけの、そういう夫婦がほとんどではありそうな気もするけど。

相手が何をしていてもとりあえず過剰に構えないで自分は自分の好きなようにする。

言うのは簡単だけど、その域に行く着くまでは実はそう容易くはないよ、と、そんなことを考えさせられる本日の二人展。なんかちょっと、趣旨が違ってきてる気がしなくもないが。

 

ちなみにA子ちゃんも別にこの展示が観たかったワケでなく、ただセタビに来てみたかっただけだそうで。他に舘林美術館も候補にあげてきたど、そっちは以前に行ったことあって、この時期の炎天下駅からあの距離を歩くのは…とワタシの方で遠慮させてもらった。

 

f:id:hx2:20190817220851j:plain
f:id:hx2:20190817220908j:plain
f:id:hx2:20190818201129j:plain

寝姿3体。新しいスマホのカメラ、少なくとも黒猫は映りよく撮りやすくなった気がする。

 

チョウフな休日。

f:id:hx2:20190817071946j:plain ヤマブキって、お盆も過ぎる頃に咲くような花ではなかったと思うのだけど。梅雨寒の頃になんか勘違いして咲いちゃったのはまだわかるけど、以降もぽつぽつ咲いている。

一方、敷地角の白いサルスベリは今年も咲くには咲いているんだけど、例年ほど激しい満開な感じではなくて、高い枝の先の方で遠慮がちな咲き方。

 

今日のうちに髪を切ってもらおうとチョウフ裏通りのいつもの所まで。通りのあたりはまだ盆休み中の店ばかり。

当分まだ暑そうなので、後ろ短め。ようやくというかどうにか生えそろった今年の円形脱毛症の痕がまだ不揃いな前髪はこの先伸ばしたいけどどうしたもんかと相談して、揃える程度には切ってもらう。そういう具合に毛髪周りには何かと不具合の多い半生を送っているので、髪型に選択肢のあるヒトは羨ましいんですが。特に今回はいつもより回復が遅かったので、部分ウィッグもちょっと考えたくらい。

 

お昼、パルコの上で待ち合わせてカゾクで外食。もう最近は約束してても時間が合わなかったりで(主にジナンだが)、4人揃うのは年に何回あるかというくらい。

明日まででレストランフロアが改装休業というのは今日初めて知った。気に入ってた中華料理の「唐菜」が今日で閉店、11月になっても再開しないと知ってちょっと悲しいが、知らずに今日、最後に間に合って本当によかった。おいしかったのになー。

ちなみに先日一人で行った甲州街道沿いのアジタイ食堂とか、ああいうのはカゾクはいやがってつきあわない。おいしいのになー。

 

そのあとムスコらとワタシはスマホの機種変手続き。一度に3台だから当然のように時間かかって、午後はそれでおしまい。

スマホと冷蔵庫、優先順位はこれで正しかったのかってのもあるけれど、とりあえずこれで来週フクオカまでの途中でバッテリーが切れそうになるという事態は避けられる。バスも空港もWifiに切り替えてるのに、長距離移動中ってなんであんなにバッテリー食うものなのか。

電源落ちてしまったところで着いてから充電すればいいだけのことではあるけれど、そういう時に限ってなぜか連絡が必要になったりするもので。

 

夜、夕飯食べて、BSで寅さん見て。

今日もなんも片付かんかった、平常運行の土曜日。

 

 

 

 

 

 

 

じわじわ8月後半に向けて。

今日は他部署支援でいつもとは反対の方角に向かって出勤。

10年前の部署の同僚だったI氏が受付係。彼も解散以来ずっとそこの部署でいまは係長。久しぶりに会ったが元気そうで何より。

渡された作業着着て、1日無心で作業。3時に全員で体操とか、いろいろと新鮮な1日だった。

行きも帰りも電車が空いてるのがいい。

気がつけば結構日が短くなってて、18時半回ると結構暗いのね、っていまさらだけど。

来週もう1回1日行く予定。

 

f:id:hx2:20190815233113j:plain

 

明日は休み。まだ低気圧の影響の残りでアタマが重い。全然片付いてないんだけど、さっさと寝ちゃおかと。