さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

休みの日には穴を掘って。

...小説のタイトルみたいなフレーズをふと思いついてしまったけど、いや何のことはなく、庭に雑草や枯れ枝を埋める穴が先日のノアサガオの蔓の処分でそろそろいっぱいになってしまって、ようやく今日の休み新しい穴を掘り始めたってだけ。

雪でだめにしてしまったアロエ株の残骸もまだ1つ残っているし。

f:id:hx2:20180218092051j:plain 水仙の花はそろそと咲き終わりだけど、あとから一緒に挿した梅の枝がぽつぽつと開き始める。着実に近づく春が、嬉しいような、でもなんだか過ぎていく時間の早さに焦るような、今年もそんな季節。

お風呂場の和蘭、名護蘭たちも元気。f:id:hx2:20180215062750j:plain

蘭は買ってきたときには気づかなかった新しい蕾も育ってきたのを発見。うまく環境が合ったみたいでなかなか嬉しい。

 

金曜楽しみにしてた「アンナチュラル」はやっと家に着いたらもう終了、翌日土曜はさらに遅くなって日付変わる間際に夕飯という(ならもういっそ食べるなよって自分でも思いながらでも食べる)、今週はなかなかしんどかった1週間。しょっぱなに歌舞伎に行ったりしてるから文句も言えないけど。

 

羽生くんのゴールドな演技はやっと今朝のニュースで映像を見る。フィギュアの放映時間帯だけ結構シゴト落ち着いてたのが終わった頃からまた火を噴いたように忙しくてという「君の名は」現象を昨日は職場で経験した。ファンでなくとも今年のワンツーフィニッシュはなんだか悦ばしい気がするが、かなりガチのスケオタである同僚MOさんの昨日のテンションやいかに。

 

その後外連れてけ連れてゖ全身で訴えるネコとしばし庭と家の周りをぐるりと歩く。

そこここに春の気配は目に見えていても、今朝の風の冷たさはかなりキツい。真冬よりもむしろ寒く感じる。

ネコを先に中に戻してから木曜の生協で届いていたアジュガの苗を植えて、まだあとで注文するつもりが操作ミスで発注してもう届いてしまったノリウツギの苗も植え付け。コンポスト穴を掘り始める時分には、身体もだいぶ温まる。

一気にがんばりすぎると腰痛めそうなので、続きはまた次の休みに。

枯れるべきモノは枯れて、次は何がどれだけ生えてくるやら。自分で植えたモノも植えてないモノも毎年様相が違って飽きない庭。

ほんと、借家じゃなくてずっと住んでいられたらいいのにとも思うけど、思ってもそこは仕方がない。

どんなことも「このままでずっと」は基本ないことだと心得てはいるつもりだけども。

 

f:id:hx2:20180218161958j:plain

この1週間家の中も相当に滞らせていて、「芸者小春姐さん奮闘記」の放映時間ずっとアイロンがけ。2時間きっちりかかるほど溜めてしまったのは最近では久しぶりかも。

ちょっと気になる舞台公演、行くなら今日しかなかったのが一つあったけどさすがに諦めて正解。もう体力がついていかない。

家の中だってほんとはもっと掃除しなくちゃいけないところがまだ残ってるんだけど全然手が回らない。

ということで劇場には行けなんだが、「小春姐さん」の後は金曜見逃した「アンナチュラル」が今週がんばった(ホントか?)ご褒美のように再放送で小躍り。出演者の曲者感半端なくて好きだわこの番組。

 

f:id:hx2:20180218090623j:plain

明日のシゴトもまた厳しげだけど、できる限りに平常運行のココロガケ。

しかしこの状況、繁忙期すぎて4月には落ち着くのだろうか?

労働に勤しむ(つもりの)日々。

f:id:hx2:20180214055755j:plain

遅く帰ってきた日のお風呂は翌朝。まぁ翌朝が遅番出勤でなかったらその晩のうちにムリしてでも入るけど。

お湯キライのくせしてヒトが入ろうとするとお伴してくるネコ。蓋の上があったかくてキモチいいのかもだけど、お湯につかるのはもっとキモチいいんだけどなぁ。

そういう自分もどちらかと言えばカラスの行水のクチだけど。

 

f:id:hx2:20180214091926j:plain

台所のテーブル越しの陽射しがうれしい。

この後出勤じゃなければもっとうれしいんだけど、まず先立つもんが入らなくてはテーブル越しの陽射しがどうのこうのと悠長なこともいってられなくなる。

ネコのいる暮らしと、この借家を離れるのと、同時なのかどちらが先になるのかはわからない。でもそれは必ずいずれはくること。

それまでの日常の費えのためにも、おばちゃんがんばって働いてくるよ。

f:id:hx2:20180214232020j:plain

 

それにしてもカイシャでは日々エライヒトたちの檄があっちからこっちから飛んできてもう大変。

これまでだってずっとそうだったでしょって言えばそうなんだけど。勤め人としてはもはや将来への展望もなければキモチも体力も老いさらばえる一方で。

いまはチームにもリーダーにもすごく恵まれてるからやってられる、ただそれだけ。

 

早めに家を出た分、帰りはそこそこにするつもりが、結局「バイプレーヤーズ」今日も途中から。まぁ間に合っただけいいか。

大盛況なのはよいことなんだろうけど。

f:id:hx2:20180213154539j:plain

午後休で歌舞伎座。だってかろうじてこの日にしか席が取れなくて。しかもいつもの3階席でなく2階の1番後ろ。ただ、通路側というのはよかった。

 

 

3階席も後で結構戻りチケットが出ているという噂もあるけど、そのチケットに当月のシフトが合うかどうかってのはまず難しい。

仁左玉共演のおかげで、先月にもましての大盛況。ただ、茶の間のTVと劇場での観劇の区別がつけられないずっとしゃべりっぱなしのご婦人連やら、花道が見えないからって椅子から立って見ようとするヒトまでいたのがかなり残念。

場所わきまえず頭の中が駄々漏れするくらいに口の筋肉が緩くなったり、立ち上がっていい場所よくない場所の判断がつかなくなる前には劇場通いも卒業しよう、と自分の事として思ったけど、自分の場合はそれ以前に経済的理由で卒業せざるを得ないなたぶん。

f:id:hx2:20180213181655j:plain

草間彌生高麗屋三代襲名祝幕。なにを表現しているのかは凡人のワタシにはさっぱりだがインパクトだけは受け取った。

 

玉三郎のおかる、超絶キュート。そして仁左衛門さんってほんとに70代ですか?という頭のよくない感想だけ書き残して今日はもう寝る。

今日午後休取った分も明日はしっかり働かねば。

今週は最後の土曜を除けば明日以降はずっと遅番のシフトだから多少気がラクっちゃラクなんだけど、弁当作るので結局5時起きだし。

がんばる。

 

 

ぐうたら祝日。

今週は日曜を通しで出勤して、次の土曜がまた通し出勤。つまり「西郷どん」再放送も見られない。ま、別にいいんだけどねって思えるくらいの今年の大河期待度が、それはそれで心地いい。

 

今月から土日は全員通し体制+課長以上の役付きも交替で出勤。前日からの引継に目を通してもすぐには意味がよく分からないし、リアルタイムの数字の出し方も超絶複雑になり、もうオバチャンのアタマの容量をとっくに超えてしまっている。

そしてさらに言えば、生身のニンゲンは数字で計算したようには動いてくれないから、期待したようには数字も上がらんのですよ。

これ、いつまで続くんだろうね、って終業後同僚たちと力なくへらへらと笑い合う夜。優秀でこれからの彼らはきっとこれからもなんだかんだがんばっていくんだろうけど、そろそろワタシはこの辺が限度かなぁとココロのうちで思うけど、さていつどんな具合に線を引いたもんか。

 

翌朝は休み、思いがけず8時すぎまで寝過ごす。

あわてて燃えるゴミを集めて出して、昨日の夜がそのままの台所を片づけて、洗濯モノを片づけて、脱衣所の埃を少し掃除。

浴槽にもそこそこお湯(といってもすっかり冷めて水)が残っていたので洗濯機に水取して久しぶりにカビ取り剤投入。

1ヶ月に1度くらいに、もう少しこまめにやったらいいんだろうけど。

 

いや、やりましょうよ今年の目標こまめでいきましょうよ。週に1回トイレスタンプやって、月に1回洗濯槽と風呂釜洗浄やって、2月に1回浴室のカビ取りやって。

これ以上複雑なデータ集計とか限界だけど、そのくらいならなんとかなるんじゃないの?って気がしてきた、その今のキモチが覚めないうちに。

 

午後、「バイプレイヤーズ」の再放送。再放送するなら先週の水曜早く寝たのに…とか思いつつ、結局待ってる間うとうとしてしまって、結局先週相棒と重なって見逃した最初のトコロを今日も見逃したりで。何やってんだろうか。

ドラマ見ながらアイロンがけ。いつもの休日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あたまからっぽのどよう。

思ったより暖かい朝。

ダウンも羽織らず庭に出て、ノアサガオの蔓の残骸をネットから外す作業をようやく終える。あとは終わってしまったアロエの一鉢の片付けが残るのみ。

f:id:hx2:20180210090650j:plain

そろそろ冷えてきたと玄関のドア開けたらはるが待ち構えていて「おばちゃんばっかり!」と抗議してくるので、ダウン羽織ってまた外に出る。お隣が、気になりますか?

 

ハーネス抜けを完全にマスターしてしまったもんだから外に出たら絶対に目を離せない。庭仕事とネコ散歩はもう同時にはできない。

 

f:id:hx2:20180210090847j:plain

玄関に置いた水仙、長持ちしてる。先週チョウフのJAで300円で売ってた梅が枝も一緒に挿しとく。

ちょっと写真近すぎだけど、玄関の出窓周りにオットがやたらスプレー缶を置いてるの写したくなくって。ほんとどうにかしてほしい。

 

10時から来月歌舞伎座のチケット取り。意外に今回はまだ3階B席にも余裕あり。

3月はマチソワでなんて言ってたけど、結局夜の部だけにして、その代わり少し戻りのあった新橋の方を。一旦諦めたやつだし、一等席しかなかったりでかなり悩んだけども。

そんなに予定を突っ込んで大丈夫なのか3月、だけどもこういう馬鹿もできそうな時にやっとくもんよ。

 

ちょっとコタツでなんかしてると、すぐやってくる人間椅子愛好女子。

f:id:hx2:20180210092626j:plain

 

あれ、なんかにおうんだけど…ってお尻周りになんかついてないか調べようとおもったら「失礼ね!」て怒ってそのままあっちに行ってしまった。う●ちの匂いではなかったけど…んー、なんだったんだろ。

 

f:id:hx2:20180210185858j:plain

今日の夕飯、チリコンカルネぐっつぐつ。今日はひき肉でなく、牛筋で。

チリコンカルネって、こういう料理だったかどうかだけど気がつけばこういう形で我が家には定着してしまってる。

自分の場合何回か作るうちに自己流が嵩じてもはや原型から遠く離れてしまってるものが少なくない。

それにしても相変わらず鍋が汚いな。

f:id:hx2:20180210185904j:plain 付け合わせはスナップえんどう。をベーコンとバターでレンジでちんして塩コショウ。つい最近やってみて簡単なんで気に入ってまた作った。隣に映り込んだのはチリに使ったカイエン・ペッパー。

 

TV「本能寺ホテル」、製作段階の話とかいろいろあったやつ…というのは覚えてるけど、最近芝居も映画もTVドラマも、見るときはあんまりごちゃごちゃ考えない。脳みそがどんどん退化して、ごちゃごちゃ考える余裕もなくなってきた。

とりあえず初夏の京都の景色、特に夕方がほんとにいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い煩うヒマに遊ぼう宣言。

早朝からふと、アタマの中を流れてきた歌。

 

〽仲間はずれは誰もいやだし 人の違いもわかってながら
 思うがままに暮らせるわけもなく そして誰よりもすぐれていたと
 人の暮らしにケチをつける

 

所ジョージ氏の、『誰よりも僕を愛す』という歌のタイトルにたどり着くまでに今日1日を費やした。って1日そればっか考えて過ごしてたほどにはヒマではないから念のため。

中2の冬、ヒカシューのアルバム買うつもりで天神新天町の奥のレコードショップに出かけてったんだけど置いてなくて、でも”買うぞ”っていう気合い空回りで手ぶらで帰れずになんでか目についた所ジョージを代わりに手に取って。何考えてたんだというかきっと結局何も考えてない中2のワタシ。

 

なんで朝からそんな歌を急に思い出したかということはさておき。ふっと思い出した意味ありげで実はよくわからない歌の文句が、かなりしっくりと状況を表している気がする、ということもたまにあるもんだなぁと。

 

 

f:id:hx2:20180208212402j:plain

f:id:hx2:20180208212411j:plain

f:id:hx2:20180208212438j:plain

 

多少キモチのささくれるコトがあったとしても、そんなのに構ってる時間がもったいない。それこそ歌の節にでも乗せてふぃっとどこぞへ吹き払うべし。

 

そんなことより、ぼやぼやしてたら季節はどんどん過ぎていくんだもの。

冬のうちにしておくこと。半日がかりでシチューを煮込むとか、もっこもこに着膨れして散歩に出かけるとか、手あぶり火鉢で遊ぶとか。あれもこれも、この冬堪能しきったとはまだ言えない。

 

 

すゞしろ日記 参

すゞしろ日記 参

 

 昨日届いていたんだけど、なんだかんだ落ち着かず、今日の夕食後にやっと読了。

本業の作品の方の細密からはかなり離れた、俳画っぽいイラスト同様に気取り気負いなく読みやすくて洒脱な、手書きの字がまたいいんだなぁ。こんな字書けるようになりたいとかなり本気で思ってんだけど、何をどう練習すればいいんだろう。

などと考えてないで、コドモの頃だったら何はさておいても衝動に駆られるままに実際手を動かして真似てみた、その頃に戻って遊んでみたらいいだけの話。

そういう時間は取り戻さないと。

 

 




 

 

 

なんだかんだで春めく気はして。

これまで前居の過酷な環境のベランダ生活をモノともせず、元は一つだったのを何年も前に株分けしてあまつさえ花まで咲かせ、鉢もどんどん大きなモノに植え替わってもはや持て余し気味にまで大きく育ってしまっていたのだけど、この冬とうとう2つとも身罷った。乾いて半分以上枯れているように見えてもなんでか再生しちゃうのがアロエだけど、逆にこうもしんなりへたってしてしまってはさすがに。

言い訳めくけどご近所でも軒並みダメになってしまったアロエの株がそこかしこで浜辺に打ち上げられた海草みたいになってるのを見るにつけ、ほんとうに例年にない冷え込みだったんだなぁと。

いやまだ過去形にするにはまだ早い。たまに4月に入っても降る年は降るんだから。

 

日日草はさすがに枯れてしかるべき一年草で残っていた地上部の残骸も撤収。隣家のエアコンの室外機の風が直撃する場所だからどうかと思っていたけれど、割に合ってたのかも。

同じ並びに植えたナデシコやツルニチソウは花こそないけど健在。でも、こういうの植えつけたその次のシーズンが問題。料理と同じで、初めて作った出来に気をよくしてもっぺん作ったらなんかあれ?な味になることってワタシの場合多いのだけど、園芸に関してもそのパターンは多い。

このまま行くかに見えたセージもあの雪の後では一旦休眠。これもまた暖かくなったら芽が出てくれればいいんだけど。

ほかにも萩、秋海棠、シュウメイギク。また会いたいです、待ってるから。

 

意外にもしばらくは咲くこともなさそうだからと、葉の形と色具合だけ楽しめればくらいのつもりで植えたクリスマスローズの一株が蕾をつけた。

f:id:hx2:20180207130304j:plain

それにしても植えてないのに毎年勝手に生えてくるハナニラ、強い。

 

f:id:hx2:20180207055353j:plain

劣化してぼろぼろ崩れてきているし何かと埃が貯まりやすい籠を処分しようと空にしたらさっそく入居者が。…かわいいけど次のゴミの日には出すから。いや中身じゃなくて外側。

 

思うほどには家事捗らない。またここへ来て少し風邪っぽいというか、疲れやすくてやたらに眠い。

そういうときは頑張らないで眠気に任せて寝てられるだけ寝てるのはいつものことなんだけど。

夕方からちょっとだけがんばって、今日の夕飯の支度(残り野菜総動員の鍋スープ)と明日の夕飯の支度(肉じゃが)、弁当のおかず(かぼちゃの煮物)なんかをまとめて作る。

冷蔵庫にあまり長くモノを居座らせないよう、今年は少し気をつけているのだけど、それでもどうしても少しは使い切れなくて傷ませてしまったりがまだなくならない。

この後「相棒」見ながらまた山になったアイロン待ちの服を片づけようかと。「バイプレーヤーズ」まで起きていられるかどうかは甚だ疑問。