さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

いまは遠い海。

f:id:hx2:20190715062837j:plain …はるみです。

f:id:hx2:20190715125541j:plain
f:id:hx2:20190715125549j:plain

別に、ふてくされてるワケじゃなかとです。でも一応ね、ウチの警備を一任されてるこの僕の了承って常識としてそれが筋ってもんと思うとですよ。…って博多弁伝染って、なんかいらつくー。

 

f:id:hx2:20190715151458j:plain
f:id:hx2:20190715151506j:plain

そうたい…ってあたしまで博多弁あてるのやめりぃよ。…てだからぁ。いらつくー。

とまぁとにかく先住カップルご機嫌ななめ。

ただ、おかしいのがね。2匹ともしゃーって威嚇するんだけど、新入りの方でなく自分らが回れ右でその場を立ち去るっていう。実は小心者の、でかい2匹。新人の方威嚇されてもその場微動だにせず。

 

まぁ気長に慣らすしかない。

 

 

今週のお題「海」

先週はたいして残業してないけど、4連勤の最後の日曜が通し番の翌日フクオカ日帰りはさすがに疲労

ただ、こないだからの掃除への情熱の火を、ここで絶やしてはよくない、と、午前中いっぱいかけてジナンのアルバムを仕上げてしまう。

しかし保育園卒業して小学校に入ると愕然と極端に写真を嫌うようになったから数が激減、中学生以降は進級のクラス写真に修学旅行の写真くらいで数えるほど。

 

で、小さかった頃は一応せっせと年に1回くらいは海に連れてったことも、写真の整理しながら思い出したりで。

ムスコたち初めての海は、葛西臨海公園。泳ぐとこじゃないけど、もう孵化した亀の子かってくらい水際を狂喜して這ってたなぁ(まだ立てるようになる少し前だった)。

春に父が亡くなって、長めにフクオカに帰った初盆の夏は1人で2人抱えてフェリーで能古島にも連れて行った。体力的によくやれたなと振り返ると思ったり。

三浦海岸も何度も行った。ウチは車ないから電車で行けるところが基本。コドモがバイクの後ろに乗れるようになってからは、大洗にも行った。もはや海水浴ではなく、そこからまたフェリーで苫小牧行って、北海道ツーリングも何年か毎年続けたけど、その頃の写真はほぼ1枚もない。写真撮る余裕ないような、そんな旅というか時期。自分が好きだったのは道東ルートで、羅臼とか、行ける機会があるのならまた行きたい。

 

イモウトが乳がんの手術すんで落ち着いた頃、みんなで記念にとイモウトが言い出して車椅子の従兄弟も連れてハハとイモウト一家とウチとでハワイにも行った。それが一番遠出した海。英語を話すのが自分1人で、車椅子含む10人の食事場所を探すのに毎回かなり疲れた記憶ばかりだけど、あのときがほんとに最初で最後って機会だった。

 

それから5年くらいたっただろうか。祖母が亡くなった春先、法事ばっかりでなんだし急に出かけようかという話になってハハとイモウトや姪たち、ムスコたちと能古島まで出かけた。フェリーでハハがコドモの頃島にいた親戚を訪ねて毎年来たという話をしてた。その頃は辺り一面菜の花の時期。島の土産物屋で乾燥わかめを「これねぇちゃんお土産」とイモウトが渡してくれたみたいなどうでもいいことなんでか覚えてて。

その頃のイモウト、イヌの散歩ついでにポスティングのバイトして、ムスメ2人の習い事の送り迎えって、なんかヘンなもんキメてんじゃないかってくらい元気いっぱいにしてたんだけど(別にフツーに主婦ってそんなもんか?)、それから2ヶ月して肺に転移が見つかって、夏、姪2人の1学期の終業式を待つようにその夜亡くなった。その年はあっという間の春から夏だった。

当時中学生と小学生の姪2人ともウチのムスコたちとは違い、ちゃんと就職して元気いっぱいにしてて、いくつまでコドモと一緒に過ごすかどうかは関係ないという典型的な見本のようなことになっている。

カレンダーに「海の日」とあると、そろそと命日だなぁと思い出すんだけど、命日の日そのものをハハもワタシもちゃんと覚えていないっていう。イモウトも含め、そういうかなりいい加減さが強いDNA。

 

今となっては自分も周りも誰も海に行きたいとも言わないけど、それでもカゾクの記憶のあちこちに海があって、それなりには懐かしい。

 

これで残る写真の整理はオットとチョウナンの分だけど、この作業もさすがに飽きてきた。8月前半くらいを目途に、つらくならない範囲で(すでにちょっとつらい)ぼちぼち続ける。

 

 

 

 

 

 

 

山笠も見ず、日帰りフクオカ。

f:id:hx2:20190714131421j:plain あら、また来たと?

なんば持ってきたと? f:id:hx2:20190714130610j:plain

f:id:hx2:20190714131716j:plain
f:id:hx2:20190714131738j:plain

ところで風呂場の新入り、なんでこっちに来とーと?

f:id:hx2:20190714141753j:plain この子ば連れてくとね?どーぞどーぞ。

 

f:id:hx2:20190714190535j:plain

てなわけで、飛行機とバス乗り継いで。一匹増えた。

f:id:hx2:20190714195239j:plain
f:id:hx2:20190714195311j:plain

なんなん?聞いてませんけど?

 

先住2匹に負けずにやってけそうなマイペースな子を選んではるばるチョウフに迎えたが、じき馴染んでくれるといいけど。

 

でもまだあと4匹、行き場が決まらない風呂場チーム...。



 

ややノイローゼ気味なかようび。

今週のお題「わたしの好きな歌」


Apocalyptica - 'Seemann' feat. Nina Hagen (Official Video) (Rammstein Cover)

ラムシュタインのオリジナルの、アコースティックっぽい前奏部分とか特に、大好きなんですけどね。クラッシク+ニナ・ハーゲン。ただならぬ感半端なし。

ついでだから、もう1曲。


Under Pressure - Bowie and Lennox

あえてフレディじゃない方を持ってきてみた。でもボウイはボウイだし、割と元のまま。

他にもピクシーズの『Winterlong』(元:Niel Young』とかはPIXIESの曲って言われたらそう思っちゃいそうなくらいに馴染みすぎ。

あとカバーのセンスがダントツなのは何といってもUNCHAINじゃないでしょうか。

…しかし選ぶ曲選ぶ歌い手、どうしたって年代感出てしまう。最近どんなの皆さん聞いてらっしゃるやら、追ってく気力すらないという。

 

と、なんか話を尻切れトンボに日常に戻すが。

朝の5時前に起き出して台所片づけたりアイロンかけたりカオスの間はじめ諸所の掃除の続きしたり。予告通り網戸用のフェンスも設置。

掃除の聖霊でも降臨したかの勢いでこんだけ1日やってるのに、まだまだ終わりが見えてこないのは、普段が普段ってことなんだけど。こうしてたまに降臨してきても、片づけきる前に去ってっちゃうし。

20代30代と生きるコトに問題を抱えてた頃(いまだってそのまんま抱えてるけど)、家の中が片付きさえすれば半分くらい解決するんじゃないかとか根拠もなく思いこんでた。

さすがにこの年にもなればたとえ家の中がキレイでも問題あるヒトは問題あることくらいは気づく。いつか思いと努力が実って散らかっていない状態を一瞬でも達成する日が訪れたとしても、別に自分の存在のダメさがなにかしら変わるということはないのだ。

それでもやっぱり片づけたい。もはや憧れというより悲願の域。片付いた部屋、それはワタシのガンダーラ。生きることの苦しみさえ消えるというよ?

もはや宗教観むちゃくちゃというか、書いてて自分でもだんだん何言ってんだかわかんなくなってくる。

f:id:hx2:20190709184343j:plain 「おやつ出してさっさと寝たらいいと思う」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネコ、そして引き続き掃除の日々。

昨日ネコのおっちょこちょいな方(オレンジ色したでかいのね)がすごい勢いで台所から網戸のネコドアくぐってそのままぽーんとベランダの柵に飛び乗る気配がしたんだが。

調子にのっていつかやるのではと思ってたけど、とうとう。いつもは柵の手すりにうまいコト乗れてたのが雨水で滑ったか、下の庭に落ちた様子。

慌てて後を追ってベランダから下を見ても姿がない。

懐中電灯手に取って探しに行こうとしたら、玄関のすぐ前でしょぼぼーんとした風情で鎮座していた。開けたドアの隙間からそのまますごすごと大人しく自分から中へと入る。さすがにネコなりにきまり悪かったかショックだったのか。

落下したであろうちょうどその辺りはいまヒメツルソバが伸びるに任せて手入れもせずにいたのが多少はクッションになって大事なかったのかも。

 

なんにしてもベランダの柵対策も、もう少し強化しないと。

ちなみに先月、そこまではおっちょこちょいでない(と思ってた)牛柄お嬢の方がどうも先導して1階寝室というか布団部屋の、張り替えたばかりの網戸を抜いて庭へ出るというろくでもない技を覚え、2回ほど勝手に外に出るという真似をしでかしたものだから、楽天で注文した網戸ガード用のフェンスがこの日届いたのを明日の休みに取り付けようとしてたところ。

 

カオス部屋についての闘いは継続中。

ネコの粗相も匂うから、床に積んだ塚本気でなんとかしろと再三にわたってオットに訴えるも、オット、ネコに向かって「なんでトイレじゃないとこにするか」って、いや、確かにネコの粗相は困るんだけど、それ以前に粗相されてもおいそれと片づけられないような状態にまでありとあらゆるモノを床の上に無秩序に積み上げているのはヒトの行いとしてどうなのか、というトコロをワタシは言いたいんだが。

ネコに責任転嫁しようが聞こえないふりしようがしつこくしつこく言い続けた甲斐もあってか、昨日遅番から帰ってきた時点ではだいぶ床面が見えてきていた。とは言え、とてもじゃないけど片付いたと言える状態にはほど遠い。そもそも靴脱いで上がる家の床がこんなに汚いというのはどういうことか。賃貸なのに。

このブログ、決して大家さんの目に触れてはいけないとあらためて思う。

f:id:hx2:20190708194335j:plain 今日は1時間ちょっと残業。ネット注文到着まではやや間があるのでアルバム台紙の店舗在庫を求めて西武新宿の方まで回った戻り。相変わらずのごみごみ人混み。中央のおっさん通りすがりの知らんヒト。

こちらは昨日の都庁近くの地下道。日曜でがらんがらん。 f:id:hx2:20190707160259j:plain

またそろそろ通勤定期の更新の時期。更新しない準備は、残念ながら今年もまだできていない。

 




 

 

 

 

 

 

遅々として進まなくとも。

f:id:hx2:20190706101819j:plain 去年庭があんまり白い花ばかりになっているのに自分のメンタリティーが不安になって、とりあえず白くないのを植えた槿。光の加減で白く見えるけど、青花です。

f:id:hx2:20190705100654j:plain
f:id:hx2:20190705100709j:plain
f:id:hx2:20190706105234j:plain

地面が濡れてない朝。久しぶりの外だけど、今日はご近所の外ネコさん方には会えず。いい加減草刈りもせねばなんだが。

 

このあと昼ごはんも食べずにこれまた4年間手つかずだった写真の整理。

ビニール製のファイルに適当に入れて溢れさせてた、そのファイルをずっと台所の食器棚の上に置いていたら油と埃でえらいことになってしまって、引越す時に中味を全部出して、とにかくなんでも捨てることに病的抵抗を示すオットとケンカしながらかなりの量を処分。

で、引越してその後ずっと手つかずのモノのうちの1つがこれ。

 

一応時系列の束で紙封筒に放り込んだままだったのを、昨日までにムスコ1、2、オット、自分の分に分けていくまでしたので、そのうち一番手をつけやすそうなジナンとワタシの分をそれぞれさらに詳細の時系列に並べ直して、ずいぶん前に用意だけしておいたアルバムの台紙に貼っていく。

あんまり集中しすぎて昼を食べるのを忘れただけならまだしも、夕方近くの歯医者の予約まで忘れてしまった。

そんなふうに半日がかりで、一番量が少ないはずの自分の写真でさえまだ半分くらい残った状態で追加のアルバムが必要になってしまって今日はここまで。

でもこれでだいぶ目途がついてきた。ネットでまとめ買い注文した追加が届けば(廃番になってなくてよかった、というかどうもこの在庫量は近々廃番になりそうな気配)、このあと少しずつでも作業が進められる。

 

 

それにしても、コドモというのはなんでカメラ向けると脊髄反射ピースサインあるいはウルトラマンのポーズを取るものなのか。

そして、家の中で映した写真の背景が、どれもおそろしい散らかりよう。どうしてこの状態で平気だったやら。よくこんな状態の家に来ては何も言わずにただにこにこ孫の顔みて帰るシュウトシュウトメの度量に今更ながら頭が下がる。

さらに父や祖母、妹、春菊ちゃんと鬼籍入りした面々の在りし日の元気そうな姿。いまさらながら、みんなもういないんだな、とか。

なにより過去の自分、自分で思ってた以上になんだかんだ楽しげに映ってたのがなんか一番意外だった。

 

 

さて現時点のカオスの間のジャンク塚、の写真を上げようかと一瞬考えて、やっぱり自重。お目汚しにもほどがあり。

ネコの粗相の飛沫でも残ってるのか、アンモニア臭すらそこはかとなく漂うようで、もう全部まとめて処分してしまいたい。

が、完全に粗相されてるニオイのきつい紙類1袋を処分したらしたで、さっそくチョウナン不服げ。

それでも渋々遅々としているが片づける姿勢は見せているチョウナンはともかく、オットの方は「下の階」と言うと返事しないわ、それまでずっとだらだらスマホ見てたくせに急に外へ出かけてくわで、もうそこまで触りたくないくらいなら、それこそなんで取っておく必要があるのか。

 

 



 

 

どうにかしたいと言いつつ今日も流される文月。

f:id:hx2:20190704190413j:plain
f:id:hx2:20190704190511j:plain

雨続きでもお嬢の方はまだいいのだけど。

f:id:hx2:20190702195731j:plain
f:id:hx2:20190704073855j:plain

散歩に久しく出してもらえないこちらさんはかなりふてくされ気味。

 

で、ワタクシは、引き続き掃除週間。

1階の通称カオスの間は、1週間や2週間でどうにかなるようなレベルではないのだけど、それでもこの2週間である程度の結果をコミットしとるけんね。

結果をコミット、結果にコミット、あれ、どっちの使い方が本来正しいんだろ。とりあえずどうだっていいが。

 

来週処分する予定のデスク周りを片づけていて、すぐ脇のキャビネットが実は裏板にケーブル用の穴があって、ごちゃつくホームゲートウェイWifiルーターはその中に収納できたということに、今になって初めて気づくマヌケっぷり。しかもそこ、ずっと他になにも入れてなくて空のまんまだったっていう。

で、それまで使っていたルーター用の収納ボックスは2階に持って上がって、TVの下で埃まみれにうねっていたケーブル類を中に入れたら、あらすっきり。すてき。

 

引越してきてから4年。ほんとね、ほんと何やってたんだろ、ワタシ。

いや4年どころか半世紀の人生何やってたんだろって感じだわすべてにおいて。

それでもあのままシンジュクに固執せず、ここへ越してきた決断そのものはすごく正解だったと思う。何より念願のネコと一緒。

だから、なにやってたんだかよくわかんない人生でも、それはそれでいいんじゃないかとか、自分で自分を慰めながら、さらに埃を掃き集め。一体どれだけ沸いて出るやら。

 

今日午後休。ちょっと周りの目が痛い気もしたけれど、それでも鋼鉄の意志と面の皮をでPCシャットダウンしてカイシャ脱出。

ちょっと用事もあったからチョウフまで出て、前々から気になっていたけどなかなかタイミングの合わなかったアジア料理食堂まで行ってみる。

f:id:hx2:20190704131615j:plain

今日のランチのカオマンガイ。鶏肉生っぽく見えるけど写真の腕がよくないだけ。シンジュクでたまに行くタイ飯屋より薬味が効いてて、こっちはこっちでおいしかった。

でも転職してこの辺でシゴトするとかでもない限り、ここらでランチするようなシチュエーションはそうそうない。多分そんなには通えなさそう。

通り道、パルコにかわいいTシャツ屋さんが出てたので、8月に渡そうと、ワカバヤシさんちのお子さんたちにTシャツ1枚ずつ買う。

さらに成城石井でミントティー買ってから最寄駅まで戻って、耳鼻科行ってまた3週間分薬の処方。なんにもなければそれで一旦治療終了。

 

帰宅して、引き続きカオスの間のジャンク塚崩し。

 

50代になったらムスコらは自活している前提でうっちゃって、ついでにオットもうっちゃって、バックパッカーになりたい、なんてあほなことを40代までの前半くらいまでは考えていた。どっからどう見ても現実逃避以外の何物でもなかったが。

で、40代の後半ちょっとした持病+不具合を経て実際50代に突入してみたら、ムスコら全然自活してないし。というか1人はもう将来的にも自活する見込みもなさげだし。

それより何より、自分自身がもう旅に出たいとかあまり思わなくなってした。行きたくないというワケではなく、いまでもそこはかとなくあそこにも、ここにも行ってはみたいと思う。でもそれよりも、「できれば家ですごしたい」キモチの方が、いつの間にか勝ってしまってるのは家にネコがいるようになったからだからか。

 

大学の時の友人の故・春菊ちゃんの夫君豆氏からお中元がきて、お礼ついでにメールにそれとなく「仔猫いりませんか」を匂わせてみたんだけど、返事は自分とこのネコの話(前にも聞いた)と5年前亡くなった最愛の妻(つまり春菊ちゃん)の話だけしてスルーだった。まだお骨をお墓に納める気になれなくてお家に置いてるんだそうだが、そういうのあなたとしてはどうなの春菊ちゃん?と聞けるもんならちょっと聞いてみたい。ま、夫婦のことって傍からはよくわかんないもんだし豆氏の好きにすりゃええだけの話だが。

福岡の庭ネコの件、現時点知り合い4人ほど声かけたけどなかなか芳しい返事とならず。

それにしても自分も人脈狭少というか友達少ないというか別に言い換えてみる意味も特にないというか。

取り急ぎうちも手配がまだだった豆氏宅とオットの実家とハハ宛たった3件だけのお中元の手配をようやく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急遽決定お掃除月間。

月曜火曜と早めの帰宅で、少しは掃除にも手をつける。

にもかかわらず。

なんでこう、あっちもこっちもざらついているのか。

むしろなまじ少しだけ掃除したりするから、ざらつきが気になるのか。

 

ずっとカオスと化したままの1階の一部屋をどうしてもこの2週間で片づける。そうカゾクにも宣言するも(カゾク全員のジャンクがそこに集積しているので)、現時点、一向に進捗見えず。

やったのは粗大ごみの申し込みだけ。

カイシャなんか行かないで、今週家で掃除に集中して暮らせたらいいのに、というワケにも行かないが、今週そんなに忙しくもないので何食わぬ顔で木曜日に午後休を後出し申請してくる。