さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

手回り品_2017。

今週のお題「カバンの中身」

 

f:id:hx2:20170820063427j:plain 現在の通勤鞄。

定価だとかなり気合い入れないと買えないトコのサンプル品とやらをヤフオクで入手して半年ほど使ってるけど、たった半年でいい色の飴色に育ってしまう。飴色化するのは願ったりかなったりではあるのだけど、日々持ち歩いてるだけでワタシそこまで油分を鞄に与えてるのだろうかと思うとちょっと複雑。

本体は見た目よりも驚くほど軽い素材で、マチも意外にあるので1~2泊くらいならこれだけでこなせるし、電車の網棚にも立てても安定。なかなかいい買い物だったかも。

   

中身。財布、定期、鍵 f:id:hx2:20170820063932j:plain

A5クリアフォルダ、折畳傘、文庫本(いまは永井荷風ふらんす物語」)、買い物袋、手ぬぐい(夏のみ)、ポーチ(頭痛薬と、朝飲み忘れて家を出たときのためのディナゲスト、リップスティックなんか)、手帖、ペンケース(フリクションペン3色+消えないボールペン1本)。

これに水筒(頭痛対策のミントティー)と、弁当箱なんかが入る。実は土用の丑以来なんだかココロが折れてというか怠けグセついちゃって弁当はここんとこ作っていないのだけど、もうそろそろ再開しないと財布事情が逼迫してきた。

スマホで撮影してるのでそれは映っていない。社員証(入館証)もあるけどこれはさすがに映せない。

この写真だけでも場合によっては身バレしかねないけど、例えばカゾクやカイシャのヒトに読まれて困るようなことは別に…いや、そこそこあるかな。まぁいいや。

 

手帖と文庫本、下手すると財布もスマホあれば持ち歩かなくていいのだろうけど、そこは自分も昭和人なんでなかなか。

 

 

 

なにしてるんだかの休日。

うっかり二度寝で7時半。慌ててばたばたとゴミ出し。冷蔵庫の中のタッパーのうち、もう処分するつもりの食べ残しを2つほど捨てそびれたのにあとで気づいてがっかり。

 

8時15分からテレ東にて「奇皇后」。

少年漫画なら前回の敵だった相手と今度は仲間になって共にさらに巨大な敵に立ち向かう、となるところがこのドラマについてはそこまで利害が一致して味方としてやってきたはずが今度は敵になってもう喰うか喰われるか。ほんとにちょっと間が空くといまこのヒト敵だっけ味方だっけ、となってしまう。

今日は主人公キ・ヤンの目下の対抗勢力・皇太后が皇太子にと押すマハ王子(処刑された前皇后タナシルリの産んだ王子ということになっているけど実はワン・ユとキ・ヤンの間の生き別れの息子)の暗殺に賊(皇后タナシルリにそそのかされたヨム・ビョンス)が押し入ってきたところから。

 

先週だか先々週だか見てないうちに宿敵ヨンチョルやその娘のタナシルリがやっつけられていなくなっていたが、現皇后となったバヤンフトの腹黒さったらタナシルリが霞むくらいのどす黒さ。

その彼女もとうとう今日の回で王子暗殺の首謀だったのがバレて廃位に。両脇から引っ立てていくのが宦官(だいたいおっさんの役者さんが演じている)ではなくて、アイドル系っぽい役者さん演じる長髪の近衛兵(?)だったのはせめてだろうか。

 

とにかくオトコもオンナも大物も小物もいちいちどろどろ欲望まみれで人間臭いったらない。

小物代表ヨム・ビョンス(なんだか獅童さんを上下にぐっと押し縮めてやや油こくしたみたいな顔)にしても、自分がしてきたことは全く棚上げで自分がされた(と思った/と吹き込まれた)ことには瞬間湯沸かし器のように反応するのもリアルにチンピラ臭。

そして突厥の方の出身という設定のヨンビスさん。顔だちにしてもヘアスタイル、メイクにしても設定のエキゾチックさがよりはむしろ80年代の日本のスケ番にいそうな雰囲気(失礼)なんだが、今日の回で追手のタンギセ将軍(この人は死んでなかったのね)の矢を何本も受けて、慕い続けたワン・ユさまの腕の中で本望ですみたいなこと長々言いながら絶命。昨日も中に隠れていた樽に向けて射た茶髪タルタルの矢も命中してたのを、ここまでずいぶんがんばった。

 

 

明日も遅番なので初めて3回連続で視聴できる。うれしいな。でもDVDやネットでまで見ようとまではしないところが自分でもなんだけど。

観てない人にはなにをややこしい話を長々と。観ている人には2年前にBSで放送されたやつを何をいまさら、な話。もっぱら自らの備忘用に。

 

 

TVが終わったら掃除の続き。

居間の模様替えはちょっと後回しにして、1階のクローゼットを先にやっつけることにする。

ずっと保留にしてたけど着ていない(やせないと着られない)服を積んどいたのを思い切って処分。

ついでにもう何年も来ていない水着も一緒に処分する。こちらは着られない、というよりカラダが入らない、と表現した方が正しい。

ここ5年で毎年2㎏ずつ、で26年前のチョウナンの臨月の頃の体重に届きつつある。いい加減にどげんかせんとなのだが、さしあたり何もしていない。何もする気がしない。してどうにかなる気もしない。

 

ここしばらくは気温が30度足らずというか25度切るとか信じがたいお天気が続くけど、蒸し暑い日でもネコたちクローゼットの奥に潜り込んでその積んどいた服の上でヒルネするので、どれもネコ毛まみれ。

そして毎朝の服の出し入れが面倒だからと開けっ放しにしてた戸も、ちゃんと締めるように。

ますますお気に入りの場所から締め出されてハルさんが不服そうだけど、毛だらけの服でシゴト行くわけにもいかんというニンゲンの都合もわかってほしい。

f:id:hx2:20170817123926j:plain

せめてものツミホロボシ…ではないけど、久しぶりに降っていないのでちょっと玄関先散策。

f:id:hx2:20170817124652j:plain

なにが楽しいのかよく分からないけど、とってもご機嫌のようす。

f:id:hx2:20170817133151j:plain

問題はこちらのお留守番の拗ねてるお嬢さん。玄関を出ようとすると後ろから覗き込む視線を感じて、振り返ると「アタシ外なんか行きたくないもん。行きたくなんかないんだもん」と慌てて毛繕いなどして知らん顔を取り繕い、「マチも来る?」と声かけて手をさしのべようものなら「いやだもん!」と逃げていく。どうしてそう素直になれないのかメンドクサい系女子め。

ハルちゃんの散歩終了後、しばらく撫でて機嫌とり。

 

ケーブルTVのサービスセンターとも連絡取って、これでどうにかうまくいくか…どうかはまだよくわからない。来週実家に再度工事の人が来てくれるらしいので、そのあとイモウトムコさんか従兄弟に接続の切り替え設定頼んでみるようハハに伝える。

「どうやって切り替えるの?」っておかあさん、いまワタシが電話口で説明してそれをあなたがヒトに伝えられるくらいなら、誰か呼んで頼むまでもなく自分でやれるでしょうに。

 

それはそうと、8月に入って雨ばかりで庭仕事も手をつけずにいたら、いつのまにかすっかり一面の雑草が鬱蒼と。

一番凶悪なのがグリーンガーデンに植えた西洋朝顔で、花はひとつもつけずに蔓ばかりがネットだけでは飽き足らないとばかりに四方へ蔓を伸ばしてお隣の庭(一切何も植えない派らしく、除草剤を撒いている)まで浸食を始めている。

去年のデジャヴというか、去年よりひどいでしょこれ。来年からはアサガオ系はもうよそうと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変わり映えのない日常。

遅番の日の朝。

すっかり話を見失った感の「奇皇后」、タルタルがますますまさつぐ。って何言ってんのか自分でもよくわかんないけど。相変わらず髪が茶色すぎ。

今月後半は遅番がやや多めになるので、先週先々週よりは観られそう。

番組の間にアイロンかけて、TVが終わったら2階の掃除も少し。

f:id:hx2:20170816101504j:plain

模様替えした台所。

f:id:hx2:20170816101434j:plain

食器棚側から見るとこんな感じ。写真に撮ると、角のごちゃつきようも晒されちゃう。

f:id:hx2:20170816101538j:plain

居間に入っていきなりねこふんしが2つ、というのは解消させたけど、やっぱり視界のどこかには。でもこれ以上はもう仕方ないと諦めている。

 

そして明日の休みこそ、冷蔵庫の中の萎びたアレや液状化しつつある(!)ソレをなんとかせねば。

あとソファの位置もそろそろ変えないと、裏がネコの毛ですごいことになっていそう。

ラグも、柄はそこそこ気に入っているのだけど、毛足はないのにどうにもこうにもネコの毛埃が絡みやすい材質だったようで、忙しくて毛玉が溜まり始めるといらいらしてしまう。いっそ処分してしまいたい気が。

 

さめざめとこれが8月かと思うような陰気くさい雨の中出勤。

本日のシゴト場の会話の備忘。

「署名に@入れるのって、シゴトできんやつのしるし…ってビッケさんが言ってた。いや、ヤエちゃんが言ってたって、ビッケさんが言ってた」

「じゃぁ私、☆入れちゃおかな」

「うん、入れとき。☆ひろ、にしとき」

…おねぇさん方もうお疲れのようだから、もう切り上げて早くお帰り。

ウチのカイシャではめずらしく寿退社(しかも噂では玉の輿)したヤエちゃん、元気にしてるだろうか。元気でない彼女を想像する方が難しいくらいのヒトだったから、たぶん元気でしょうけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やるときはやってるのかやっぱやれてないのかもうどっちだっていいんだけど。

金土とお休み。オットとチョウナンという男手も2人ほど在宅というこの機をのがしてはと、しばらく前から懸案にしていた台所の模様替え。

この配置にすると

 

・トイレの入り口すぐ脇に食器棚がくる

・冷蔵後がやけに張り出して見える

・階段への扉が開けられなくなる

という点はあるのだけど、階段への扉の開閉問題については別にそこを使わなくてもすぐ横の居間から台所への引戸に抜ければなんら問題はなく、あとの2点はこの際気にしないことに。

そしたらなんてテーブル周りの動線がラクになったことか。食器棚やシンク下のモノの出し入れも全然ラク。お掃除すら捗りそう。

どうして引越してきたときにこうしておかなかったか。その後2年間そんな使いづらい状態を続けてきたか、不思議なくらい。

ただし、冷蔵庫の隣にあった小棚が離れてしまって、てっぺんに飛び乗れなくなってしまったハル先生はかなり不満気。

f:id:hx2:20170815205319j:plain 「本棚の上だって、ずいぶん狭くなったってのに…」

 

その勢いで続けて居間も…と思ったものの、大物家具の移動と、食器棚の中身をすべて出して文字通り棚卸して多少断捨離して、というところで力尽きて居間は手つかず。それどころか冷蔵庫の中の整理も生ごみの日の直前に、と思ってそのまま実はまだやってない。

居間は来週末あたり、うまくいけば。

2階はそれで8月中である程度の片をつけるとして、まだ残る1階。チョウナンが戻ってくる前の春の掃除週間の頃には「これであと、写真の整理が終われば一通り」なんて言ってたのに、またそこからいろいろひどいことになっている。

この辺は9月にはなんとかしないと、次10月11月となんだかまた慌ただしくなりそうな気配。ってまたそっちの煩悩系の話は次の機会にでも。

 

8月中といえば。おととい日曜の「直虎」ではまさつぐが、もう死亡フラグ立てまくりでこれ以上は立錐の余地も残さないほど…というほどではなかったかもだけど、とにかく全力でおそらく来週の退場に向けてのクライマックス。

次の月曜まさつぐロスで切なくてシゴトになんなかったらどうしよう。とか、くだらなすぎる心配を今からしているが、おそらく終わってしまえばケロっとしている薄情極まる視聴者だわきっとワタシ。

 

そんなことより先週自分史上一番恵まれてるんじゃないか、なんて言ってたシゴトがまたちょっと些細につらいことあったり、で、だとしてもやっぱり自分史上いまが一番シゴトに関しては恵まれてるのは確かで。

そうやって結局は煩悩ONLYな平常運行で8月後半へ。

 

 

 

 

毒出した量浴びた量。

2月末で異動していったヒラミさん仕切りの女子会。

という日に限ってまた問題発覚、調整で残業2時間。18時開始が20時到着。ヒラミさん伝手にて21時半までいられる店だったのでそれでも十分だったけど。

皆さん元気そうでなにより、というのがまず一番だけど、次に思ったのが、自分去年いまの課に配属替えになっといてほんとにラッキーだったってこと。というくらい、それまでの配属先にいまも所属のモミジさんの愚痴がマシンガン。

同じ部内でもシゴトの内容というか質が総務と営業くらいには違うので、配属替えになった当初は「『ムチャ振りです』ってちゃんと自分で上司に言わなきゃダメですよ」とまでイチ松氏(このヒトも4月で他部門異動されたが、元気にしていらっしゃるだろうか)にも言われたし、支店部でも「hxさんが、ですか!?」と言う人がいたくらい自分よりむしろ周りにとってミスマッチ感ただならなかったよう。そして今でもマッチしてるとは自分を含め誰も思っていないにしても。

 

確かに今のシゴト内容はしんどいし理不尽なことも以前より少なくはないんだけど、ほんとに周りに助けてもらえている。

それまでのことは言わぬが花ってもんだけど、過去の日記でも散々マンショ氏とかせまむ氏とかバイネームで散々愚痴ってたのを最近たまたま読み返してしまったんだが、ひょっとするといまの自分の状況はなんだかんだで過去最高に恵まれてたりするのではないだろうか。

前の課ではしょっちゅうだった、面倒で評価になりそうにないコトばかりを気がつけば自分ひとりで抱えて、ってこともない。課を変わっても今でもたまにそれをしてくるのが彼らのすごいとこだけど(そして決して面倒を押し付けてる意識が自分たちにはないのがまた困る)、もうそんな気配があれば早い段階できっぱり押し返す。

今日遅くなった件だって、以前だったらほんとに完全放置されて自分ひとりであちこちあたって片づけなくてはいけなかったのを、ビッケ課長が途中から入って1本電話入れてくれたおかげで突破口ができたようなもので。

…てなことは会社組織で当たり前の対応なのかもだけど、なんかそういうのがうまく機能してなかったのが前の課なんだよなぁ…。

 

モミジさん気の毒、というのもあるんだけど彼女の仕事っぷりに関してもそれはそれでワタシ的には思うところも多少あることはあったり。というワケで、実はそこまでは全面的には同情はしてなかったり。

…というこれも言わぬが花だった。

 

「ありえない」「考えられない」と思ってしまうようなことでも、廻り廻ればお互いさまで、他人の仕事を云々するより自分がどうありたいか。そのためにはどうしたらいいかに尽きる、という建前は建前として、たまにはこうしてホンネの毒出し大会もある程度は、ありだと思う。

また次の出勤日(日曜)から建前に戻って、自分がありたいシゴトの理想に近づけるよう、せいぜいがんばろ。

 

 

閉会で駅までの道すがら、シープさんの後ろ姿を見かける。このヒトも今日、ワタシとペアで早番で出勤してたのにこんな時間まで残業…。

ワタシが「シープさんだ」と伝えたばっかりに、歩幅広くて結構な距離だったのにヒラミさんイケコさんダッシュで追いかけて追いついて、残業帰りで酔っ払いにからまれることになって大変申し訳なかった。

しかしヒラミさん、あんだけ飲んでそんなに走れるって…。確かワタシより5歳くらい、年上なはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

ややこしい世の中に、ワタシとてついていけてはいないのに。

月例のフクオカ通いも1年め。

早い人だともうお盆休みに入るのか、やたら家族連れ、友達連れで空港付近は早朝にも関わらずごった返し。連れと話すのに夢中でまったく進行方向見もせずカートで突っ込んでこられたりの、盆と正月あるある。

そして話には聞いていたけど、関東地方がしばらく涼しかっただけに飛行機降りた途端立ち眩みしそうな気温。

 

さて今月のミッションは実家のネット契約の変更とそれに伴う再設定。

家業の引継ぎのほか、過去のおつきあいでの保険やら証券やら不要な契約を洗い出して解約手続きをせっせとしてきた1年だけど、どうも費用がかかりすぎ?と調べてみたらネットプロバイダもどういうワケか二重契約状態になっていた。

で、この機会に一旦ハハ名義でのネット契約はみんな解約にしてワタシ名義で新規にケーブル系回線を引く、その契約と工事の立ち合い。

敢えて回線まで引き直すのは、いままで使ってたとこのだとあまりにいろんな提携プロバイダがあるものだから、またハハが勧誘電話で混乱しかねないので。

何度も電話がかかってくると断るのがメンドクサくなってなんでも契約してしまうハハもハハなのだが、実際電話やネット回線、プロバイダの契約、Wifiの接続とか、さすがに理解するの厳しいと思う。

ケーブル会社のコールセンターの人ですら、家業の会社名義の口座引落できると言ったりクレジット決済でなきゃだめだと言ったり。で今日来た工事の人は口座振替用の申込書ありますよ~と出してくるし。

ウチのカイシャとて似たようなことはショッチュウで、事情は察してあまりある。とにかく、もう世の中なにもかもがややこしくなりすぎなのだ。

 

そして結局工事の方は、なんだかどうも上り速度だけが…と予定より1時間半くらいあれこれ試してた工事業者さん、後日また来ますとか言って帰って行っちゃって。

明日には帰るので、それちょっと困るんだが。

一度試しにつないでみたが、つながるにはつながるけど結局まだ利用できない。で、しかたないので今月いっぱいで解約する方の旧契約回線につなぎ直す。

再設定のために今月またフクオカというのはいくらなんでも経費的にばからしいので、工事の人がまたきたら、そのあとでイモウト(故人)の旦那くんに、ちょっと見てもらうようお願いしてみよう。

 

帰りが台風5号と重なってしまってどうするかとも思ったけれど、とりあえず明日の飛行機は予定通りの運航のよう。

こうして1ヶ月に1度のペースで、あとどのくらい…などとオヤの先を思いあぐねても仕方ないのはチョウナンの先行きと同じこと。

なるようになる、どうにかはする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寄り道。

午後休で歯医者。

…の前に寄り道して「写狂老人A」@オペラシティ。

f:id:hx2:20170804125520j:plain f:id:hx2:20170804125729j:plain

展示の撮影OKなのに、敢えて外のポスターだけっていう天邪鬼。

 

荒木経惟写真展は、出張の帰りに寄った新潟市美術館以来。もう何年前だ?

例によっていきなりヌードから、それもモデル体型には程遠いがたがたに線の崩れた(風呂場の鏡で見るような)裸体がこれでもかとシナを作ってこっちを見てるのが生々しすぎて、エロティックというよりむしろ萎えそうな、なんか観ちゃいけないような、観てるところを見られちゃいけないような。でも観ちゃう。観ずにいられない。

ヌードでなくても花の写真であったり、当たり前だが着衣の街中のおじさんの写真であったりしても、皿の上の料理を撮っても、空や町の風景を撮っても、とにかく生々しすぎる匂いと同時に死臭を思わせるような影とのコントラストが、アラーキー。悪意すら含むかの愛情。非日常につながる日常。醜さに彩られた美しさ。

所謂”インスタ映え”な世界とは隔絶した、あんまり部屋に飾りたい類ではないはずの写真群の、この圧倒的な吸引力ってなんなんだろう。

 

 

寄り道ちょっとゆっくりしすぎて歯医者5分足らず遅刻。 平日昼間は電車の待ち合わせ時間が通勤時間帯よりも長めだということが考慮外だったのが敗因。

もう1,2回通わねばかと思ってたけど、思いがけず今回は今日でおしまい。また3ヶ月後の検診、というと11月だけど、また気がつけばすぐなんだろう。最近2ヶ月3ヶ月先が異様に早くてアタマがくらくらする。

次の定期健診こそはどこも治療なしでパスしたいと思うけど、歯茎も下がり気味なお年頃、ちゃんと毎食後に歯を磨いて夜は毎日忘れずナイトガードするくらいきちんとしなくちゃ維持できないのは分かってるけど。そういうのが、ほんと続かない。治療費のこと考えたらメンドクサいではすまないはずなんだけど、うぅ。