さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

全体像以前に方向性がまずまちがっていたという話。

 

夏の間雨ばかりだったせいかもしれないけれど、玄関枠の通路脇や物置の裏だけれなく、気がつけば庭の真ん中にまで小さなシダの芽が広がっている。

そう思ってあらためて眺めるに、どうもこの家は明るさの度合いはあれど、結局どこもかしこもが半日陰のような。

引越してきて2年と2ヶ月も経ってから気づくことでもないのだけど、朝の2時間だけベランダのみにしか日が差さないっていう以前の住処の日照環境があまりにあまりだったから、それに比べたらもうすっかり舞い上がってアタマ回ってなかった。

そういうこともろくに考えず思いつくままに適当に植えたいモノを植えたい場所に植えてたっていう自分のマヌケ具合。

改訂新版 日陰でよかった! ポール・スミザーのシェードガーデン

改訂新版 日陰でよかった! ポール・スミザーのシェードガーデン

 

せっかくシダだらけなんだから、こういう方向に持っていければ。とは言えこんな渓谷の中にいるみたいな雰囲気を素人が片手間で再現できるとは全く思わないけども。それでも目指すならベニシアさんの庭より方向としてはまだこちらかな。

 

ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)

ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)

 

 以前に図書館で借りて読んだのを買って読み直していて、ソファに置きっぱなしで離れた隙にまちこの粗相の被害にあってヘンな匂いがしみついてしまったがさらに買い直すのもどうかとそのまま読んでいる。借りてきた本でなかっただけ、幸いというべきか。

 

以上、秋という季節にはそんなに関係があるようでないようなだけど。

今週のお題「読書の秋」)

 

f:id:hx2:20170924155251j:plain

裏のアパートの敷地の境目のフェンスに絡んでる、これはなんという草だろう?平たい種がいっぱいついてて次の季節も増える気満々でいるみたいだが。

f:id:hx2:20170924155206j:plain

このつやつやの葉の草も名前がいまだわからない。葉もキレイだし、佇まいそんなに不快な草ではないのでよほど邪魔な場所でなければ放置しているけど、抜くのもセロテープはがすより簡単にぺろぺろと抜ける。で、抜いたあと置いとくとそのままそこでまた根付くっていう。

f:id:hx2:20170924153404j:plain

居間に続いて台所も敷物を撤去。やっぱり下に窓からの土埃が溜まってた。この方が掃除もしやすいし見た目にもすっきり。写真を撮られて逃げるおしっこちゃん。

 

部屋にしろ庭にしろ、なにもかもを整然と秩序だてることを望んでいるワケではなくて、ただそこそこゆったり居心地よくすごせればいいんだけども。

 

 

イラつく夜も、時にはあって。

トウキョウ名物人身事故。不謹慎だけども。

しばらく前、追い詰められた人を迷惑だとかいう感覚を云々、というツイートがどっからかいくつもリツイートされてきてかなりうんざりしたばかり。事故の当事者を悪しざまにするかのような発言はもちろんよろしくないし発言者のヒトとしての底が知れるというもんだけれど、またその発言に対しての全否定がむしろまた攻撃めいてるのもどうなんだろうか。

って読んでるだけで関係ないのに気分がささくれだってしまうのでミュートかけたけど、結局また思い出してイラついてしまった。

21時半くらいまで残業してもう今日は切り上げよう、ってとこで電車止まってて、結局帰宅できたの日付変わる15分前。いっそもう2時間くらい続けてればよかったんだけど、それ以上カイシャに残るのもそれはそれでイヤでして。

毎日そのくらい残業してるヒトだってこの日本にはまだまだざらにいるんでしょうけど、ワタシとしては定時がそもそも長くてつらいくらい。

当初22時すぎの運転再開予定は23時に変更になり、まだ30分もあるので「まだ電車が動かない」とオット(勤務時間がより短くて、残業もあまりない)に連絡すると「人身事故で23時ごろ運転再開だって」という返事が来て、いや、そんなの駅にいるんだからとっくに知ってるわ!スマホもあるんだし、と余計にイラつく。

自分のヒトとしての器もその程度なんだから、そんなにイラつくほどに残業してた時点で失敗だったのだ。

 

シゴトはちょうど最繁忙期で、例年のことだけど今月に入ってことあるごとに「社運をかけて」だの「ここが天王山」だの「〇〇率100%」だの降ってくる。そういう手合いのボキャブラリー群にもうどうしてもキモチがついていかなくなって幾星霜。

ただ淡々と日々を勤めたい、そういう考え自体が罪悪みたいな雰囲気で、これ以上カイシャイン続けるのムリ…とかぼやきながらなんだかんだでまだ居座っているのよこれがまた。

つくづくだけど、思うように暮らすってどうしてこう難しいんだか。

 

帰宅して、もうなんかキモチ完全すさんで冷蔵庫の缶アルコールを1人で一缶空けてしまい、案の定翌日おなか下すし(350mlがもう受け付けられない体質)、その上1日くしゃみと鼻水止まらないしアタマ痛いしで、結局風邪引いたらしい。

3時間もヒルネして大して家のことにも手を付けられず貴重な休みをふいにして。半分以上というかほとんど自分の至らなさ、っていうだけですが。

 

で、明日も出勤当番なので、もう寝ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてまた中途半端に園芸熱。

列島の真上を移動していった台風だけど、ウチの辺りはそこまでの影響はなくてほぼ平常運行な日曜日。

このくらいの雨風ならと返却期限の図書館の本も返し、生協の宅配で不足の食材の買い出しにも出かける。

今日は朝方には雨も上がって、日が高くなるにつれ夏戻りモードの様子に、早いうちに庭仕事開始。庭、というかお隣との境の、玄関から庭までのスペースに用意していた各種苗の植えつけ作業。

f:id:hx2:20170918113618j:plain

なんかいまひとつ貧相?センスが足りない、いや、そもそもそんなもの最初から持ち合わせていないし。

そしてこんなに土のスペースが残してたらまたそこから雑草無法地帯になってしまうのは分かっているけど、一度に完成させるのはこれまたムリ。下手の横好きの積み重ねで学んだ数少ないこと。

幸いこれからは秋、冬と雑草の勢いも下火になる時期なので、時間をかけて少しずつ。

f:id:hx2:20170918091718j:plain

去年の春に植えたヤブランがいまでも元気なのはうれしい。今年は買い足さなかったけど、これももう1株か2株あってもよかったなぁ。ところどころ葉がボロボロ気味なのは、はるさんのいたずら。

f:id:hx2:20170918090740j:plain

そして今朝ももちろん彼はついてくる。

このあと、年1回のワクチン接種に連れてかれるんだけどね。体重6.2㎏、大きくなりすぎと言われてしまう。

 

f:id:hx2:20170914214805j:plain

お嬢は留守番。でも来月早々には彼女もワクチンの時期なのだけど、はるとは比較にならない極度のだっこ嫌いのこの子をどうやったら首尾よく捕まえてキャリーに入れられるだろうかと考えただけで軽く疲れるんだが、さて。

 

 

新版 ものぐさガーデニングのススメ

新版 ものぐさガーデニングのススメ

 

 昨日本を返しに行って、つい手にとって借りてきてしまった本。おもしろかったので、同じ著者で別の本も買ってみたい。

そもそも庭で何をしたいのか、どのくらいの予算、時間をかけたいのかかけられるのかとか、「人間は怠けるときほどルールが必要」なんてのは庭に限った話でなく,いろんなとこで一度ちゃんと整理して考えよう。

 

ベニシアの庭づくり ハーブと暮らす12か月

ベニシアの庭づくり ハーブと暮らす12か月

 

 ステキだけど。

ワタシの目指しているのはたぶんこれではないというか、こんなのはさすがに自分には維持できる生活まず、できる気がしない。できる日がくる気がしない。

ステキだけど。

まずは貧相でも身の丈に合った暮らしを考える。

 

 

 

 

 

台風前。

本格的に天気の荒れる明日になる前にいろいろやっておきたくても今日はあいにくの出勤。それでも遅番なので、出勤前にアイロンがけと紙モップで家一周のあと薬局に寄って降圧剤受け取ってから出勤。

ここのところシゴトが片付かないので少し早めに行きたかったけど、結局ほぼ普段通り。

 

先日なくしたと思った100円玉が、机の下のLAN線の間にふいに見つかる。この前もここ、見た気がするのになぜ?

カイシャまでの途中コンビニで買ったキノコと雑穀のパエリヤをお昼に食べてみたらびっくりするくらいまずかった。味付けがというより、いくらパエリヤでもちゃんと炊けてないんでないの?といいたくなるような食感。家ならすぐ諦めてゴミ箱行きだけど、カイシャでは生ごみは出しにくく、かといって家まで持って帰りたくもないので我慢して、おなかを壊さないようよくよく噛んで、いつもの3倍以上時間をかけてなんとか胃に収める。

ほんとはさくっと食べて、ルミネカード10%オフだから昼休みの間に買い物にも行きたかったんだけどもなぁ。どうせ買うつもりにしてたのはシャンプーの詰め替えとか、ミントティーとか、そんな日用品ばっかだし、今シーズンの10%オフは見送り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなりしんどい。

趣味は掃除、なるべく出かけず家で過ごすこと…のはずなのに、やれ映画だ芝居だ写真展だライブだってそんな出不精を返上しそうになるほどのおもしろげなモノが、波打って押し寄せてくる時期があるから困る。困るのよね。

行っとくべきか、見送るべきか。

 

さて明日は遅番、先週切れた降圧剤を少しだけ早く出て会社のビル内にあるクリニックで処方してもらうつもりだったのが朝イチで会議が入っていつもと同じ時間の出勤に。

自分なぞ声かけていただけるプロジェクトがあるだけでもありがたいこととは分かってる、わかってるんだけどぉ。

 

内膜症の投薬をジェネリックにしたせいか、どうも調子がよくないのは先だっても書いたのだけど、不正出血に加えて今日は軽い頭痛に目眩に、電話でしゃべってて突然声が枯れるし、急に汗がどっと出るし(これは外から帰ってきて家の中が暑かっただけかもだけど)、いよいよコーネンキですかこれはっ!と思わず気色ばむ元気すらなくて、この調子で次の休みまで持つのかしらとやや不安。

 

休みは遊びに行ってる場合じゃないなぁこれは。

マツコの知らない世界」始まったばかりだけど、髪乾かしてもう寝ようと思います。

 

あ、今週の「直虎」…もうね、どうでもいいっていうか、好きにしたら?っていうか。いや別にシアワセになったらいいとココロから思うよ直虎ちゃんは。

そのほかは信玄がいままで見た信玄役で一番ゲスい信玄な気がしたのと、ぼちぼち瀬名ちゃんが心配なのと。あと、松也さんの氏真、駿府を追われてからのあっけらかんぶりが逆にいい。

今日は以上。

中洲の夜風。

アラームの設定誤りで危うく寝坊しそうになりながらもどうにかいつもの飛行機にて今月もフクオカ。

会計士のワカバヤシさんのとこは今月初め無事男の子出産に至ったようで、でれでれの新米パパぶり。

そのことはもちろん喜ばしくおめでたいのだけど、今月の用事は生まれたお子さんの様子をうかがうことではなくて来年の税金の概算を聞く身であるこちらとしては、その見積額にはまったく喜ばしい気分にはなれず。

折しもジナンからメールで大学院の面接合格の知らせ。就職活動も一切してないんだからここで不合格と言われたらどうすんだってとこなんだが。

なんにせよ目先のおカネの工面に汲々とする日々がまだ少なくとも1年半は続くということが確定した日。

 

 

そのあと前月の電話・ネット回線の切り替えからの流れでケータイショップに出かけてハハのケータイキャリアの切り替えと、同じタイミングでスマホデビュー。

写真撮ったりお店の場所検索したりがしてみたくて興味津津ではあるのだけど、とりあえずフリック入力だけでこの日は全力を使い果たした様子。

 

今回は一泊だけで土曜の夜の飛行機で帰る予定にしていたら、ワタシと同じくトウキョウで働いてるすぐ下の従兄弟(亡イモウト婿のミヤサコさんとは中学の同級生)も遅い夏休みで帰ってきてて、そっちの家族と本家の従兄弟とNさん、ミヤサコさん&メイ2人それとハハとで、中洲の魚料理のメッポウおいしい店で飲み会だそうなので、時間いっぱい参加させてもらう。

毎月帰ってきてても従兄弟たちと会うのは5年ぶりだかもっとだか。叔父叔母もとりあえずは元気そうで、会えてよかった。いまのカイシャの、いまの部署にいる限りは盆や正月の人の集まるイベント時期には帰ってこれないからなぁ。

喰い逃げのようだけど、それでは皆さん、また会う日までお元気で。と店を出て、地下鉄の駅に向かって歩く。

f:id:hx2:20170909193124j:plain

ちょうど中洲はジャズフェスの日。

f:id:hx2:20170909193317j:plain

川風が心地いい。

f:id:hx2:20170909194842j:plain

閉店ぎりぎりに鈴懸に滑り込んでミニドラと最中ゲット。博多の(たぶん)ハイソなマダムたちが博多座での観劇の際にお茶などする、それはすてきな和菓子屋さん。

ワタシもいつかきりっと博多織の着物などきりっと身に着けて、観劇前のひと時を鈴懸でお茶などしたいわぁ、という実現性の薄い妄想を地下鉄のホームにて一服。

 

ところで行きの飛行機では爆睡してて聞かなかった全日空寄席、スタンダップコメディのナオユキ”デタラメな酒場”に不意打ちでココロ鷲掴みにされてしまう。なにこれ笑いとかそういう次元超えてもうポエトリーリーディングと言っても過言じゃないレベル。

 

 

 

縁遠いふくりこうせい。

業務縮小の第一弾として、今月いっぱいで異動転出3名が部内のみで発表あり、ややざわつく週明け。

これでまたヒトが減ると年末年始のシフト回しがなぁ。なんて、まるで自分は異動の対象外みたいに言ってみるけど、実はタカハシ(仮名)選手が育休取った時点で、この部署の在籍が一番長くなってしまったの自分なので、異動の可能性ないとは言えない。

だとしても、年もそこそこ行ってて外に出したところであまり使い物になるわけでなし、年内のシステム系イベントの終了までは少なくともそういう話はないんじゃないかと勝手な予測はしているが、そもそもこの部署に異動してきたときの経緯だって「いまこのタイミングでか!?」というような、想像の斜め上な展開だったし油断はできない。こっそり心構えはしておこう。

 

だからというワケで人事情報の確認をするためというのでもないんだけど、普段は親会社系の業務部署なのでそっちのネットワーク内シゴトするから、なかなかログインすることのない本来の所属会社(親会社からすれば子会社)ネットワークの方のメールの整理していたら、「銀婚式のお祝い金出すからほしかったら請求手続きしろ」っていう共済会からの1年前のメール発見。額は2万円。

銀婚式ぃ?誰が?という時点で驚いて、そのメールが1年前のっていうのでさらに慌ててちょうど小腹空いたので置き菓子でも買おうと思って机の上に置いていた100円玉を落としてそのままなくすっていう。

ここに入社した時点で結婚もしてた、出産も済ませてたので、会費はずっと払ってても自分が共済会からなんかもらうイベントなんてなかったし。

そもそも銀婚式なんて迎えるまで結婚してる気もカイシャに残る気もなかったよ。

それにしても、2万円かぁ~…そして100円玉はどこ行っちゃったんだろ。としばし呆然としていたが、よくよく見たら申請期間が2年あった。

結局まだ結婚は継続していたことだし、結局まだ働いてんだし、もらえるんだったらもらっちゃおうよ、と申請書作成して事務局あてに社内便で送付。ほんとにいただけるのかどうかは来月になってみないとわからぬが。

 

そして結局100円玉はどこに消えたかそのまま見つからなかった。