さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

年度末進行。

カイシャの送別会。

ウチの部署の飲み会にしてはなかなかにおサレなとこ、とは言え場所はシンジュクなんで、それなりでしかないんだろうけど。

乾杯のドリンクからしてビールでなくてスパークリングワイン。これが予想外においしくてゆっくり飲んでたらまだ途中なのにあっという間にグラスを下げられてしまう。

しょうがないので次のドリンク注文しようとメニューを取ってもらうけど、6人掛けのテーブルに小洒落たアルコールランプ1つの灯りがまたワタシの席からは遠くって、老眼には字なんか読めない。ハ〇キルーペ尻に敷いてキャっ言いまひょか。

料理もなんだか凝ってておいしいんだけど、これがずいぶんとスローペースでしか出てこない。臨席の2人は料理が出ないすきっ腹のうちから物珍しさからかいろんなカクテルとっかえひっかえテイスティングしてるもんだから、早々に酒が回っていた模様。そしてグラス同様出した皿を下げにくるのはやたらに早くて、皿に残ってるの早く取り分けてしまえと急かしてくる。

本日のこの宴席が楽しくなかったとかそういうことでは全然ないんだけど、帰りの電車で、こういうの自分はもういいんじゃないかな、って気がしてきた。手元が見えないほどの洒落乙間接照明や口当たりのいいお酒、珍しい料理、同僚たちとのシゴトの外での親交なにもかもが。

体調のせい、年齢のせい、元々の性格のせい、いろいろあるとは思うけど。

 

電車降りると月が大きくて、家で確認したら翌春分の日が満月。

今年はなんだか冬が早足で、いつも以上に季節の巡りが早すぎて気が急いている。

先週からだけど、今月も後半シフト変更。とりあえず今日は休みで、昨日の夜の小洒落飯の反動のように昼は焼うどん、夜肉じゃがと所帯臭みを粉にして身にはたくように。

アイロンがけシャツ7枚。

ネコずっと電気入れないコタツにもぐって寝たまま出てこなかったので、本日は散歩なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家の日。

急遽出勤した日曜日の代休で休み。

整体行ったついでの足で無印良品でなんか買うてこかとか考えたけど、結局ぐずぐずして整体も無印良品にも出かけない。

トイレ掃除したりゴミ箱の中を拭いたり洗濯槽を洗ったり古タオルを切ってウエスを作ったり、しばらくやっていなかったことを急に思い出してやる。

f:id:hx2:20190318130302j:plain 家にいるとなると、この方も黙っていない。家の周りの警備に出せと。

f:id:hx2:20190318131641j:plain

アネモネが咲き始めた。園芸自粛中というか手が回らないだけなんだが、全く何もしないのも春先寂しいからと、去年秋に仕込んだのは白のアネモネラナンキュラスの混植だけ。寄せ植え、なんて洒落たもんじゃない、ただ一緒くたに植えてみただけ。

それにしても、去年気がついたら庭が白い花ばかりになってしまってさすがに味気ないと自分でも思ってたのに、結局また白を植えてたりする。なんの呪いだろう。

f:id:hx2:20190318131423j:plain

芍薬の芽も出てきた。今年も花は期待しないでおく

f:id:hx2:20190318131330j:plain
f:id:hx2:20190314091803j:plain

花見猫。

f:id:hx2:20190318131807j:plain 毎年勝手に咲いてる足元のトキワハゼ。

 

ホトケノザやヒヨコグサもあちこちに出てきてのはちょこちょこ抜いておく。

この時点ではほよほよとかわいいことには変わりないのだけど、放っておくとあっという間にもりもり塊になるし、特にホトケノザうどんこ病がひどいことになるので。

 

基本このシーズンもなるべく新規の植え込みはしないで増えすぎるものだけ摘んでくつもりでいる。

と、言いつつまた連休には駅前の植木市でなんかは買いこんでしまうんだろうけど。

 

 

 

 

 



 

行って帰って。

今月もフクオカ。

書類の確認とか振込とか多少の用事の他は、ほとんどの時間はハハと二人ごはん食べてテレビ観てどうでもいい話して。

何しに行ってるんだか、てのは毎月のことだけど、何しにでもなく行っている、そのことが何よりありがたいこと。

当初は土曜の夜遅くの便で帰る予定だったけど、結局日曜シフト変更で早番で出勤することになったので、飛行機の便変更して昼過ぎに帰ってくる。『いだてん』再放送にはどうにか間に合う。先週は遅番で本放送見られなかったからね。

明日もできれば残業なしで、少なくとも19時にはカイシャを出たい。月初に残業抑止のお触れが出たとはいえ、さすがに年度末、月も後半に入るといろいろ溢れて追いつかず。はぁ。

ともかくしがないオバチャンの今年の週に1度のささやかな楽しみを、残業はともかく視聴率だのセレブなドラッグだので邪魔しないでくれないかもう頼むから。という、ここ1週間の切なる願い。

 

f:id:hx2:20190309095006j:plain
f:id:hx2:20190314091803j:plain
f:id:hx2:20190316140518j:plain

裏の桜が咲き始めたなぁと思ってたら今日庭に出てみればもう満開に近くて、なんか気が急く。

f:id:hx2:20190309100235j:plain

この坊ちゃんばかりはいつでも平常心に、したいことにただただまっすぐ。あやかりたいというか、見倣いたい。

そもそもオバチャンのしたいことて、今年の大河をかかさず見たいとかその程度だよねとネコはなんでもお見通し。

f:id:hx2:20190301203812j:plain

 

 

 

 

 

鼻づまり観劇。

先週2日続けてロードショー行ったりと調子こいたせいか、今週絶不調。季節柄の鼻炎だの結膜炎だのと風邪との中間でよたよたと。

そんなで残業せずに帰宅しても日記を更新する余裕もなく、そもそも記すべきことすらなく。

木曜はもう早引けしちゃおかなというだるさをレッドブルでどうにかこうにかしのぐ。

しかもその日は業務終了後にカイシャの勉強会があって。自主参加と言いつつ実は体面上というかつきあいというか義理というかでかなりいやいや出席したんだけど、これは出てみて非常にタメになる内容だった。がんばって残ってよかったと思う。

それでも向上心とか意欲の前に体力の減退ブレーキが、自分でもどうにもならないここ最近。

 

あくる日起きたら少しはマシな体調。とは言っても時間とともにまた鼻は詰まるし、背中から腰痛いし。と言いつつ今月も昼下がりから出かけてく木挽町。先月抑えたチケット代を捨てる気になれるほどまでには具合が悪いワケでもなくて。

f:id:hx2:20190308203553j:plain

鼻づまりでぼんやりしてたせいか家出る時間の計算誤りで席に着いたの開演5分前。危なかった。

 

今月も夜の部だけ。昼も『女鳴神』なんてめったにかからない演目だし、『傾城反魂香』の猿之助のおとくも以前鴈治郎さんの襲名で松竹座で観たんだけど、澤瀉屋の型だとちょっと違うそうだしでかなり迷いつつも見送り。出費より、1日劇場ごもりを考えただけでしんどくて、もうそろそろこの道楽も打ち切りの日が近そうだ。

 

『盛綱陣屋』は中村屋勘太郎くん奮闘。もうお父さんや叔父さん抜きでも歌舞伎座ご出演なのね。台詞のトチリさえもがチャーミングなお年頃。寺嶋さんちの眞秀くんも出てた。そして久々に左團次さん、なんか嬉しい。

久々といえば猿弥さんも久しぶり。やっぱりこのヒトが出ると芝居がぐっと締まる気がする。道化役なのに締まるというのも妙だけど、主役クラスの役どころとは別の、独特のアクセントというか歌舞伎ならではの華というか。

『雷船頭』この頃舞踊演目が結構おもしろい。今日は偶数日なので幸四郎鷹之資組だけど、これ奇数日の猿之助弘太郎でも見たかったな。

『弁天娘女男白波』も今月は奇数日と偶数日でキャストの入れ替えあるパターンで、チケット取るときだいぶ迷ったんだが、猿之助弁天小僧の偶数日をチョイス。

 

鼻づまりと頭痛がなければもう全開で楽しめたんだけどねぇ。幕引きから席を立つのもカラダが重い。やっぱりアタマぼんやりで地下鉄をうっかり逆方向に乗ってしまって次の駅から引き返してみたり。

 

 

 

 

週末定時退社万歳。

月初の全社朝礼でもあったけど、全社的に収支計画が崩れること甚だしく、よって残業極力避けるべし、とビッケ課長からお触れが出る3月1日。

ではさっそくお言葉通りに、とその日のレイトショーで行く『翔んで埼玉』。一応カゾクにも声をかけたが別に行きたくないという回答で、遠慮なく一人で遊んでくる(普段からそうしてるけど)。


《茶番劇アワード》エントリーNo.2 出身地対決 ~YOSHIKIvs高見沢~編 (映画『翔んで埼玉』大ヒット上映中!)

しみじみ好きだわ。この壮大かつ細に穿ったな馬鹿さ加減。愛だよ愛。この愛が分からないようなポリコレ人どもに用はない。

GACKTの凄さを、自分はこれまで理解できてなかった。謝ります(誰に?)。そして京本政樹魔夜峰央の世界の親和性もあらためての実写化で納得して腹が捩れる。

 

で、なにもその翌日に行くこともないんだけど、今月はもう1本気「マラソン侍」が気になったので、調子にのって行ってきた。竹中直人青木崇高豊川悦司染谷将太長谷川博己ときたら、それはなんか期待するでしょ。

でも正直こっちは観ていてどこを主体に楽しんだらいいのかちょっとよく分からないままエンドロール。あくまで個人の感想ですが。ま、そういうこともあるさ。

 

 

 

 

 

 

まだしばらくはこのまま、なあれこれ。

棟続きのお隣さんが今日、引越していった。年明けからごみの日に出す量が急にやたら多くなったから、ひょっとしてそうかなとは予想していたけど。

お嬢さんが結婚して家を出るのを機にお母さまも1人暮らしを始めるというのはオットが聞いてきた話で、ここんとこ帰りの遅かった自分はとうとう挨拶もせず終い。

確かにここは一人暮らしには向かない間取り。と言ってウチのようにオトナ4人+ネコ2匹で住むようなスペースでもないのだけど。

ジナンの方は順当にいけば来年の今頃は就職で引越準備の予定だけど、4年前に越してきてすぐ就職で出ていったはずのチョウナンは結局シゴトをやめて戻ってきて以来一貫してニート以上家事手伝い未満。ということで、ウチはまだしばらくはこのまま、だろうなぁたぶん。

 

 

先週1年ぶりの持病の検診。閉経になったら投薬治療終了、とは言え月のモノを止める薬を処方されてるんだから、閉経なのかどうかは血液検査でないと分からない。

その結果の確認で週アタマ遅番出勤の前に病院に寄ったのだけど、結局また1年投薬継続。

ジェネリックがまた少し値段が下がって1年分でも2万円とずいぶんラクになった。飲み始めの頃は処方も今の倍の量だったというのもあるけれど、この薬代だけで1年で10万円を超えてたもの。

そもそも更年期ってなんなんだろう。コーネンキという言葉で女性を揶揄する輩ほどコーネンキの何たるかをまったく理解していないし、言われる立場であるはずの自分ですらまだよくわからない。上沼恵美子御大の年代ってまだそれに相当するんだろうか?と思ったのももう去年の暮れのこと。それはそれでさらに失礼を重ねてる疑問かもしれんけど。

 

これも10年近く前の話だけれど、その頃いた部署の自分の上の世代、つまり今の自分の年代だった先輩層を中心に総ヒステリーみたいな状態になって労働争議を引き起こした結果、職場がめちゃくちゃになってしまったという経緯があったのだけど、あれこそコーネンキか?と言いたい状況だった。以来ワタシは左寄りにはかなり懐疑的、というのはとりあえずいまはどうだっていい。

 

コーネンキ。いま自分がそうなのかそうでないのかすらよく分からず。ただ、あんなふうにはなりたくないと思っていた自分は、そんなふうではない50代を暮らしているんだろうか。

f:id:hx2:20190225154857j:plain

出社の前にデパ地下寄って、昼用に最近できたらしいタイ飯惣菜のテイクアウト。おいしかったけど、こんだけパクチー盛々のお惣菜をカイシャで食すというのはちょっとというかかなりのミスチョイスだったかもしれない。

 

 

 

そして引き返す。

1ヶ月ぶりに観たらまたずいぶん大きくなったオジの家のちびさん方。

f:id:hx2:20190223110109j:plain
f:id:hx2:20190223111913j:plain
f:id:hx2:20190223110113j:plain

 

もうすっかり大きくなっとーよ、とハハは言うけど、普段チョウフの自宅で見てる同じ茶白系の先輩に比べたら全然貫禄に差がありすぎてまだまだカワイイ。

f:id:hx2:20190219204211j:plain
f:id:hx2:20190219204207j:plain


はる「まあね。まだまだ格の違いってやつ?」

格の違いというか、あなたの方が若干規格からはみ出して成長してるんだけどね。規格外の分またカワイイという身贔屓。

 

それにしても、あらためて目眩のするような自分ん家の散らかりっぷり。

朝フクオカ発って今日昼過ぎに帰ってきたんだが、お約束通り金曜出る前以上の惨状で、わかってても一気に精気を奪われる。

 

ハハ、先月から今月の間に近所運転中、右折車両を追い越すときに後続車にぶつけられたそうで、車はミラーが壊れてドアにも盛大にへこんでいたが、幸いどちらも怪我はなかったらしい。

ぶつけてきた相手もそこそこの年配の女性だったらしいのだけど、警察が到着するまでの間、とにかくものすごく居丈高な態度で一方的にハハが悪いとまくし立て続け、「余計なことを言うとあなたの立場が悪くなるだけ」とまで言い放ったそう。

後続車とハハの運転とどちらに非があったのかはもう保険会社の判断に任せるとして、45年近い運転歴で上手な方と言われてきたハハも、去年後期高齢者年齢に入ってなにかと自信をなくしつつあるところにまた運悪くそういうヒトに当たって(当てられて)しまって、それを今月フクオカに行くまで電話でも全く触れなかったってのがまた、相当に精神的ダメージを受けている印象。

10分ほどの距離さえ足腰がつらくて歩けないというようなヒトなので、車の運転をやめるとなると即日常生活に支障が出ることになる。

いよいよココロの準備がいるのかなとも思うんだけど、ペーパードライバーな自分が傍にいたところでそういう意味でのサポートには実質的にはまったく役には立たないんだけど。