さらに。些細な生活

なんとか、しようと。

毒はく。

夕方。他のメンバーが打ち合わせで出払っててワタシだけ残っているのは、ワタシが他のメンバーよりはまだヒマだからかもしれないが、1人で残っているという状況はつまりその時点ワンオペで複数対応回しているってことなんだが。

せまむ氏が席に来て、聞きたいことがあるという。

このヒトの話はとにかくまどろっこしい上にほぼピント外れなのであまり聞きたくないんだけど、一応なんでしょう?と失礼のないようとりあえず返事だけは明るく。

 

さすれば、ネットワークのフォルダの容量がいっぱいでファイルの更新ができない、ここにこれこれのモノが格納されているんだけど、とごちゃごちゃしたメモを出してくるが、それをいちいち確認するまでもなくそこに入っているデータはこっちで勝手に削除する質のもんじゃないからクライアントに言ってデータ削除お願いした上で更新かけるしかないですよと答えて自分のシゴトに戻ろうとすると、

「いや僕のところに個人的にお願いされたワケじゃかくて」とごにょごにょ不服気。別にせまむ氏指名ではないにしても、せまむ氏がやったら業務分掌的におかしいということでもないことで、要は自分は実際にはあれこれしたくなくてワタシがそれを巻き取ることを期待していたらしい。

今日に限ったことじゃないのだけど、このヒトの鬱陶しいのは、実際動くところを他人に押し付けといて、自分がその仕事したみたいに自分で思いたがるところ。自分の仕事でないと本気で思うんだったらそもそも首を突っ込まなきゃいいし、そちらで対応お願いします、って言ってくるならまだわかるけど。

 

で、案の定、その後結局ワタシが伝えたことをちゃんと聞いてたんですかねといいたくなるようなとんちんかんなやり方で、今度はメールでこっちにシゴトを持ってこようとする。

気分はかなりよろしくないが、放置というワケにもいかないだろうから後で手が空いてからでもと思っていたら先にビッケ課長が「このせまむさんのメールの件だけど…」と言い出したので、「それ、さっき聞かれて全然違う話になってていまちょっとムカついてるんですけどね」と軽く答えかけたところでせまむ氏が慌ててビッケ課長のところにやってきて「それこっちで巻き取りますから」とか言い出す。つまり事の次第をあっちで聞き耳立ててたのね。

どうかして押しつけよう押しつけようとしてたくせなにが巻き取りますだかなぁ、とココロで軽く毒づく。

 

今にして思えば、せまむさんやマンショさんと同じチームだった頃の鬱屈は、日々この手のコトの蓄積だったんだなぁ、と今更ながらため息。

実際ずいぶんいろいろ押しつけられてたもんだと今だからこそはっきり思うけど、当時はそれを不満として口にしようものなら被害妄想とレッテル貼られるだけなのが分かってたからモヤモヤするけど、まぁがんばったよ。

それ考えると相変わらず労働意欲は低くても今の所属課での業務は気分的にどんなにかマシ。

 

そしてずっとそういう仕事の仕方できたマンショ氏とせまむさんがいま彼らの所属チームで厳しい立場になっているだろうことは想像もつく。

 

でもまぁ同じ部内で、なにかで彼らに関わることがなくなるワケではなく、でもその都度こっちに仕事を寄せて来ようとする姿勢が、なんにも変わっちゃいないんだなぁと。そしてそのたびなんだかうっかりガム踏んで靴底にこびりつかせてしまったみたいな、地味にいやな気分になってしまうのは、ワタシのヒトとしての修業が足りないせい。まずはそこではあるんだけども。

 

 

 

 

 

 

 

カゾクの機嫌よりまずは自分の機嫌とりを貫く。

今週のお題今年買ってよかったもの

このお題、過去鞄であったり服であったり、ライブや歌舞伎のチケットを挙げた年もあったんだがこれも年齢のせいか、だんだん買い物自体ではあまりテンション上がんなくなったような気がする。

ただ買ったときはそうそうハイにならなくても、なんだかんだ自分の暮らしに馴染んでるものならなくはなくて。

 

誕生日に買った厚ぼったジャケット。ここしばらく通勤はほとんど毎日これ。ジャケットだけどキャリア感もオフィス感も皆無なもっさり感が逆にお気に入り。

f:id:hx2:20170131202056j:plain

 

こちらは年中通して毎日の通勤のお供。水筒を立てて入れられて、お弁当箱が入るだけのマチがあって、そして網棚に乗せて倒れないというのはなかなか大事。

f:id:hx2:20170820063427j:plain

定年まで働ける気がしないというか、そもそも入社した時点から労働意欲はなし。

どっちにしても勤め人をやめるまではそう長くもないだろうけど、なんかこの2点は勤め人をやめるその日まで使っていそうな気がする。

 

f:id:hx2:20170902190125j:plain

これは休日用のサボ。

もうこの買った当初の写真からはかなりキズキズだけど。ゆっくり革がなじんで、履き心地はこれからますますいい感じになる予定。

 

 

ところで、ちょうど今日。まちこさんの度重なる粗相あってさすがに匂いに耐えられず、急きょジナンの新しい掛布団を買ったのが届いてたんだが。

そのジナン大学でなにがあったんだか帰宅して口もきかず夕飯も食べずにふて寝するその布団を黙ってとり替える。かたくなにふて寝を続けるジナン。せっかく買ったのにこの態度もなんだかなとは思うも、反抗期のコドモでもあるまいし、大学も卒業間近なムスコの機嫌にいちいち右往左往しない。

 

 

 

 

 

 

怒るときはタケナカナオトのやうに。

シフト休。

朝、期限の本を返却に中央図書館に行ったら「アラビア書芸展」最終日だそうなので展示室に寄っていく。

小さな展示会ながらクアルーン(コーラン)やイブン・バットゥータ(世界史でやったけど、なんだったかまるで思い出せない悲しみ)の書物からの文章に加え、アラブの格言、果ては万葉集の詩句を引いたものもあったり。当然何一つ解説なしには読めはしないのだけど、ほんとうに美しいなぁアラビア文字

「怒りは狂気に始まり後悔に終わる」

この格言はできることなら栞にでもして手帖にはさんでおいた方がよさそうな。

怒るときこそ作法が必要というのはつくづく思う。女性だから感情的だとか、いまの年頃だと更年期だろうとか、もっと年代が進めば年寄の偏屈と片づけられてしまわないためにも、怒っているときこそ態度は穏やかに、かつ確実に相手の喉先に「次やったら、わかりますよね?」と言わんばかりに、竹中直人じゃないけど笑いながら怒るべし。

 

f:id:hx2:20171206161545j:plain

勝手に炊飯器とか除湿器のスイッチを入れたり切ったり。もう一段、高さがあれば使い勝手的にもネコジャンプオン防止にもよいのだけど。どうもネコの足にかかる圧って、家電のスイッチにちょうどの強さっぽい。

はい、上に載っとりますけどそれが何か?と言わんばかりですねいつもあなたは。

 

f:id:hx2:20171206173537j:plain

こたつの季節は膝のり子。なりは小さめなのになんでか標準体重以上のトランジスタ・グラマ―さん。足がしびれる。

 

…とか言ってる矢先に炬燵の上に飛び乗ったかと思うとリバースした上チョウナンの飲み残しの湯飲み蹴っ飛ばして逃げてった。

 

ネコに関しては怒る気も最初から起きないからいいけどさ。

 

 

 

 

 

くだらぬことしか言わぬ今日も。

 返却期限前にどうにかこうにか読み終える。

武田氏滅亡 (角川選書)

武田氏滅亡 (角川選書)

 

 Kindle版しか貼れないのはなんでだかわからぬが。

新書だからすぐ読めるかと侮ったら大間違いの厚さ。ふつうの新書3冊分は軽くある。いっそ単行本で出せばよさそうに思うけど、単行本だとまた重くて手に取りにくいか。

決定的に下手打ったとかそういうのでなくたって、要所要所でどういうわけか悪い目ばかりが揃って転げ落ちるということは実際あるんだなぁと読み終えてなんだかため息。

武田の滅亡から本能寺まで3ヶ月っていうのも、あらためて考えるとすごい話。

 

先に読み終わっていれば、大河「直虎」の前回の「決戦は高天神」もさらに面白く見られたんだけども。

しかし海老蔵信長、ゲームギャラのようなビジュアル造形だけじゃない圧倒的存在感。そして何度も書くけど松也氏真がまたいい。こんな最終回近くまで残ってくれるとは思ってなかっただけに。

それにしてもなんなんだ「信長浜松に来たいってよ」ってサブタイは。そして来週のサブタイ「本能寺が変」って…。最終回のサブタイへのハードル上げすぎではないかと他人事ながら心配になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細々した不具合はそこそこの健康ってことで。

健康診断。ほんとは先々週に予約を入れていたのだけど、お葬式で年休にしちゃったので日程取り直したらもう最終日の今日しか空いておらず。

最近病院での定期健診でも血液検査くらいしかしてないのでオプションでエコーもやってもらったら、なんだかいやに長くかかった。

最近の腰のだるさはひょっとして内臓系?という気がしなくもなく、またなんか出来てたとしても特に不思議はなく、できてなければラッキーってだけ。てことで結果が出るまでは忘れていよう。

そしてただいまバリウム腹悶絶の合間の更新。

f:id:hx2:20171201211131j:plain

今夜もさっさと店じまい。

そして11月終了。

f:id:hx2:20171126141521j:plain

日曜は通し番。たまには外に出てみようか、と昼休み少し歩く。

西新宿の初冬の景色はずっとここで働いてきて、何度となく季節を繰り返して特に目新しいものでもないけれど、やっぱりこの時期が一番いいなと思う。

来年もこの風景を見るかどうかは分からないけど、再来年もやっぱり見てるかもしれなかったりで。先のことは考えたって仕方ない。

 

帰り遅い日の翌日が早番というシフトの繰り返しで、とにかく睡眠時間をできるだけ長く、というコンセプトで今週は生活。

6時間も寝られたら十分だろ、とおっしゃる向きも多いかもだけど悲しいかな。最近気づいたのだけど睡眠が8時間を割る日が続くとテキメンに頭痛はひどくなるので、なにを置いてもとにかく夜は早く寝る。

そんなだから借りてきた本はなかなか進まないし、22時からのドラマだなんて論外。「孤独のグルメ」とてシーズン2に入ってずっとそのまんま。…テレビですか、まだ保留中で買ってません。

シゴト場でのできごと以外特になんにもないものだから、ブログ更新するネタもない。

 

そういえば昨日帰り道の途中の八百屋から(この日はめずらしくまだ八百屋が店を開けてるような時間に帰ってきたのだ)「俺もう相撲行かねぇ。日馬富士引退したし、もう行かねぇ」というどこぞの(いや単に近所の、でも誰だか知らないけど)おっさんの声が聞こえてきた。日馬富士関のファンなんですかね。

通りがかりにTVの画面を見かければその話題しかないようなここしばらくだったけど、そもそも相撲自体普段からあまり見てないし、登場人物の誰にも何の思い入れもない。当事者非当事者にかかわらずこの件に関する誰の言動にしても、なんともモヤモヤしたものしか残らない話。

 

そんなことよりまたぐっちゃぐちゃに散らかった家の中、どうにかせねばと気は急くのだけど、今日は3つあるネコフンシのチップの総入れ替えと、ガスレンジ周りの掃除、アイロンがけだけで終わる。あとは例によってアタマが重くて寝てた。

年がら年中眠くて仕方のない体質だけど、冬はことさら。

 

いろいろあって発行が遅れてた松竹歌舞伎会のカード(結局作っちゃったのよ)と、K子姐から銀座のギャラリーでの展示会のお知らせ(彼女も退社して久しいけど、いまだに展示会やるときは連絡くれる)がどちらも今日届く。

一応来月14日は午後休希望で出してたけど、でもどうしようかと思ってたんだが、やっぱりその日ギャラリーに寄ってから歌舞伎座にに行けって天の声かしら。しかも歌舞伎座のチケットも3Bの袖じゃない方の席もまだ空いてるしで。

 

f:id:hx2:20171130131504j:plain

なんだかんだ、おばちゃんそうやってまた、自分の首絞めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捗らない休日。

こたつでぼんやりしているとまちちゃんが膝に乗ってきて。そのまま眠ってしまい、一月の新橋のチケットの発売時間を過ぎた上、定期歯科検診の予約時間まで過ぎてしまってたっていう。

歯医者からは電話かかってきたから取るものもとりあえず出てなんとか今日済ますことはできたからよかったんだけど。幸い経過観察だけで要治療の箇所はなく、また3か月後。

チケットの方は松竹のサイトは例によってお高い席しか残ってなくて、ダメ元でとぴあの方に行ってみたら、なんでかそっちはまだ余裕。自分としては一番コスパに納得の3A席無事購入できたのはいいんだけど、発売元の松竹よりぴあの方が買いやすいってなんか釈然としないんだが。

 

ちなみに1月の新橋は夜だけ、昼は歌舞伎座行くつもり。同じ日にするかどうかはまだ決めていないけど。

2月は博多座で見たかった三島の歌舞伎作品んがかかるみたいだし、やっぱり歌舞伎座も行きたしで。気の向くままに遊び歩けるほどには体力もないんだから、自制せねばなぁとは思ってる、にも関わらず3月の新橋の三谷幸喜「江戸は燃えているか」もかなり気になるんだなぁ。

て言ってたら午後、TVで「探偵はBarにいる」やってて、これも3作目がもうじき公開なんだなぁ。調布に映画館もできたことだし、劇場で観たいよなぁとか。ほんと、いい加減にしようよだけど。

 

f:id:hx2:20171125125124j:plain

どこからか、南天の実?こうして思いがけないところからいろいろ勝手に生えてくる借家の敷地。

f:id:hx2:20171125125225j:plain

シダの繁みも玄関先の方は冬枯れの気配。写真じゃ見づらいけど、とかげの子の姿がちょろりと。

f:id:hx2:20171125125324j:plain

なにか動く気配に興奮して首を突っ込むはるさん。そっとしておいておあげ、と言ってもムリだよネコだもの。

 

f:id:hx2:20171125174956j:plain

夕方、お腹がすいたのか味噌汁の湯気をひたすら切なげに見つめるまちこ。冬にはいってシルエットが一層ふくふくしてる。

f:id:hx2:20171123210547j:plain

お出かけよりは、そんな平和な寝顔眺めてるのがいちばん。それが分かっているのに、どうしてわざわざ出かける予定をせっせと作りますかねぇ。